02月 « 2017年03月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 03月

茅ヶ崎 山と海

2014年 05月26日 11:39 (月)

5月も残り僅か。
恒例の合宿も迫り、バンド関係の動きが活発になり、会社の行事もあって土日の予定が多い。
うかうかしていると梅雨入りして気が付けばすぐ真夏になってしまう。
自転車乗りにとって一番心地よい季節の今、少ないチャンスを逃す手はない。

ちょっと前にプレトレに少し手を加えた。
今まで何故思わなかったのか不思議だが、元々ステムがかなり上がった状態だったのだ。
不器用なのでASAHIに寄って下げてもらうよう頼んで、めいっぱいまで下してもらった。
会員だからか、それだけの工賃を尋ねると無料だと言うので、悪いのでオイルを購入した。
これまでは100均もので済ませていたが、せっかくなら良い物をということで雨に強いのを選んでもらった。
早速油を差して、新ポジションを試すべくその後多摩川方面を半日走ったが、これがすこぶる調子よく平均23km/h位をマーク。
何故もっと早くこうしなかったのか。
そんなちょっとした改良の成果を是非ロングライドで試してみたかった。

天気予報の風向きは昼から南南西に強めにとのことで、必然的に南南西方向へ進むルートを設定。
朝7時前に目覚め朝飯をとって15分過ぎ頃に出発!
黒須田川から鶴見川、藤が丘駅へ。駅前からは前回の裏道ではなく、前に通った梅ヶ丘へ回るコース。
かなり劇坂でもうこりごりと思っていた駅裏の坂も、34Tのお蔭でほぼ問題ないレベルとなり、正規ルート認定も有力だ。
十日市場駅前を出発後わずか25分で通過。環状4号の3段坂も下り坂の勢いと34Tを駆使して無事クリア。
海軍道路を曲がらず東名の側道を通り、境川CRの入り口を素通りして坂を登り、246号大和市深見西の交差点へ。
そこから脇へ入り、東名沿いに進んで引地川へと思ったら、立体交差で通過してしまい、少し迷いながら階段も使って、
結局去年初めて引地川に出た公園の所に辿り着いて、そこから川沿いを下り始めた。
前回も途中で川沿いの道がなくなる所が数か所あったのを思い出しながら、結局似たような感じにさまよいながら進む。
事前に地図で決めたのは長後から車道を西に進んでから南下して慶応大の側を通って茅ヶ崎方面へ。
長後という文字が見えた通りを右折して進みながら、昔の記憶から道を間違えたことに気づく。
左に折れて暫く進み突き当りを左に曲がって少し行ってまた川沿いに戻り、少し進んで正解の道に出たので右折。
更に勘を頼りに進んでいったら、どうも行きすぎた景色になってきたので、適当に左折して方角だけ考えて畑の中の小路を突っ込んでいく。
どうにか慶応大の校舎らしきが見える大通りを越えたところで、いよいよ裏付けが欲しくなりグーグルマップを起動して
最初の目的地茅ヶ崎里山公園にナビを設定してアプローチ。
1回目の入り口は坂がきつそうだったので引き返して迂回し、ようやく公園に入りベンチのたくさんある休憩所に辿り着く。
時間は9時を少し回ったところ。つまり出発から約2時間、ここまで休みなしで走り続けてきたことになる。
トイレのついでに顔洗ったり、インナーの7分袖シャツを脱いだり。
一般には海のイメージしか思い浮かばない茅ヶ崎に、里山の風情を残す公園があるというので気になっていた。
では公園内を少し見て回ろうかと案内板を覗いてイヤなものを発見!
DSCF5743.jpg

園内自転車乗り入れ禁止!だって・・  もう乗り入れちゃってるし。
仕方なくすぐ手近な風景だけちょろっと写して退散することにした。
DSCF5745.jpg

のんびりするのは海岸線に出てからということで南へ向かう。
出てすぐの登りがいきなりきつかったが、あとはほぼ平坦に新湘南バイパス、国道1号、東海道線を越えて海岸通りへ。
とりあえず正面に見える烏帽子岩をバックにマシンの写真を1枚。
DSCF5746.jpg
写真では烏帽子岩まるで判りませんね・・

西の方へ向くと、富士山が空中浮遊していた。
DSCF5747.jpg

まだ10時回ったばかりで時間は余裕なので、渚の道を適当に江の島に向かって流していこう。
日差しと潮風をいっぱい浴びて走るこの道はやはり心地よいのだが、春の強風で舞っただろう砂がかなり溜まっていて
いつもなら僅かでも交して走れるのが、今日はもろに砂溜りに突っ込まねばならず、何度か転倒しそうになった。
去年見つけた辻堂公園の展望台のような休憩所でちょっと横になって、昼飯処の検索をしてカレー屋に決めた。
再び渚の道を走り出して江の島へ向かう。
風がけっこう強くなってきた。
湘南海岸公園の広々したウッドデッキに横たわる人々を見てやって同じようにしたくなった。
まぶしいのでサングラスに替えたが、それでもまだなのでハンカチで巻いてアイマスクのようにした。
こんな状態で寝転んでいて心地良いのはこの季節くらいだろう。潮風を受けながらしばしウトウト。
DSCF5753.jpg

気が付いたのは11時ちょっと過ぎだが、とっくに腹も減っていたので調べておいたカレー屋に向かう。
シーサイドパラソルは前回しらす乗せピザを食べた店の並びの1階にあるガラス張りの店だった。
インド人の店員にWebのクーポンを使えるか聞くとOKらしいので、店の奥の席に海側を向いて座った。
100円引きのクーポンが使えるランチセットは1100円と1500円があったが、今日の使いどこは他にはないので
3種を選べる1500円の方にして、チキン、野菜、シーフードのルウとナンを注文。
セルメンのボサノバなんぞを聴きながらぼおっと海を眺めていると、店員が肩をたたくので振り返ると、
どうやらレジの調子が悪いらしく、ディスプレイに表示された日本語の意味を教えてくれとのことだった。
紙のホルダーを押込めみたいな内容だったのでペーパーをちゃんと入れるよう伝えたらどうにかなったようだ。
そして注文の品のご登場!
DSCF5754.jpg

ナンの大きさは十分過ぎるくらいだが、厚みがあまりなくサックリした感じだ。
カレー自体はそれぞれ良い味で、チキンはトマトとスパイスがいい具合で、野菜は具が多く、シーフードは一番旨味を感じられた。
十分な量のサラダとラッシー、そしてタピオカを砕いたようなつぶつぶ入りのデザートも付いてボリュームも満足。
カレーが単品になるだけの違いなら1100円の方でも十分満足できそうだ。

ちょっとご機嫌な感じでお勘定をしてもらうべく2000円を渡すと、なかなかお釣りが返ってこない。
どうやら500円玉を切らしているようだ。
1500円のメニューがあるのにかよ~!
と思いながら「別に100円玉でもいいですよ」と言うと、
ごっそり硬貨を渡されたが、それは全部50円玉だった。
おいおい~まぢか!?
レジの件といいすっとぼけた感じだが、味が良かったからまあよしとするか。

外へ出ると物凄い風が吹いていた。
こんなのが向かい風だったら漕ぐのイヤになるだろうな。
前回同じような風向きの帰り道が、何故か向かい風になる所が多くてかなり疲れた記憶がまだ新しい。
通り慣れた道のりで藤沢橋を越えて境川CRの入り口へ。
とりあえず風の音はすれども身体に感じないということは完全に追い風だということだ。
1号バイパスを潜って専用道に入ってすぐの自販機でペットボトルを買い、さあスピードに乗らんというところであのポイントが気になってチャリを止めた。
対岸の水道橋の下にカメラを構える人々。
この当りにチョウゲンボウという猛禽類が巣を作っている話は、最初にこの川を下ってきた日に教わった情報。
以来通過するたびに気にはしていたが一度も目撃したことがなかった。
カメラの向く方角を追ってみると、ついにその姿を捕えることができた。
DSCF5757.jpg

巣を作っているのは橋脚の上だろうと思っていたが、実際は橋のアーチ状のフレームのパイプに空いた穴の中だった。
DSCF5766.jpg

中から2羽の頭がおぼろげながら見えている。
DSCF5759.jpg

結局写真で正面を捕えることはできなかったが、巣の場所が判ったのでまたいくらでもチャンスはあるだろう。
再び走り出すとすぐに飯田牧場の近くに差しかかったが、カレーで満腹だしデザートもあったから今日はパスしよう。
更にもう少し走って鷺舞橋の休憩所でストップした。
ベンチで休んでいると、橋の方でキジの声がしたので振り向くとカメラを持った人達が。
早速チャリで橋の上へ行くと、すぐ下でガサゴソ動くのが見えた。
するとその手前の水溜りをスーッとヘビが泳ぎぬけたので、どうやら追っかけていたらしい。
カメラの人たちとそんな話をしながらこちらも構えて待っていたが、結局藪からなかなか見通しの良いところへ出てこなかったので諦めた。
DSCF5778.jpg

そういえばチョウゲンボウの所でカワセミが飛び去るのを見たから、今日は写真こそ大した収穫はなかったが、
この近辺の鳥としては3大スターにお目にかかれたことになるから良しとしよう。
本格的に帰路へ突入する前にサイコンを確認すると、平均時速は19.8km/h
茅ヶ崎の海までは20km/hを軽く越していた筈だが、やはり砂溜りの渚でだいぶロスしたのだろう。
このあとはただひたすら走って帰るだけだから、この際平均時速を表示したままにしてみよう。

前回の苦戦とはうって変ってこの日の風向きは予報を全く裏切らずしっかり南南西から吹いていたようだ。
その後はずうっと調子よく27km/h近い巡航速度で進むことができた。
上り坂のある相鉄線の突き当りまでにどれだけ稼げるかが勝負だが、実際そこに着く頃には20.4km/hにまで到達。
ちょっとの上りを経て海軍道路に出るとまたまた快調に足が廻り、さっきと同じようなペースに戻せた。
そして16号でクランクして環状4号に出てからも、数回ある上りも好調にクリアし、それ以上に下りで稼ぎまくって
見る見る伸びて最高平均20.7km/hにまで達した。
青葉台を過ぎて時間はまだ3時位だったので、マックでアイスコーヒーブレイクを。
お腹はまだ満たされたままだったので、食べ物は頼む必要がなかった。
リュックに替えの下着を入れ忘れたことに気づいて、ちょっと戻ってスーパーで買い、
五郎池でちょこっとカワセミ君に挨拶をしてから恒例のゆけむりの里へ。
いつものように高濃度炭酸泉にゆったり浸かって、寝転びやら露天やらでくつろぎまくり。

最終的には走行距離94.4km
平均時速20.5km/h
追い風に乗っての帰り道の印象が残り、大変爽快に走り切った1日だった。
ステムを下げて油を変えたのもかなり功を奏しているに違いない。
そしてやっぱり江の島~境川は何度通っても楽しい。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント