12月 « 2017年01月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 02月

チームプレトレ忘年走行会

2014年 12月22日 00:31 (月)

2014年もあと10日ほど。
今年もいろいろありましたが、これまでになく楽しかったことと言えば、一緒に走れる新しい仲間が出来たこと。
10月に仲間に加えていただき、一緒に踏破したヤビツ峠はまさに一生ものの思い出です。
そんな仲間達と今年の最後にもう一度集まろうという話が決まり、その日を待ち遠しく思いながら暮れの激務に追われる日々でした。
週間予報が出た時から雲行きが怪しかったのが、近づくにつれ雨予報に変わり、一度はよもや中止かと諦めかけてたのが、2日前位から曇りのち晴れに転じ、最終的に完全に晴れまで回復したのは奇跡のよう。

前日に野晒しの愛車を少しはメンテしようと思ったら、早くから本格的な雨降りとなって夜まで続いた。
夜の9時過ぎにようやく上がったので、軽くふき掃除やチェーンの油や塗装のタッチアップに空気圧とブレーキの調整を済ませてから就寝。
翌朝メシのあと家を出たのは7時25分頃。
せせらぎ館8時の約束に間に合わせるにはギリギリだったので、定番の津田山迂回コースではなく、平から高山団地を抜ける軽い山岳コースでショートカットし、目標のちょうど5分前に到着!既に他の二人はお揃いでした。
DSCF7219.jpg
先ずはせせらぎ組プレトレ3台の記念撮影。
右からるぅ♪さんの白アルミ、ふらっくさんの白鉄、そして私の青アルミ。

ふらっくさんに先導してもらい次の集合場所へと向かいます。
多摩水道橋を潜って右岸を上るのは初めて。
IMG_3080.jpg
左岸に比べて空いていて気持ちがいいですが、途中で切れるのが残念。
切れた先は裏道へ回って多摩川原橋へ出て、橋を渡って左岸のCRへ。
ここで前に出たるぅ♪さんの早かったこと。
飛ばさない時でも私の巡航時の倍近いケイデンスで回していたので、果たしてもつのかと思っていましたが、そんな心配は軽く吹き飛ぶくらいの勢いは、日頃塁球で鍛えた身体と若さの賜物でしょう。

是政橋の先で富士山が顔を出したので撮影でストップし、再び関戸橋目指して走っていると、背後から物凄い勢いで追い越しざまに声を掛けてきたのは、るぅ♪さんと同じ白のアルミに乗ったアルファさんでした。
そして関戸橋の交差点に出ようとした時、baohさんも背後から登場!
ローソン前でmakolinさんも合流すると、挨拶とひとしきり皆さんのマシンのチェック合戦が始まりました。
ピカピカのオプションパーツを沢山身にまとったるぅ♪さんと、リアサイドバッグなどで完全武装された重戦車のようなアルファさんの2台の白アルミプレトレに注目が集まります。
この二人は自転車のみならず、その走りのパワーを最後まで見せつけてくれました。

そして関戸橋を対岸に渡ったところで6台による記念撮影
DSCF7221.jpg
縦列駐輪だと土手上では真横からは写しきれないので、こうして斜めに撮るしかありません。

ここから右岸を浅川方面へ、makolinさんbaohさんの案内で進みます。
途中でメールチェックをすると、最後のさかけんさんは既に待ち合わせ場所のサンクス前に到着とのこと。
6台も追ってそこへ合流しました。
DSCF7222.jpg
今回最大の注目の的、7人目の男さかけんさんのニューマシンは文字通り金ピカのクロモリフレームでかっこいい!!
大人の落ち着きを感じさせるセンスを持ちながら、大いなるポテンシャルを秘めた走りのほどはいかばかりか?!

いよいよ最大人数7台によっての走行の始まり。
浅川~南浅川のサイクルロード(時々車道)を順調に走り抜け、
次に停まった多摩御陵の前のコンビニで昼食を買い、目の前の陵南公園のベンチで昼食です。
日も差して風もなく、外で食べるのが最高に気持ち良い。
ここでもやはり皆のマシンが気になります。
DSCF7230.jpg
2台のドロップハンドル
そして・・・
DSCF7231.jpg
5台のプレトレ!!
これだけこの車種が揃うのもなかなかないでしょう。
あさひさんスポンサーに付いてくれないでしょうか。
でもそうしたら先ずいじり過ぎと注意されるのでは・・
なんて冗談にも花が咲きます。

そして再出発し、
DSCF7234.jpg
高尾駅を経て小仏峠を目指します。

IMG_3086[1]
小仏のバス停から先はだんだん傾斜がキツなりだし、先頭のmakolinさんがもうお腹いっぱいと一時停止。
でもマウンテンバイク乗りで山に詳しいアルファさんが、あとちょっとで着くという情報をくれたので再度トライ!
ヘアピンを二つとかなりの斜度はありましたが、34Tでペースを維持してなんとか舗装路の終点に到着!!

道はここから登山道が更に続く谷合の場所で、登り切った証になるような景色はありませんが、好物の滝がありました。
DSCF7237.jpg

するとここに魔物が登場・・・!?
DSCF7239.jpg
遭遇して悲鳴を上げたるぅ♪さん
ではなくお約束のポーズを撮影するの図でした。(笑)

そしてあとは下るだけなので、思い思いに気に入ったポイントを撮影しながら降りていきます。
先ずは中央線を潜る時代を感じさせ煉瓦のトンネル
DSCF7245.jpg
そして頭上10m以上の木の上に立てられた見晴らしの良さそうな小屋
DSCF7246.jpg

ようやく休憩場所の喫茶ふじだなへ到着。
DSCF7257.jpg
IMG_3090.jpg

ちょっと小腹を満たしたいと思ってたらコーヒー以外はないとのことでしたが、
DSCF7255.jpg
ロケーションのいいテラスで飲むコーヒーの味と香りは最高で、話も弾みました。
常連のお客さんで、かつて長野の山々を自転車担いで登ったという凄まじい体験をされたようには見えない
紳士的な佇まいの方が、話の輪に加わっていただき、最後は記念撮影まで買って出てくれました。
毎日のようにここを訪ねているらしいので、今度是非またここに寄ってお目にかかりたいところです。

マッタリと満ち足りた時間が終わり、あとは帰路につくだけとなりました。
16号でさかけんさん、高幡不動のあたりの橋でbaohさんとお別れ。
その後四谷橋のサンクスで小休止と腹ごしらえの後、多摩サイでmakolinさんを先頭にスプリント合戦が始まりましたが、
30km/hを越えるハイペースに程なく私1人脱落!
皆さん本当にパワフルです。
そして是政橋でmakolinさん、多摩川原橋でアルファさんとお別れ。
もうスプリントは勘弁してほしいのでそこから先は私が先頭で左岸を走って、多摩水道橋を渡ってせせらぎ館へ。
ふらっくさんとのお別れをして、残ったるぅ♪さんと私だけで更に右岸を下り、次の東名の下で最後のお別れで、私が多摩サイを離脱。

いやぁ本当に楽しかった。とちょっと浸りながら流して久地駅前を過ぎたあたりで・・
後輪がプスンッ!
そして何かが路面に当たる音が断続的に・・・
まさか!?
予感は的中!
IMG_3100.jpg
見事に釘が命中していました。
力なくへたり込む後輪。
なんで最後の最後に独り寂しくパンク!?
せめてこんな時近くに自転車屋でも・・・
さすがにそんな虫のいい話はありませんでしたが、ちょこっと運がついてました。
すぐ後ろにカーコンビニクラブの明かりが見えました。
店番の女性店員に場所を借りる話と、軍手を貸してもらえないかと頼むと、
それだけでなく、コンプレッサーも伸ばしてきてくれました。
今日は極力荷物を減らしてきましたが、幸いにも装備はひと通りあったので、早速店を広げて始めました。
IMG_3102.jpg
スプロケ側のナットが錆びついてひと苦労。
やはりこんな時のためにせめてクィックリリースのリムには替えないといけないな。
それでもあとは恵まれた環境のお蔭で去年とは比べものにならない順調な流れで作業が終了ました。
ただし、自動車用のコンプが強力過ぎて、新チューブとリムとタイヤをセットして注入すると、一瞬でパンパンになり微調整をする間もなかったため、再出発してみて不具合に気が付きました。
なんかボコンボコンとお尻にくるのは、どうやらチューブが真っ直ぐ入っていないからでしょう。
家に帰る時間がこれ以上遅くなりたくないので、そのまま約30分乗り続けて18時半にどうにか帰宅。
明日はバスで通勤して、明後日ゆっくり直したり替えのチューブ買ったりするとしよう。

本日の走行距離は106km/h
スプリント合戦で稼いだ分は最後に帳消しになって平均速度は20.1Km/hでした。
詳しいルートはさかけん、makolinさんらがきっとアップしてくれてますので省略。

新しい仲間も皆素晴らしいキャラクターと脚力をお持ちで、本当に楽しい忘年走行の一日でした。
来年もお仲間に加えて貰って楽しいツアーの日々を是非ご一緒させていただければと思います。
みなさんお疲れさまでした❗️
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは

2014年12月22日 13:47

お疲れさまでした~ やはり多摩川上流方面は色々景色の綺麗な所あって楽しいですね。
2週間ぶりのサイクリングはやはり、忘年会などで暴飲暴食のツケが来てました。

帰りはスプリントと言うより、運動してないと寒いからどうしても回してしまいました。スミマセン^^;

でもパンクは災難でしたね、道路に釘なんて危なすぎます。
怪我や落車が無くて良かったです。

タイヤの違和感はチューブがタイヤに噛んじゃってたんですかね?

大丈夫でしたか?

2014年12月22日 20:44

昨日はご一緒できて本当に楽しかったです♪
まさかあのバイバイの後にトラブってたなんて…メールで呼び出してもらえたら救援に向かったのですが…
(といっても使い物にならない可能性がありますがw)

怪我とかしてなさそうなのでひと安心ですが、出先のトラブル対応はやはり大変ですよね。

もし気が向いたら修理呼んでください♪
トラブル復旧力を養うためにチューブ交換のN数増やしたいので!

って初心者には普通任せないですねf(^^;

2014年12月22日 22:09

昨日はありがとうございましたッ!
楽しかったッ!

ホント見事に釘が刺さっちゃってますね。
ヤビツといい、今回といい・・・誰かしらパンクに見舞われてますね。

パンクは怖いよ~

もう少しってとこで、しかも一人で・・・(^^;

お疲れ様でした。

パンク!

2014年12月22日 22:56

るぅ♪さん、ふらっくさん

ご心配ありがとうございます。
まさかお二人とお別れの直後にとは…
って感じですが、プレトレのパンクは去年の10月の体験につぎ2度目なので、なんとか慌てずに対処できました。
最初の時は、これまでの最長不倒距離138kmを記録した箱根湯本の帰り道で、神奈川の陸の孤島綾瀬市を痛む足で走行中に、車道の側道の金属片がグサリ!
詳しくは記事にある通りですが、予想外の難航で近くに電車も走ってない所で諦めて置いて帰るのも容易でない中、コンビニだけを頼りになんとか乗り切りました。
やはりその経験は大きかったですね。

まあお二人はクイックリリースだし、私よりいじり慣れてそうだから、ヘラと空気入れとアーレンキーくらいあれば問題なく対処できると思います。
ただ、私みたいに大いに盛り上がった日の最後ばかりを突いてこられると、さすがに一瞬心は折れそうになりますけど…(笑)

makolinさんへ

2014年12月22日 23:29

レスが遅れて失礼しましたが、ご心配頂き感謝です。
お陰様で、今回も楽しいツアーでした。


仲間が増えたこともあり、プレトレへの愛着も増す一方で、
makolinさんやさかけんさんを見ていると、走りに徹する新たな次元の1台への憧れも強まります。

って言うより、もはやプレトレでは平地で皆さんの足を引っ張ることになるのが明白ですよね。
(^_^;)

お疲れ様でした!

2014年12月23日 00:27

パンクとは災難でしたねぇ。お怪我がなくて幸いです。

北野駅でいつの間にか写真撮ってたんですね。全然気がつかなかったですよ。
何気にポーズ取ってる風になってるし(笑)
三人目のロードデビューはウッチーさんかな?それともbaohさんの方が早いかな?
いづれにしてもこのプレトレ会が無くなることは・・・・・・
絶っ対に無いと思うので、また集まりましょうね。

ここのところ、山ばっかりでしたから、この次は海方面にでもしましょうかね

コメント追加(笑)

2014年12月23日 00:32

そうそう、広い道路で細いタイヤに釘を拾うなんて、ある意味、運が良いかもですよ。
年末ジャンボ、ひょっとしたらひょっとするんじゃないですか?(笑)

2014年12月23日 11:02

さかけんさん
今回も企画の立ち上げありがとうございました。

おっしゃる通り、あんな絵に描いたような釘の刺さり方は、狙っても出来ることじゃないですよね!?
それに皆さんみたいにマメに手をかけてない分、こういうことでもないとなかなか経験値も上がらないと思いますしね。
ニューマシン入手にはもう少し自信を付ける必要がありそうです。

2014年12月29日 15:15

コメント出遅れ過ぎですね(笑)
帰宅間際にパンクとは・・・お疲れ様でした!

それはともかくとしてプレトレ5台は壮観でしたね。
また来年も走りに行きましょう!

2014年12月29日 17:25

baohさんコメ感謝です。
全然問題ないですよ最新記事ですし。
そちらの記事に書き込むべきでしたが、足回りの問題で大変だったみたいですね。

因みにこちらはその後自宅で一度空気抜いて調整しても凹凸が直らず、替えチューブを買いがてらアサヒでやってもらったら、サービススタッフもけっこう苦戦して直してました。
なんでもホイールとの相性が良くないとかなので、いよいよ買換えかと思ってます。

ああやって皆さんの手の掛かった愛車を見ると、何かしらやらずにはいられなくなりますね。

2014年12月29日 18:55

ノーマルホイールではリムが高圧タイヤ(チューブ)に耐えられないんだと思います。
Ucchy_Tさんのプレトレはアルミですのでエンド幅の関係上、自分やふらっくさんが使っているロード用のリア130mmのものはやめたほうが良いかもしれません。
エンド幅135mmのホイールは基本MTB用の高価なものが多く、Vブレーキ対応かつ安価なものは数少ないのですが探せばあります。
アルミトレの改造経験豊富なアルファさんにメールで相談してみてはどうでしょう?

2014年12月29日 23:15

baohさんアドバイス有難うございます。

今の32Tにはそれまでと同じ英式バルブのチューブを使ってるので高圧という認識はありませんでしたが、サイズ的にそうなるのでしょうか?!
また、そういうフレームとの相性があるとは知らなかったので、危うく手頃なホイールを買ってしまうところでした。

やはり性分的にもメカいぢりに向かないので、これ以上改造するよりも通勤兼用でないもう1台を入手する方向かという気持ちも強まってきました。