06月 « 2017年07月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 08月

Road to Roady ②

2015年 03月15日 23:22 (日)

娘とのトロトロポタリングでビンディングペダルでの脱着にはおおよそ慣れたと言えるが、
それを活かした走りというのは全くもって味わえていない。
というわけで天気が好転した翌日はそれを堪能することにした。
DSCF7640.jpg
先ずはいつもの撮影ポイントでペダル装着後の写真を・・・
これではイマイチ伝わらないのでアップで!
DSCF7641.jpg
そしてここから程近い鶴見川CRをゼロkmポイントの手前から走行。

ん~これならどんどん回せる。

特にアンダーパスを抜けて登る所の走りに違いがあり、ギアを落とさなくても簡単に上がれる。
数十分ペースを上げたまま回して疲れが出た時に思い出した。
そうそう引き足ってやつを使う感覚を試さなきゃ。

おう〜〜

当たり前の理屈かもしれないが、踏み疲れて上げられなくなったペースが楽々上がる。
今まで休んでいた筋肉を使う訳だからこちらはまだ元気ってことか。
これを上手く使えるようになれば、疲れを半減出来てより遠くより速く走れそうだ。

なるほど、TPTの走行会でスプリントタイムになると、いつも脱落して引き離されることが多かったが、
考えてみればビンディングペダルを使っていないのは私だけ。
これさえあれば少なくとも引き離されるようなことはなくなるかもしれない。
ああ、なんでもっと早くこれを採用しなかったのか。

間も無くロードが納車となれば、恐らくプレトレにはもうこのペダルを付けることは殆ど無くなるだろう。
プレトレでのこの走りの進化をもう少し味わう期間があっても良かったな。
なんて考えていたら喉が渇いてきた。
出る時ペットボトルの用意を忘れていたので、どこかで給水休憩としよう。
15km地点近くにあるCRのオアシス阿部商店で停まり、自販機の水を飲みながらベンチでひと休み。
人懐こい飼い猫を撫でながら時間を見ると、ちょうど10時を回ったところ。

Giantショップに電話を入れるといつでもどうぞというので、そこからCRを降りて最短距離でセンター南方面へ向かう。
店のバースタンドの前で止まろうとして、ついついビンディングのことを忘れて危うく立ちゴケしそうに…
危ない危ない!
何を焦ってるんだ。
店の人に見られなかったかな?!

名前を言うと、すぐに箱から出したばかりの我がロードを出して見せてくれた。
あとは組むだけのロードが目の前に。
わ〜遂にかぁ…
あとは支払い方法さえ決まれば来週からでも乗れるだろう。

装着すべきトッピングは納車前に揃える積もりだったので、店員さんとひとつひとつ確認していく。
ところが既に腹を決めていたG社オリジナルのサイコンNeos Proがなんともう無いとのこと。
4月上旬頃にニューモデルが出るかららしい。
聞くと、それにはBluetoothでの通信機能と専用アプリも使えるようになるとのことなので、これなら対抗馬のCATEYEのストラーダ スマートの機能は全て網羅されることになるのだろう。
一瞬そっちへ寝返りも考えたが、やはりここは新製品を待つことにしよう。

ということで、納車時のトッピングは2つのボトルケージまでにして、あとはオリジナルの携帯用ワイヤー錠だけ購入し、支払いの手続きへ。
考えていた方法で問題なく受付が完了したので、あとは納車を待つだけ。
最初に組み上がりに数日かかると言っていたのに、次に来れるのは土日になると言うと、前回接客してくれた店長らしき人に相談して、なんとあと数時間で組んでくれるとのこと。
そのまま納車時の説明までひと通り先に聞いてから一旦プレトレを置きに帰宅。

帰りがけにグッズなどを見て回り、帰宅して昼飯を食べながらスマホを見ると、留守電が入っていて組み上がりのメッセージが残っていたので、
すぐにそそくさと準備してビンディングシューズを履いてバスと電車で向かう。

シートポジションはプレトレを計って合わせて貰ってあるので、書類などと共に受け取るだけ。
早速押して店を出て試走へと跨って表通りに降りると…

あれれ、サドル高過ぎ!

こりゃ直さなきゃと止ろうとした瞬間…
歩道の方へ見事に立ちゴケ〜〜!!

目出度い初立ちゴケはなんと納車後約50m
でも幸い植込みがあったので、ケガも愛車の損傷もなく、ダメージは横に信号待ちしていた車たちにガン見されたであろうことくらい。
店へは戻らず用意していたアーレンキーで直して再出発!
気を落ち着けて操作関係を確認しながら慎重に定番の撮影スポット、境川と鶴見川合流Vゾーンへ
DSCF7645.jpg
なんだかんだ前置きが長くなりましたが、ここでようやく新しい愛車のお披露目~~!

GIANT TCR-1 2015

だいたい皆さんご想像の範疇だろうとは思いますが、
ウィルさんがご自身のブログのコメントで見事に予想された通りでございます。
カフェKiKiのマスターの新車は記事を見た頃はまだ絞り込みに入っていなかったので、全く意識ありませんでした。
選択した経緯はこんな感じです。

GIANTで最も手が届きやすいのはDefyシリーズですが、もし去年あたりにエイヤーと衝動買いしていれば、
とにかく重量が10kg未満ならなんでもいいくらいの考えだったので、Defy3か4になっていたでしょう。
今回はチームの皆さんの影響もあって、乗り始めてすぐに取替えたくなるようなセットはやめとこうということで、
最低限Tiagraを組んでいるものという縛りを決めました。
印象としてはTCRの方が上位な感じがして、より実戦向きな速く走るイメージ。
Defyは姿勢がやや上向きでビギナー向きで長距離に適しているイメージ。
2014まではそれぞれの2がティアグラ装備でフレーム以外はほぼ共通だったが、2015年モデルは何故かティアグラ仕様のTCRは1となり、代りに105仕様の0というグレードが新たに設けられた。
これが単純に数字で0から4までDefyと合わせたグレードの序列と捉えられなくもないが、
TCR-1がTCRの最下位っていうのもちょっと違和感がある。
Defy2とは値段も一緒だし、2015年型のDefyのフレームには新しく衝撃吸収の機能が加わったのにも魅力を感じるので、結局Defy2かTCR1に絞られ、あとは店頭で見て色目の好みで決めることに。

実は前にY'sロードで見た時に、2015年モデルでリニューアルされたGIANTのロゴに軽くショックを受けていた。
ただでさえ大き過ぎるロゴが更に巨大化してる上に、四角く変形してる感じがどうにもよろしくない。
それでももし黒かダーク系で渋くいい感じにまとまっていれば良しとするつもりでした。
次に肝心なのが納車時期で、気に入ったモデルでも相当先になるなら考え直したいところ。
お店で調べてもらうと、Dey2のシルバーならすぐ入るが、チャコールは6月頃になるという。
前にアルミ建材メーカーに長く勤めていたのでアルミのシルバー色には愛着もあったが、店頭にあった実車を見るとまったく渋くないし、どうしてもあのロゴが目立ちすぎてダメ。

一方TCR1は4月上旬納入と時期もドンピシャで、デザインもロゴがフレームの上面に配されていて、横面からはシャープなラインとTCRという文字だけしか見えないというデザイン。
カラーは白と黒のみとなれば黒しかありえない。
欲を言えばラインの色はプレトレを引き継いで青が良かったが、店頭の上位機種の同色の実車を見ても相当カッコイイ!
むしろラインは赤の方が精悍でいいっ!!
あとは硬いと言われる乗り心地だけ気になったので、旧モデルのTCR-1の試走車でサイズの合うのがあったので乗せてもらい、これまでサイクルモードで何台も試したのと比べても遜色なかったので、文句なくこれに決めました。
DSCF7646.jpg
このあと、鶴見川を20kmほど遡って、朝プレトレのペダル写真を撮った宣材写真といえばの聖地公園で更に撮影!
DSCF7658.jpg
DSCF7656.jpg

実は予約後にスペックなどいろいろチェックしていたら、見過ごせない所を発見しました。
全面的にティアグラ仕様だと思い込んでいたら、なんとブレーキの欄に違う名前が。
テクトロって何??
調べるとこれでもかというくらい悪評ばかりで擁護の声はなく、酷い人は納車帰りに30Km/h出したら効かなかったなどとまで書かれてている。
低価格化のためなのだろうが、こんなところで手を抜くなんてメーカーの姿勢としてどうなのかとちょっと騙された気分。
所詮はエントリータイプなので、そこまでの性能が必要とは想定していないとでもいうのだろうか。
こちらは普段使いよりも坂や山に行く可能性が多くなる想定なので、命に関わる部分だけに看過できない。
ということで翌日再びショップへ行き、せっかくだから評価の高い105に替えてもらうことにしました。
DSCF7653.jpg
純正のテクトロはアルミの生地材のようなシルバー色で、早く取り替えてと言わんばかりの違和感があったので、105の黒の方が見た目にもしっくりきていい感じ。
DSCF7647.jpg
DSCF7655.jpg
できればティアグラのコンポも黒っぽい色が良かったけど、フロント34/50T、リア12-30Tというワイドレンジなので、
物足りなさを感じられるくらい走り込むまではずっとこのままでいいと今は思ってます。
ただし、クランクセットの白っぽさがパッと見で目立つので、余裕が出たらこれだけでも変えてみたら更に引き締まって良いかも。
DSCF7649.jpg

30km弱ほど走ってみた感想は、
当然ながら軽くて平地の直進だと限界まで飛ばすのが怖くなりそうなくらいスムーズな加速感。
朝ビンディングプレトレで走ったのと同じCRを逆走したので、特にその差は判り易い筈ですが、初ビンディングで走った朝の良いイメージが残っているので、格段にというところまでは言えないかもしれません。
同じ430サイズのアルミフレームなので、ボディの硬さというのは普通の路面では特に感じなかったですが、タイヤサイズが32から23に反転してる分路面の細かい凹凸の伝わりは半端なく、鶴サイ0km付近のもはや舗装とは言えないくらい荒れまくって粒つぶだらけの路面はかなり辛く、その辺まで戻った頃には尻の痛みも出てきました。

軽さと引き足効果で途中までは楽に進めましたが、最終撮影場所に着く頃には1日の疲れの畜積もありかなりの疲労感で、そこから自宅までの上り主体のコースでは攻める気力も残っていませんでした。
それでも締め括りの本日最大斜度の坂では、疲れながらも軽いギアをゆるゆる回しながら軽く登れたあたりは、プレトレとの違いが明らかに思えました。

帰宅後いつもはない腿裏の筋肉の張りを感じました。
翌日は腕を回すと若干の痛みが。
新しい筋肉を使うことも、ロードバイクという新しい次元を知る楽しみのひとつなのかもしれない。

これからウィークデイは常に週末の天気ばかりが気になることだろう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

2015年03月16日 22:25

おめでとうございます!!

おぉ!納車になっていたんですね!
「TCR1」カッコイイじゃないですか、色も精悍で良いですね。
コスパ最強のGIANTだけにBBやヘッドセットなどは上位機種並みの剛性の高いものを採用していますので今後コンポのステップアップにも対応出来ますね。

軽い車体を手に入れたUcchyTさんの登坂能力恐るべし・・・
となるのは明白です(笑)

経験者は語る・・・
引き足ですがあまり意識し過ぎてやるとヒザやスジを簡単に傷めます。
そのうち自然に使っている感じになりますので無理なされないよう気をつけて下さい。

ベテランサイクリストさんから
「片足をペダルから外して、片足だけでスムーズにペダリングする練習をすると良い」
とアドバイスを受けて引き足の練習をしました。

2015年03月16日 22:44

ロード納車おめでとうございます♪
TCRの方でしたか!baohさんとDEFYとどっちだろうね~なんて話で盛り上がってました!

ウッチーさんに軽量ロードときたら、、、本当に山では見えなくなってしまいそうで(^-^;

今度お会いしたときには是非お手柔らかにお願いします(^_^;)

おめでとうございます!

2015年03月16日 23:57

むほー!正解でしたね!
カフェキキのマスターもすぐにブレーキは
交換してましたよ。
僕のエアロフィクスなんかはテクトロすら
書いてないです。・・・どこのなんだ・・・。

DEFYよりTCRは良いチョイスだと思います!
TCRのフレームは上位種レースモデルと同じ
基本構造の、いわば戦闘機ですもんね。
ついて行けなそうです(汗

ジャイアントの2が1になったりってのは、
為替が変わって同程度のコンポで組むと
高くなってしまったってのと、、あとコンポが
新しくなって105が11Sになったりティアグラが
10Sになったりしてるのが関係してるっぽいですね。

ビンディング・・・。考え事をしてるままで
信号に辿り着くと・・・危険です(笑

片足ペダリングは私も身体が忘れたころに
たまにやります。

Re: おめでとうございます!

2015年03月17日 07:17

> ウィルさん

ありがとうございます。そして正解おめでとうございます。
商品は… 余ったテクトロのブレーキを!

ってのは嘘です。
納車の時に要らないと突き返してきましたので。

片足ペダリングは定番のトレーニング方法みたいですね。
今度から早速取り入れてみようと思います。

> るぅさん

フルカーボンフレームの奇襲攻撃にあい、国家予算度返しで急遽哨戒機納車してしまいました。
でも原動機の出力は格段に劣ってますので、こちらこそお手柔らかにです。

ああ赤字国債〜w

> baohさん

お陰さまで躊躇を振り払って人参にかぶりついてしまいました。
プレトレ購入の時に引き続き走るんですかブログがいつも気持ち良く私の心の引き鉄を引いてくれます。
これからもよろしくお願いします。

お世話になりついでに質問ですが、
この時期特に下半身の服装はどうされてますか?
短いレーパンが割引きだったので購入済みですが、春先それだけは無理なので、冬用の長いのが必要かそれともインナータイプにしようか迷ってます。

2015年03月17日 16:11

自分はロードでもレーパン履いてません(笑)
まだ最高でも1日120kmくらいしか走ってませんが痛さは全くありません。
まぁ、プレトレの時から特にサドルは固めでしたし、ポジションもロードに近い状態で乗ってましたからね。

ただ、履いたほうが「動きやすい」「暖かい」「涼しい」「ローディっぽい(笑)」
などの理由で履いたほうがいいのかもしれません。

レーパンについてはmakolinさんやwillさんが詳しいと思います。

祝!納車

2015年03月17日 20:02

おめでとうございます^^
TCRかっこいいですね!

KIKIマスターのバイクと並べてみたいです(笑)
帰り間違えて乗って行ったりして^^;あ、でもマスターのはSPD-SLだから大丈夫か。

GIANTは流通も多く、部品等も入りやすいのが良いですよね。
例えばフレームを守るためにフレームより柔らかく出来ているディレイラーハンガーなんかは、メーカーによっては曲がったら船便着くまで待たなければいけなかったり、製造中止になってたりと色々不便ですからね。
あ、僕もいくつか買っておこう^^;

レーパンはバタツキが無い、サドルにフィットする(パワーロスが少なくなる?)、汗をかかない等やはりロード専用と言うだけありますよ。是非お試しを^^
今の季節なら前がウィンドブレイク素材で後ろが発汗素材が良いかな?
僕はシマノの奴を着用してます。

又、レーパンの下に下着をつけると漕ぐ度にずれるせいか微妙に疲れるんですよね。
ちょっとずつパワーロスしているのかな?
今月、山あり120kmの時に下着付けてたのですがやはり疲れました。
次の山あり160kmの時はそのままだったのですが全然疲れないし、痛くならないし快適でしたね。

Re: 祝!納車

2015年03月17日 20:41

> Baohさん

早速のご回答ありがとうございます。
そういえばいつもレーパンらしい印象がなかったので、インナー派かなと思ってましたが、なるほど鍛え方が違うって訳ですね。
私はプレトレ初日の数時間でこりゃあかんってなったくらいヤワなので、こればっかりは見習えそうにありませんね。

> makolinさん

どうもありがとうございます。
防犯上なるべく目をつけられない方がいいのもあって、希少性がないという意味からも前からG社指向でした。

これからはカジュアルにプレトレと、ライド中心のロードでオンオフを分けるつもりなので、レーパン着用の方向で考えてます。
そうなると夏、冬の他にこの季節用も必要ということなりそうですね。

2015年03月17日 21:30

どもです!
レーパン購入されたのでしたら、
レーパンに合わせるレッグウォーマーがありますよ!
裏起毛の暖かいヤツ。2~3千円です。
半レーパンで露出してしまう、
太ももから下の部分をカバーしてくれます。
結構あたたかいですよ。
なので僕は春秋用のレーパンは持ってないです。
夏用の半レーパンと0℃用ロングタイツの2本です。

ただこの場合、オマタは寒くなりますので、
お寒いようでしたら、半レーパンの上に半ズボン履くと
よいと思います。

レーパン+
レッグウォーマー+
ハーフパンツ

安上がりです。

でももしかしたらこの時期、冬用ロングタイツが
安くなってたりするのかもしれませんね!
探しに行ってもいいかもです♪

2015年03月17日 21:47

納車おめでとうございます!giant TCR カッコイイじゃありませんか!あぁ、オレもスポルティーフじゃなくて普通にスポーツロードにしとけば良かったかなぁ。

それはともかく。

スポーツバイクの硬いサドルにはレーパンは必須・・・とは言いませんが、あったほうが楽です。
で、レーパン履くときは下着を着けないってのが一応デフォって事にはなってますが、最初は躊躇してしまいますね。ちょっとだけ知ったかぶりをするとレーパンと下着がこすれ合って股ずれを起こしたり、ペダリングに影響を及ぼしたりするんだそうです。

私も普段のちょっとしたトレーニング時には履かないこと事が多いです。勿論、通勤時は作業着ですしw
ただ、本気で走りたい時や長距離を走るときは身につけるようにしています。やっぱり動きやすさが違いますから。この時期は足首まではある自転車用の長スパッツの上にレーパンを組み合わせて使ってます。
他には普通にレーパンを身に付け、ふくらはぎから太ももまでカバーするレッグウォーマーも良いかもしれません。

皆さんアドバイス感謝です!

2015年03月17日 22:33

>ウィルさん

タイミング良すぎです。
まさに春秋用のレーパンをポチッとしようというところでした。
レッグウォーマーだけ足すなら、レーパンの上に持ち合わせのハーフパンツでいけそうです。
本来はレーパンの上に重ねるべきではないのかもですが、下着を付けるよりは具合も見た目も良さそうですしね。

>さかけんさん

どうもありがとうございます。
でも吊るしの下位モデルなのでスペシャルオーダーのパナモリには遠く及びませんよ!

私も最初持ち合わせのスパッツの上に夏用のレーパン履こうと考えてからレーパンに下着はNGだったと思い出して悩んでいました。
でもレーパンなしで乗ってみて20kmほどで辛くなったことを思えば、模範的でなくてもレーパンがあるだけだいぶましかもしれません。
まだ時間があるので、まずは試してみてダメならウォーマーなどを購入しても遅くありませんね。

こうやって見ると皆さんそれぞれの考え方があって、それが一日のうちに出揃うなんて本当に素晴らしいことだと思います。
ネットで検索してもこれだけの意見を集めるには相当の労力がいりますし。
あらためて同じ趣味を持つ仲間の有難さを実感してやみません。

本当に有難うございました。

2015年03月18日 01:40

うっちーさん

皆さんがレーパンに関してこれだけ熱く語るのは面白いですね(笑)

通販の時の注意点はサイズですね。

シマノのウェアはアメリカンサイズなのでかなり大きいです。M表記で日本のLかLLぐらいかな?
パールイズミは日本人サイズですが、最近ショート丈のジャージも作っているので要注意ですね。
韓国メーカーのFixgearは数字が乗っていたので大きめかな?と思ってMを買ったら若干小さめでした。

ウェアは風になびくとそれだけロス(疲れるw)になるのでピチピチだけど、でも小さすぎないサイズって結構難しいんですよね。前傾だと背中出やすいですし。

最初は試着して、メーカーの癖を知りつつ、その後通販した方が良いですね。

あと、ウェアは買うのならシーズン毎に2着あった方が良いですね!
土日晴れてて連続で乗りたい!って時に前日洗ったのがまだ乾いてなかったとかありますから(笑)
又、乾燥器はダメです。洗濯ネットに入れて優しく洗わないと痛みます。

初期投資って大変ですよね^^;

おめでトゥースっ!

2015年03月19日 22:50

レーパンも買われて・・・もう、立派なローディじゃないですかッ!?
ただのエセ自転車好きの私とは大違いッ!(笑
でも、初のレーパンはやっぱりハズかしぃのでしょうか?
気になります(笑

2015年03月20日 01:04

あ、makolinさんの言う通りです!
僕、シマノのウェアですが、
お会いしてるんで僕の体格はご存じかと
思いますが、僕のシマノサイズはSです!!

皆さんありがとうございます

2015年03月21日 00:38

>makolinさん、ふらっくさん、ウィルさん

最近見る所が多過ぎてレスが遅れました。
更にまとめて返信失礼します。

これまで買ったサイクルジャージとレーパンはいずれも割引品ですがシマノのSサイズを試着してから決めてます。
この身体がSでなければ誰がってなもんですから、むしろ海外仕様ならXSじゃないと合わないのもありそうなので、通販で買う場合はユーザーレビューなどでサイズについてのカキコをよくチェックしてから買おうと思います。

こんな感じだと殆どローディー化を目指しているように見えますが、クロスもどき出身としてエセの心も大切にしたいと思ってます。
だからキチンとサイクルジャージとレーパンでキメるのは正装って感じで、1着だけ持っておいて、ここぞという時にだけでいいのではないかと。
あとは支障ある部分以外は今迄通りguやユニクロなんかも着ちゃう積もりです。