04月 « 2017年05月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 06月

Cycle mode 2013 幕張メッセ11/4

2013年 11月04日 08:32 (月)

我が自転車仲間の2回目の走行会があった三連休に、日本自転車界最大のイベントが行われていることをその週の火曜日にテレビCMで知った。
それが流れたのは、最近放映が始まったのをアニメ好きな娘と見て楽しんでいる「弱虫ペダル」の放送内。
その人気にもあやかって、イベントのイメージキャラクターとしても採用されていた。
IMG_2108.jpg

自転車のイベントなんて勿論見るのも初めてなら、存在すら知らなかった。
こんな今の自分にとって最も興味深いイベントがあるなら、是が非でも行かねばなりますまい。

連休前の金曜の夜。風呂から上がってから思い出した。
そうだ前売り券まだ買ってなかった!
近所のローソンのLoppiで検索して申込むと、金額1200円と。
あれっ!?前売り1000円じゃなかったの??
そうか!!もう日付が変わって開催当日になってるのか!

その2日後のイベント最終日の朝、生憎の雨でチャリは出せず、7時半ちょうどのバスに乗り込む。
それから程なく思い出した。あっ折角用意した試乗の誓約書忘れてるぞ。
前日手帳に挟んでボディバックに一度入れながら、直前に手帳ちょっと重いしいらんわと出したのだった。
恐らく皆が詰めかけるであろう試乗の手続きの大事な準備を無駄にしたなんて。
まさか書類持参しなきゃ乗せないってことはないと思うが・・・

たまプラーザから海浜幕張までは乗り換え検索で一番料金の安い、九段下乗り換えの東西線経由と決めていた。
音楽を聴きながら浮かれ気味に座っていると、渋谷を越えたどこかの駅でなかなか動き出さないのに気付いた。
何かアナウンスがあったのできっとトラブルらしいが、イヤフォンしていて聞き逃した。
それから電車を降りる人もいたので、一度ホームまで出て様子を見るがアナウンスも表示もないので、一度車内に戻り検索する。
えーとここは永田町だから・・
そうか有楽町線乗り換えが最短ルートなんだったっけ!
すぐに半蔵門線を降りて、運転手と客が話し込むのを尻目に乗り換えに行く。
Stopした場所にツキがあったお蔭で、結局予定より10分以上早く海浜幕張に到着した。

改札を出ていかにも同イベントに行きそうな人についていくと、駅の周りに輪行バッグを持った人がけっこういた。
今まで意識してなかっただけかもしれないが、これだけ一度に輪行バッグを見たのは初めてだ。
開催はここと大阪だけだから関東より北の人はここに集まるのだろう。
9時20分頃メッセの会場に着くと、真っ先に試乗手続きのカウンターがあり、その手前に例の誓約書を書く机があった。
勿論用紙もあったので一安心し、すぐさま書き込んでカウンターに出しミサンガ状の試乗章を付けてもらう。
そして既に数十m出来ている開場待ちの列の最後尾に並んだ。
並んでから気付いたのが、大きなパンフを持ってる人がかなりいること。
確かにこの時間に予習不足を補いたかったが仕方ない。スマホでHPを開いてチェック。
もうひとつ大事なことを思い出した。 飲み物を買っておくべきだった!
サイクリングなら絶対忘れないポイントも歩きだとこんなもの。会場内に自販機ってきっとないだろうな。
ここは恥も外聞も構ってはいられない。後ろのお兄さんに「ちょっと飲み物買ってきていいですか?」
とお願いして近くの自販機へ走る。
おつりを回収しようとしてる時隊列が動きだしてちょっと慌てたが例のおにいさんを見つけて無事参入。
チケットを渡して階段の上から会場を見渡しあたりをつける。
「あそこだ!」
DSCF4124.jpg

左の壁際に試乗車を貸し出す人だかりが二つ見えたので、近い方へ向かって急ぐ。
自転車ブランドの優劣に関して殆ど知識はないが、奥のは名前にハートマークなんかついてるからこっちでいいし。
列に並んで待っていると、スタッフが「4番お待ちの方~」みたいに呼びかけながら回っている。
どうやら最前列の人達はお目当ての車種を待っているらしい。ってことはこれが来て手を挙げればすぐ乗れるな。
番号がどんな車種を表すかは前の方に一覧があったので、そこをざっと見て身長160~に当てはまる番号をチェック!
次にその中にあった13番を呼びに来たので、すかさず挙手してメットを借りて試乗コースへ。

実はロードに乗るのは初めてで、ギアチェンジはブレーキレバーでっていうくらいしか知識がなく、実際ブレーキレバーのどこをどうすればいいのかも解っていない。
とにかく漕ぎ出すと、車体が軽いので重めのギアからでも漕ぎ出せるし、スピードもぐんぐん上がる。
「なるほどこれがロードなのか・・・」
今までのチャリとは完全に次元の違う、羽根が付いたかのような走りにうっとりしながらコースを周回。
レバーをいろいろいじくりながら何周かしてようやくブレーキレバーと、もう一つの小さいレバーの使い方が理解出来た。
それから1~2周滑るような加速感を味わったところでようやくご返却~
そうだせっかく初めて乗ったロードバイクだし写真ぐらい撮らなきゃ!
IMG_2097.jpg

そして再度一覧表から車種名をチェックして、展示ブースの中から同じ物を探しだした。
「わ~お! 35万9千円~~~!!」
ロード初乗りの慣らし運転になんとも分不相応な1台を選んでしまったものだ。
ではこのオッサンの処女を奪った記念すべきブランドの他のバイク達も撮影しよう。
DSCF4083.jpg

ユニフォームと並べたレーサー仕様のバイクがいくつもカッコよく展示されている。
DSCF4090.jpg
なになに・・2013ツールドフランス優勝フレーム?!
まあまだ勉強中だが、優勝ったって23日毎日表彰してる訳だから、同様なブランドはいくらでもあるのだろう。
で、ここだけバイクの上のパネルにサインがあるぞ!誰のか判らんが一応撮影しとこ・・
DSCF4091.jpg

その場ではそれ以上気に掛けなかったが、帰りに本屋でツールドフランス2013の特集を見て驚いた。
あのサインは総合優勝のクリス・フルームのものだったのだ。
ということはこのPINARELLOこそがまさに今年のトップブランドということに相違なかった。
その本の写真に写る沢山の選手のバイクの過半数がこのブランドのものだったのも圧巻だった。
そうと知っていればもっと心して乗ったのに・・・

最近ツールドについてようやく本で勉強を始め、とりあえず中古で安かった2003年の100周年大会のDVDを購入。
ドーピング問題で無効とは知ってはいたが、有名なランス・アームストロングからその映像を観賞し始めたので、
危うくトップブランドはTreckと思い込んでしまうところだった。

その後も各ブランドの展示車を写して回るが、予備知識がない分カッコイイとは思ってもそれ以上盛り上がることもなく、ひと通り見たら飽きたりするんじゃとの危惧も。
DSCF4094.jpg

試乗は1人1台って制約がある訳じゃないが、人気ブランドのは既に午前中分受付終了ってなってるし。
しかしよく見ると試乗はそこらじゅうのブースでやっているらしく、試乗車とプラカードの付いた自転車が数台並んでいるコーナーを発見。我がメットのブランドであるルイガノだった。
DSCF4092.jpg
すぐ乗れますか?と尋ねると勧められたのはクロスバイクの7万円代のもの。
よく店頭で販売しているクラスだと思ったが、ロードとの比較の意味で乗ってみた。
重量は11kg程度で21段くらいのK氏やI氏が乗っているのと同等なクラス。
さすがに先ほどのロードと比べたら漕ぎ出しのスピードのノリは劣るが、マイチャリから思えば相当軽い。
なるほどこれなら昨日追走しても離されて当然。
どうやら自分の脚力を卑下する必要はなさそうだ。

人気ブランド以外なら待たずに乗れることが分かったので、とにかくどこでもいいからロードに乗ろう。
ということで試乗車が空いていたこの2社のモデルをお試し。
DSCF4105.jpg
DSCF4118.jpg
TAOKASはアジアらしいがどこの国だろう?
KOGAはオランダのブランドらしい。
最初のPINARELLOからいずれもカーボンフレームの上級車とは思うが、はっきり言ってフレームサイズ的な違い以外はよく解らない。
どれも早い!良く走る! どれでもいいから俺にくれ!!
違いのわからん男にとってはそんなもんである。

隣のホールとの通路ではBMXのコーナーもあって、DJのMC付のショーも行われていた。
DSCF4103.jpg

もうひとつのホールの方が実際は広く、子供用やアシスト車などスポーツ車以外のや様々なグッズも。
今やにぎやかしには欠かせないご当地ゆるキャラのチーバくんも発見!
DSCF4120.jpg
さすがに4台も走らせて燃料切れになりつつあったところへ、食べ物のブースが現れた。
前日カツカレーだったのに、ホルモンカレーというのに惹かれて昼を待たずしていただきました。
量も少なくとりたててどうという味でもなかったが、帰り掛けにまた何か食えばいいだろう。

さあこのあとどうしよう?とHPのイベントをチェックすると、まさに今からツールドのカメラマン砂田弓弦氏のトークショーが始まるところだった。
3度出場して敢闘賞を手にしている日本人の新城幸也選手もゲスト出演し、
裏話や貴重な写真を交えて、自分的には今一番旬な内容なトークショーだった。

De♡ROSAのブースに人だかりで、偉そうなガイジンさんを囲んでるぞ!
DSCF4121.jpg
ほう、この方こそがまさにDe♡ROSAさんその人なんですな。
ちょうどハートマークの由来なんかについて語っておられました。

ひと通り展示ブースも回って、イベントも観られたから帰ってもいいかな・・
いやっ次にいつ乗れるかわからないし、もう1台いっとこう!
REDLEYブースの試乗待ちの人数がそれほどでもなかったので並んで、160cm~用ってことで挙手した1台がこれ!
IMG_2098.jpg
自分の乗る姿も1枚くらい欲しかったのでスタッフさんにお願いして写してもらったはいいが、
ベルギーメーカーは規格が違うのか実はサイズがちょっと合わず、ペダリングがつま先になってしまった。

ペットの水も昼のカレーで終わっていたので、ここで会場を出て自販機でコーラを買ってFBに写真をUP
半分帰るつもりだったが、念のためスタンプをもらっておいたので、名残惜しいと再入場。
割と高齢者がたかっていたパンク修理の実演を一緒に眺めていたら、うしろのBianchiの午後の試乗待ちが始まっていたので列に加わった。
さっきの反省で本日の締めに、とにかくサイズが合うのをということで選んだのはこれっ
DSCF4125.jpg
今日乗った中で一番サイズが小さいらしく、まさにジャストフィット!
今までと違いフレームはアルミだが、どうせ自分で購入する時は予算的にカーボンは無理だろう。
乗り味の違いはあるようなないようなだが、なにしろ扱い易いのがいい。
そして十分軽いし早い!!

いろいろ乗った結果こいつをお買い上げ~~!!

っと日記には書いておこう・・(古っ!)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント