01月 « 2017年02月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28  » 03月

2015年初詣

2015年 01月03日 00:10 (土)

当ブログをご覧の皆様、新年明けましておめでとうございます。
本年も恐らく変わりなくマイペースな日記になろうかと思いますが、どうぞ宜しくお願いいたします。

さて2015年最初の1ページもやはりプレトレで何処かへということで、昨年同様初日の出ライドを一時は画策。
若い頃一度勿論車で見に行って、相模湾を上から見下ろす角度でかなり水平線に近い日の出を見た記憶のある湘南平へ行こうかというプランは、深夜に長距離を走らねばならないリスクと、結局もうひとつの理由によって却下とした。

その理由とは、今年の最初にするべき重要なこととは初日の出よりも初詣であるということ。
それも今年高校受験を迎える娘の合格祈願という最も重要なミッションもあるので、先ずそれに焦点を絞るべきだろう。
勿論本来なら当然本人と一緒に行くべきだがお家の事情により今回は単独なので、ここは祈願のために厳寒の中父が足を使って巡礼するということに滝行にも匹敵する意義があると勝手に思い込んで計画した。
最初に受験の神として思い浮かんだのは有名な湯島天神で、元旦の都心を走る楽しみにも魅力を感じていたが、
よくよく考えたら、娘の第一志望は神奈川の県立校なので、ここは県内の神様にお願いするのが筋と思い直した。
そして県内の合格祈願スポットをググって出た二個所へ行くことに決めた。

元旦の朝、大好きなお雑煮を腹に詰めて9時半頃出発。
早渕川沿いから鶴見川に出て綱島の先の駒岡のイオンの手前の橋を右に折れて、真っ直ぐ二ツ池を抜けて寺尾の方面へ。
住宅街をちょっと迷いながら抜けてここへ辿り着きました。
DSCF7308.jpg
建功寺
この中門の真っ直ぐ奥の階段の上にこんな山門があり
DSCF7305.jpg
さてどんな本堂が現れるかと思いきや、なんと建て替えの為取り壊された跡の更地の状態でした。
山門潜ってすぐの所は頭上にロウソクが棚上に浮いていて、除夜の鐘の時間にはそれが灯っていたらしい。

ちょっとあてが外れた心持ちで戻って、とにかくここへ来た証の御守りを購入。
DSCF7310.jpg
そして初詣と言えばのこれがあれば戴かない訳にはいきますまい。
DSCF7312.jpg
寒い時にはたまりまへんなぁ。
完全に紙コップと同化して判らない甘酒〜!
けっこう湯気も出てた筈なんだが…
待てよ、このままではもしかして飲酒運転??

ここは日記の上では4時間ほど休息したことにして先へ進みましょう!
横浜線に沿って第一京浜の方を目指し、入江橋の交差点を突っ切って浜通りを右折。
時折見える入江の漁船や庶民的な佇まいを楽しみながら、瑞穂ふ頭の入り口を越え中央卸売市場の通りへ出る。
市場を抜けて右折してみなとみらい地区に渡り、臨港パークに乗り入れて公園の橋の上からベイブリッジとプレトレを撮影!
DSCF7313.jpg
ちょうどこの時パラパラと小粒の雪が舞い始めました。

公園をパシフィコ横浜まで抜けて、桜木町方面へ向かい、紅葉坂交差点を突っ切ると、その先に参拝の人々が。
その進む先に従えば、第2の目的地に表から入れるだろうと見て、途中の公園にチャリを停めて先へと進む。
そして最終目的地である
伊勢山皇大神宮
の鳥居が見えたと思ったところで行列がストップ!
DSCF7315.jpg
どうやら入場制限があるらしい。11時過ぎなんて一番避けるべきピークに当たってしまったようだ。
そうは言ってもここで祈願することが今日の主目的なので、あとはただ流れに身を委ねるしかあるまい。
じわりじわりと進むのを待ち、いよいよ入場制限の先へ行くと、明治神宮ばりに横に広がった参拝の列があった。
DSCF7319.jpg
先頭に出る間に雪が一層激しく降ってきたが、小粒でサラサラしているので濡れなくて良かった。

そして無事合格祈願の参拝を終え、ここでもその証の御守りを購入!
DSCF7323.jpg
五角形で可愛らしいが、値段はさっきの倍の1000円!

これで今日のミッションは一応クリア7した。
このまま帰っても良かったが、これが目に付いてしまったので運試しに一丁!!
DSCF7325.jpg
ジャン!
大吉ゲット~~♪

調べたら一昨年も大吉で、去年が吉。
このところ初詣のこれに関してはついているようだが、前日に判明した年末ジャンボは惨敗だったし、ここでいいクジを引くことが本当にラッキーなのだろうか・・・
ともかくこんな写真をシェアするのは縁起がいいから喜ばれるだろうとFBにアップしてから境内を出た。

来た時以上の行列の中参道を戻る途中で、空きっ腹にたまらんものが目に付いてしまった。
DSCF7326.jpg
買ったその場でパクついてしまう。
もち米かうるち米かを固めて周りにバラ肉を巻いてタレを付けただけのものだが、たまらん旨さだった。
しかしこれ1本だけでは火に油。
あとは六角橋辺りで本格的にランチにしようかと思いながら歩き出すと、今度はすぐこれに足止めをくらった。
DSCF7327.jpg
ちょうどジュージュー焼始まったところだったので、その様子から目が離せず、出来上がりを待つ列に自然に並んでいた。
そしてこいつも屋台の横で速攻平らげました。

腹ごしらえも十分となったので、心残りなく帰路へと向かいます。
しかしちょっと前から異変に気付いたのが、どうも後輪が擦れる感じで転がらないこと。
しかも時折力を入れるとキーッと音が鳴ったり・・・
そう言えば来る時も最初から調子がイマイチで、もしかして体調が悪いのかと思っていたのが、これが原因と確信。
しかし開いてる自転車屋もないし、この状態でとにかく家の方まで戻るしかない。
いつもは少しもキツくない六角橋~新横浜ルートを重い足取りで進み、センター方面への裏道のちょっとした上り勾配など3~5段でスイスイのところをほぼ34Tで踏ん張るように進んだ。
センターのあさひかイオンバイクでも開いてないかと行ってみたが、さすがに元旦はどちらも休み。
あさひさんのシャッターに2日から営業とあったので、もうそれまで待つしかない。

普段なら気持ちよく走り抜ける早渕川を引き摺る感覚で進んでいると、ほとんど吹雪に近いくらいの状態に。
身体も冷え切って堪らなくなり、トイレにも行きたくなったのでとりあえずパチンコ屋へ飛び込む。
暖を取るべく座った1台がなんと2回転目で大当たり~~~!
なるほどこれが大吉効果かっ!!
・・と喜んだのは束の間。
所詮は遊パチで、2連チャンの出玉も1000発程度。
すぐに飲み込まれ、結局他の台にもやられてお年玉分を軽く捻り取られちゃいました。

まあそれはそれとして翌日のこと。
プチ帰省の予定をちょっと遅らせて、我が家の山向こうにあるプレトレ君との出会いの場でもあるあさひあざみ野店に開店前から並び、栄えある2015年1人目の客となったこの私。
シャッターを開けに出てきたお姉さんが対応してくれて、修理におよそ30分位かかるとのこと。
もっと掛かると予想し、預けて夜引き取る覚悟だったが、それならと待つことにした。
いつものイカツい兄ちゃんじゃないけど果たして腕は大丈夫かとの心配をよそに、慣れた手際で後輪を外してホイルのバランスをチェックしたりしながら、中のベアリングまでちゃんと点検して丁寧に組み直してくれました。

原因を聞くと、スプロケ側のベアリングの所のダブルナットが緩んでいたんだとか。
恐らくパンク修理の時外して戻した大外のナットの締めが甘かったようで、ダブルナットが共回りして締まったらしい。
自転車いじりに慣れた人ならそんなの当り前ってとこなんだろうけど、その辺ほぼ素人な私にとっては、こうやって作業を目の当たりにでもしないとなかなか解らないだろう。
生半可に自力でバラシて調整してもきっと上手くできなくて、更なる不具合を生むという悪循環の可能性が大きい。

かくしてプレトレは無事組み上がり、当初1000円程度と聞いていた適正な授業料ともいえる工賃を払おうとすると、
なんとこのお姉さんは無料でいいと言うではないか!
「本当にいいんですか??」
もうただただ感謝しかない。

自転車を自力でメンテする自信がなかったので、この地にサービスの良さが評判のあさひさんが出来たことを好機としてここでプレトレ購入を決めたことが、本当に身の丈にあった正しい判断だったとこのとき確信。
新年の最初に不具合に見舞われ苦心の走行という不幸な展開が一転大きな幸運となったようにさえ思えた。
これこそが大吉効果だったということにして、今年最初のサイクリングレポを締めくくることにしよう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お疲れ様でした

2015年01月05日 07:13

お疲れ様です!
我が家は昨日(4日)ようやく初詣しました(^^;;
三が日過ぎれば空いてるかなと思って行ったんですが、意外と人いましたね。
正月ライド、いかがでしたか?自分は一足先に離脱してしまいましたが。
境川CR、改修されててとても走り易かったですね。また行きましょう!

お疲れ様でした

2015年01月06日 12:53

さかけんさんレスが遅れてすみません

正月ライドの翌日から腹の具合がおかしくて、昨日病院で感染性胃腸炎と診断されました。
昨日までは本当に弱っててブログの更新もする気力が出ませんでしたが、今日はほぼ体力は回復しつつあります。
ただ感染性ってことで職場復帰は止められていて、一番忙しい時期の大事な月初めなのに10連休が12連休になりそうです。

身体が元気になってくると、次の走りへの意欲も出て来るもんで、皆さん遠大なプランをいろいろ画策されてるようですが、マシンにハンディがある我々も一泊プランなら行ける場所の幅が広がるんではなどと考えています。