08月 « 2017年09月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 10月

秋のご近所巡り<青葉区、麻生区、稲城市、多摩市>

2014年 12月01日 00:02 (月)

ここ2週は自由になる日が少なく、先週の3連休は最終日を近場で過ごしながら、Mcdで昼飯だったのでOLクーポン使えるメニューを頼んだところ、不覚にもポテトたっぷりで脂ギッシュだったため、これはちょっとでも余分に走らねばなるまいとなったのでした。

そこで向かったのは暫く訪れてなかった我が聖地。
実は夏場にマダニに注意の張り紙を見て、TVでその恐怖を知っていたので以前のように池に貼り付いてカワセミを待つのは控えてました。
今は除草も済んでスッキリして、遮蔽物も少なく撮影にも良さそうだと、いつもの池で数十分以上待つものの、
結局池に棲むアイドルは姿を現さなかった。
しかし、待つ間にポイント付近の木々に集まる小型の鳥たちが賑やかだったので、すばしっこい動きに翻弄されながらもどうにか収めました。
DSCF7056.jpg
実は背中がカラフルと話題のシジュウカラさん
DSCF7035.jpg
コゲラくんはギイギイと鳴く声も判りにくいが、小ぶりで保護色な体で枝を這うようにちょこまか移動するので、しっかり目撃するのは難しく、カメラに収めて初めて色形が確認できる感じ。

結局主役のご登場はなかったが、居るだけで落ち着ける場所でリフレッシュも出来たので、家に帰ろうとした途中の某公園で、紅葉がなかなかだったのが目に止まりました。
DSCF7054.jpg
DSCF7048.jpg
そしてちょうど下の写真を撮っている最中に、聞き覚えのあるツィー!という声が・・・
この川でも何度か目撃してはいましたが、細い川なので見つけてもすぐ飛んでってしまう感じでした。
今回も通過しただけだろうと期待はせずに真下の川を見てみたら、そこにいました!
DSCF7053.jpg
久し振りに見たエメラルドグリーンの後姿。
我が家から約1Kmという場所での撮影は恐らくこれ以上は望めない最短距離での記録となりそうです。
しかしながら、細くて短くて全面的護岸をコンクリで固められたこの川には彼らの住めそうな場所はなさそう。
そう考えると、ここはあの池のヌシ達の回遊コースで、お宅訪問もお留守だったのが帰り道でバッタリ!
っていう解釈にも現実味が出て、彼らの行動範囲とライフサイクルに関心は深まるばかり。

そんな小一時間のご近所散歩でも、なかなかの収穫があったので翌週1日だけの休日も近所を巡ることに。
プレトレで未踏の山岳地帯がまだまだあるので、紅葉狩り含めてコースを考えました。

朝の9時過ぎにゆっくり家を出て、コンビニで腹ごしらえのあと臨んだのは王禅寺の手前の日吉の辻から生田南郵便局へ交差点続く長い上り坂。
以前なら近辺で最高標高かというここまでまさか自転車でとは考えもしませんでしたが、今となれば問題なし。
交差点直前のちょっと勾配がきつくなる所以外はほとんど2速以上で上がれました。
ここは変則四+α差路になっているので、車では注意しながらただ通過するだけですが、南北両面に景色が開けているのでこのチャンスに撮影と思いきや、大した景色じゃなかったので没です。
目指す読売ランドへは、交差点右折直後を左に降りていけば百合ヶ丘駅手前の踏切へまっすぐ出られますが、遠回りして読売ランド前駅の方へ降りる細くて判りにくい住宅街の道を行きます。
線路を越え世田谷通りを渡った先の左側の細道に入ると、いきなり滑り止め付の急坂が始まってこれが結構長い!
すぐさま34Tでのダンシングを強いられるが、坂の中ほどで体勢に限界がきてシッティングに。
このまま力だけで回しきれないとギブアップだったが、なんとかギリギリ回しきることが出来た。
DSCF7073.jpg
この先から左に折れ、地図上車は入れなさそうな山越えの道に入る。
朝家を出た瞬間にまずいと思ったが、昨夜から雨は上がっていたつもりが全面的に路面が濡れていた。
その道は当然未舗装で砂利もなく、更に濡れた落ち葉で覆い尽くされている。
こりゃ走れる訳がない。ひと目で手押しと決めてお散歩状態へ。
DSCF7076.jpg
MTバイクならこんなの問題ないんだろうか。
実は数か所目当ての場所を巡った後に多摩丘陵の秘境を更に探る計画だったが、森林地帯はきっとどこもこんな調子だろうから、今日は止めておこうとここで判断した。
そんな感じの道は1km弱で終わり、読売ジャイアンツ寮の裏から人里に戻って、ぐるっと回り込駐車場に沿ってよみうりランドの正面側へ出た。

今回行きたかったポイントのひとつ目は、前週にふらっくさんも通ったというランド坂です。
埼玉の実家へ帰る時は眺めも良いのでよく通過する道でもあり、頂上にある丘の湯にはよく家族で入りに来たこともあり、男湯の窯湯からだけ下界の景色が見渡せるのだが、どちらの状況でも写真撮影は困難なので、自転車のメリットを生かして、是非この頂上からの景色を収めたかった。
DSCF7090.jpg
そしていろは坂同様にこの近辺では貴重なヘアピンカーブがあるのランド坂はこんな感じ。
DSCF7091.jpg
ヘアピンの突当り部分が今は工事現場の入口になっているが、実はその現場に最近仕事で徒歩で訪れてもいるのだが、この道はガードレールと歩道が辛うじてある体にはなっているが、それが狭過ぎて自転車は通れないどころか、草が生い茂って歩くのもままならない状態。
車道も狭いうえにダンプなどの大型車を含め交通量が多いので、自転車では登りに自信があったって通りたくない感じでした。

ところがつい最近、これとは別に新しい道が出来ているのを発見しました。
丘の湯のT字路をこの写真と逆方向に行くと慶友病院があって、その工事をやってるのは知ってましたが、その道からそのまま京王よみうりランド駅まで下れるようになっていたのです。

まずはお寺みたいになっている丘の湯の裏側の絵です。
DSCF7094.jpg
ここから観覧車やジェットコースターを横目に新しくい広くてなだらかな下り坂が始まります。
駅とランドをつなぐゴンドラの下を通過する所にちょっと眺めの良さそうなスペースがあったので行ってみたら、こんなんがありました。
DSCF7099.jpg
ゴンドラの真下を階段で登れる道があり、きっと若き巨人軍の選手達がこの上にある読売ジャイアンツ球場や練習場へ向かう登竜門みたいになっているのでしょう。

そしてここから先は斜度も大きくなって、十分な道幅に適度なうねりもあってかなりいい感じの坂道になります。
DSCF7101.jpg
DSCF7103.jpg
こんな風にロードの人がたくさん登っては降りていました。
ググってみると、やはりこの新しいランド坂は人気があるらしく、都心部からわざわざ目指して来る人がいたり、10本登るのがクライマーの定番トレーニングになっているんだとか。
きっとジャイアンツファンだったら、あの長嶋茂雄のあの訓示(?!)を励みに、GIANTにでも乗って10本じゃ足りないくらい頑張ったりしちゃうんじゃないでしょうか。

今回はトレーニングではないので、気持ちよく下るだけにして駅の入口まで出てみると、旧坂の方の斜面が一部いい感じに色づいているのが目に入ってきました。
DSCF7125.jpg
妙覚寺というお寺の参道でした。
DSCF7114.jpg
色づき加減としては最高な状態ではないでしょうか。
境内にも立派なのが一本ありましつが、やはりここ階段脇のが良かったので、逆アングルからもう1枚。
DSCF7116.jpg
このあとは線路沿いに稲城駅の方へ向かい、三沢川に沿ってニュータウン方面へ進みます。
車で移動の時は、新しく整備された道を通りますが、そこからは見えないが実は交差している道と、その沿道にある公園が気になったのでルートに設定しました。
しかし出る時にスマホホルダの装着を忘れたので、うる覚えと勘に頼ったら間違えまくりでしたが、どうにか上谷戸大橋の下に辿り着き、少し進むと川沿いに見事なグラデーションの1本かありました。
DSCF7132.jpg
木陰を流れる小川の落葉でちょっとした風情を狙うも…
DSCF7133.jpg
色目がイマイチなのが残念!

うしろの竹藪とのコラボはどうでしょう…
DSCF7141.jpg
個人的にはなかなかではと思ってます。

なんとなくモミジの写真が揃ったし、天気は予報通り下り坂な感じなので、もう帰ってもいいくらいですが、今回気になった場所はまだこの先だったので、一応向かうことにします。
尾根幹線道路に登り、ローディーさん達と一緒に暫く進み、歩道橋に階段手押しで登り連光寺方面を目指します。
ネットの紅葉お勧めスポットに連光寺公園とあったから行って見たかった訳です。
公園の駐車場から入ると、数本のモミジが色付いていた中で1番見事だったのがこれ。
DSCF7152.jpg
この1本の周りで色んな角度や遠近感を狙って写してるうちに、なんだかだんだん嫌気が差してきた。
もうモミジの写真はたくさんだ!
ってな感じです。

とはいえ公園の敷地は結構広く、裏に桜ヶ丘公園というのが隣接していたので、その中を突っ切ってひと通り全体の雰囲気くらいは把握してから帰ろう。
てなことで一旦外に出て回り込むと、桜ヶ丘公園は入口に見晴らし台もあり、なかなか違う雰囲気だった。
DSCF7169.jpg
未舗装路を森の奥深くへと進むと、飽き飽きしていたのを忘れさせるようなモミジの群生がありました。
DSCF7175.jpg
所々緑のままだったり色の違いもあって色んな角度で見所もあります。
DSCF7180.jpg
遠近感のある画像もそこそこのが撮れました。
DSCF7182.jpg

DSCF7185.jpg
うんざり気分も解消されてきて、やはりネットのオススメは伊達じゃないなと納得!

更に奥へいくと、鮮やかな1本の向こうに博物館がありました。
DSCF7186.jpg
旧多摩聖蹟記念館ということで、なんでも明治天皇が狩りやらで訪れたのを記念しているとか…
皇族関係に特に興味はないですが、無料だったのでサラッと中を回ってみました。

ここから更に奥へ行くと、徒歩しか無理そうな道しか無くなり、1度もどってから中央の舗装された通りで公園を縦断すると、芝生の広場や、ちょっとした水辺に野鳥を狙う一眼の三脚が立ち並ぶ光景などもあり、なかなかたっぷり自然を満喫できそうないい公園なのが判りました。

その後は適当に抜け出して、車でよく多摩センター方面から抜けたルートを通り、新百合ケ丘方面から帰宅しました。
この日の走行距離は36km程度。
平均時速もほぼお散歩状態なので15km/hちょっと。
もう紅葉写真とかは十分だし、そろそろ次あたりは今年を締め括れるような走り応えのあるツアーを計画せねばなりますまい。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

2014年12月05日 22:03

こんばんは^^

新しいランド坂良さそうですねッ!
今度、機会があったら行ってみたいです

それにしてもモミジすげぇ~(笑
モミジモミジ~~

2014年12月07日 20:11

ふらっくさんこんばんは
遅レスですみません!

まったくモミジしか知らんのか⁉︎って感じですよね。
新ランド坂はジャイアンツ坂とも言われるらしいですが、ロードとジャイアンツファンはたくさん居ても、車がほとんど通らないので、トレーニングにはほんと最適だと思います。
ふらっくさんのとこなら小一時間ほどの時間で行ってこれそうですね。