07月 « 2017年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

with Bianchi Cielo ② <二子玉川~自由が丘>

2015年 03月15日 01:30 (日)

注文したロードが入荷したとのことで、受入れ準備としてビンディングペダルとシューズを入手したものの、上手く使いこなせないままウィークデイに突入し、仕事中もそのことばかり気になっていた。
解決策としてこれしかあるまいと、珍しく19時前に会社を出られた日の帰りにここを訪れた。
IMG_3265.jpg
GIANTショップを初めて見た二子玉川店。
東急のガードと246旧道の橋梁の狭間にありながら場所柄もあってちょっとオサレな佇まいに惹かれてはいたが、
冷やかしだけではとこれまで中に入ることに躊躇いがあったが、今やこのブランドのお客様なので遠慮は無用。
自分の購入した港北店より店頭のバイクが圧倒的に多く、あちらにはなかった注文した色の同じ車種に思わず吸い寄せられて、しげしげと眺めていると、店員のお姉さんが
「何かお探しですか?」
「探してるのが小さい物ですみませんが、マルチクリートが欲しいです」

ということでそれだけを購入して帰り、翌日装着してみると今度はどうやら具合が良さそう。
IMG_3287.jpg
ペダルとシューズを手に持って付け外しも出来たし、前のシングルクリーとはほぼ中央に固定していたが、今回かなり前寄りに固定してみたら、床にカチッと当たることもなくなった。

そんな訳でようやく週末となり、前日に卒業式を終えたばかりの娘とあの場所へ走りに行く約束だったので、
これとビンディングペダルを装着して、ついでに付け外しに慣れる訓練にあてることにした。

前回とほぼ同じ時間に同じルートへ向け娘と出発。
ひとつだけ違うのは、この前はほとんど先導して走ったが、今回は判りやすい所は極力前を走らせた。
平瀬川に沿って多摩川へ。
DSCF7610.jpg
初めて被ったヘルメットはCannondale製で、なんかシュッとして親父の物より速そう。
サイクルグラブもしっかり付けてかなり本格的な出立ちになってきた。
実際2回目なので余裕を感じる走りだが、速度自体は上がっていないのは本人が気持ち良ければ良しとしよう。
津田山駅から先は二子寄りに抜ける初めての道を行く。
覚えればいつでも独力で来れるように、なだらかで車の干渉の少ない道を選んだつもりだったが、予想に反して車が多かったり、狭くてイマイチ安心して走れない所があって、なかなか理想通りにはなっていない。

ともあれ1時間少々で途中から山の下を潜ってしまう平瀬川が合流する開放感のある橋の前に辿り着いた。
DSCF7616.jpg
晴れの予報だった筈が生憎の曇り空だが、風は穏やかで指出しグラブでも寒くないくらいのちょうど良い気温。
ペースは12km/h程度だが、羊のようなモコモコの上衣の娘は背中に汗をかいていた。

ここから多摩川右岸を走るのは二子橋の鉄橋の先までで、そこで折返して土手に上がって、
旧246の二子橋を歩道で渡る。
渡りきってから右に折り返した道の突き当りが2日前にクリートを買ったGiant Shopだ。
DSCF7619.jpg
勿論寄るワケではなく前を左折してバスターミナルの方へ抜けて、二子玉川ライズの駐輪場へ。
最初の目的地はここにある文教堂。
Giant店の帰りに寄ったら弱ペダグッズがアニメイト以上にあったのでした。
娘は目を輝かせて品定めして何点かお買い上げ。
その一部はこんな感じ。
IMG_3288.jpg

それだけでライズをあとにし、すぐ先のここにちょろっと立ち寄るが、
DSCF7621.jpg
次なる目的地とカブるのでスタバには寄らずに先へと進む。

今回のルート選定でちょっと気を使ったのは、ここから河岸段丘を何処からから登れば傾斜が緩くなるのか。
地図上ではここぞという道を決めてあったが、そこへ曲がるポイントをしっかりスマホで確認せずに適当に曲がったので、そこそこの登坂になってしまった。
まだ坂に全く慣れない娘にはフロント3段のセンター以外使い方は教えてなかったが、どうにかそれでも乗り切れた。
九品仏駅を通過して自由が丘ならではの店舗が立ち並ぶ通りに出て、先日下調べしたこの店に到着!
DSCF7622.jpg
この前と似たようなプレトレのウイリー停めの隣にここに相応しいCieloのチェレステカラーが誇らしげに並ぶ。
前回はそんな様子はなかったが、今日は2Fのカフェは混んでいるらしく、ご覧の通り1Fの入り口の外まで行列が続いていた。
この写真を撮って、さあカフェへ行こうと道を渡る間に2組も前に並ばれて、完全に行列のできる店状態になったが、今日の主目的はここで娘の卒業祝いとして食事をすることなので、別に待たされようと構わない。
並び役は引き受けて、娘には下のショップでグッズでも見ておいでと告げる。
その間に数組の客が出て行ったが、行列が一歩も進まないので、外のメニューでも見るしかない。
メインのパスタがたったの7~800円で、これに前菜とドリンクを付けたランチが1300円とはなかなかリーズナブルだ。
学生っぽい女の子二人連れが多いが、この低価格も人気の理由のひとつだろう。
店に入らないのに写メだけ撮る人も多いので、このチェレステカラーのオシャレな外観に惹かれる人も多いかも。
自転車ブランドとして好んで来ている人はどれだけいるのだろう。

その後何組も客が出ていくも、一向に進む気配がない。
さすがにイラっとしてブツブツと文句を言い出したら、後ろのお客さんが入替え式のシステムであることを聞こえるように会話していた。
そういうものなら仕方ないが、空席の時間が必ず出来ることを考えたら効率悪そう。

結局30分以上同じ場所で待たされてから、初めて列の前方10人以上が動き出し、やっと店内に入れたと思ったら、なんとそのまま席まで案内されたのでした。
途中の階段に何台ものバイクが展示してあり、少しづつ進みながら眺めるのを楽しみにしていたのに、一瞬で通過してしまうとは…
IMG_3284.jpg

ともあれ無事席に着いて注文も出来た。
待つ間に店内を撮影する人もけっこう多い。
IMG_3275.jpg
IMG_3273.jpg
そここにあるバイクにチームジャージなど、ロゴとチェレステカラーに彩られたインテリアが目を楽しませてくれる。
そんな中にしっかりこんなのも飾られている。
IMG_3286.jpg
これがレジの前なのだが、これらのグッズはお客さんの持込みなんだとか。
目の前の女の子がグッズを取り出して料理に添えて写メを撮っていた。
我が娘も然りだが、実は弱ペダ効果でここを訪れる女子こそが、客層のメインだったりするのかもしれない。

そして出てきた料理をご紹介!
IMG_3277.jpg
前菜のキッシュとサラダ
IMG_3278.jpg
若鶏のラグーソースパスタ(大盛り)
IMG_3279.jpg
トマトソースのクリームパスタ
どれも美味しかったが、モッツアレラチーズも入ったこれが最高に美味しかった。
二人で分け合いながらいただいてお腹も満たされ、
IMG_3283.jpg
食後のコーヒーもカップのロゴが嬉しく、ミルクも暖かいので冷めにくくて気が利いている。
エスプレッソも選べたが、きっと量が少なかろうとアメリカーナにして正解だった。

食後に1Fのショップで入学祝に貰ったお金で娘が何か1品をと見て回った。
本当はチェレステカラーのサイクリング用のリュックが欲しそうだったが、気に入ったデザインのは1万円を超えるので、結局選んだのはこれでした。
IMG_3285.jpg
種類はなかったがサイコンも出していたとは・・・
速度、時間の基本機能のほか温度表示やバックライト付きでワイヤレス。
ちょうど型落ちだったらしく驚きの破格!
ちょっと小さすぎる気もするが、どんな風に表示されるかは不明。
でもこれを使って娘の走りのモチベーションが上がれば嬉しい限りだ。

居るだけで幸せそうだったのに、食事でお腹も満たされ、お土産も付いたので完全に満足してくれたようだ。
あとはなるべくなだらかで安全な道で帰るだけ。
緑道と川沿いにつたって中原海道へ下り、歩道をずっと進んで丸子橋から右岸の多摩サイへ。
ここからのCRは特に快適に走れる区間だ。

等々力の先の並木の一角に花が咲いて人も集まっていた。
DSCF7632.jpg
DSCF7627.jpg
早咲きの桜のようだ。

花見の季節にまた娘と一緒に走ってやりたいものだ。
などと考えながら平瀬川の合流点に戻って、来た道を辿って帰りました。

本日の走行距離:45.6km
平均時速:13.0km/h




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント