06月 « 2017年07月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 08月

秋対策プレトレ改造

2013年 09月08日 00:12 (日)

9月になった。
台風にゲリラ豪雨、竜巻など気象状況は穏やかではなく、晴れれば真夏日になったり。
しかし確実に秋になっていく訳で、来週から連休ラッシュもやってくる。
我が家を起点とする各方向へのツーリング計画はほとんど遂行済なので、
これから快適に走り続けられる季節にすべきことは、より遠くを目指す方向しかないのだ。

走行性能的には上を見ればキリがないプレトレ君とは言え、これまでの活躍を思えばコスパ的には十分過ぎるくらい素晴らしいのだが、
改善の余地は随所に残されているのも明らかなので、やはり出来ることは試してみたい。
プレトレ改造についてググると、究極的にはフレーム以外ほぼ全部付替えてる方もいらっしゃるようだが、
そこまではやらないにしても、大概の人が初期段階にやることはまず決まっている。
カゴ外しだ。
通勤や生活の足でもあるのでその有難味も十分解ってはいるが、実際の使用状況を考えれば無くてもなんとかなりそうだと思うようになってきた。
そしてそれ以上に目の前の1kg某を取り除いた後の走りがどれだけ違うかが知りたくてならなくなってきた。

そんなことを思いながら迎えた土曜日は、生憎仕事がだいぶ残ってしまったので、休日出勤止むなしという状況。
ならばこの際朝一でカゴを外して、身軽になったプレトレで23kmのチャリ出勤してやろう。

目覚しをかけなかったのに平日よりやや早い時間に目が覚め、流動食を取り身支度を6時半過ぎに終えた。
ドライバーやモンキーレンチなど道具を持って駐輪場で作業に掛かると、予想以上に簡単に外れた。
ステイは思ったより目立たないし、ステムを回す道具もないので残すとしよう。
シャフトのナットを締め付けてキャップを付ければ完了~!
戻すことも簡単にできそうなのでベランダの棚に外したカゴを収めたらさあ出発!!

置き場からチャリを引き出そうとして驚愕した。
ギギギ~
前輪が回らん~~~!
どうやらナットを締め付け過ぎたようだ。
ボディバッグからスパナを取り出して少し緩めて動かしてみる。
ギギ~
ちょっとじゃだめか?ならば更にユルめな状態で!
一応回るようにはなったが、まだ引っ掛るような感じがする。
これだけ緩めたんだから走ってるうちに馴染んで元通りになるだろう。

漕ぎ出しから押さえつけられてるような感じがしながらも、通勤路の緩い下りを進んで行った。
目の前の1kgが消えたらハンドルの取り回しは激軽に。
歩道の際の段差を前輪を持ち上げて衝撃を減らすのも相当楽になった。
しかしながらその後も摩擦感が消えなかったので駅の手前の100円ローソンで潤滑油を買って噴射してみる。
それでも滑らかになった感じはしないのに、シャフトは緩んでいるので段差があるとガタガタいう。
いつも平地なら気持ちよく回せる7足が重ったるい感じの実に不可解な状態のまま会社を目指した。

そんなこんなでも通り慣れたルートなので休憩も必要としないまま会社のそばのファミマに到着。
ここで時間を確認すると、100円ローソンを出てから1時間10分しか経っていなではないか。
自宅からあそこまで5分程度ちょっとくらいだろうから、会社までTOTALでも1時間20分かかってない。
こりゃフルチャリ通にしちゃってもいいんじゃないの??

DSCF2863.jpg
カゴを外しただけの状態

8時半から仕事に掛かり、昼はせっかくチャリがあることだし孤独のグルメにも登場した第一亭へ行こうとしたが、TVの影響だか昼の営業をやめたみたいでがっかり・・・
代わりにカレー屋でチキンカレーを食して再び仕事に戻り、3時を回ったところで打ち切った。
それはどうしても寄りたい所があったから。

帰りはコースを若干アレンジして快適さより早く着くことを重視したコースでセンター北を目指した。
最初に寄ったのはイオンのサイクルショップ。
しかしここは比較の為に寄っただけで、本命は大胆にもその斜向かいにオープンしたばかりのCBAことあさひ。
あざみ野の店では在庫切れだった黒のノーマルグリップがあったので、念願のロングタイプのバーエンドと一緒に持って店員さんに取付け出来る時間を質問する。
やはり混んでいて約3時間後の19時半頃になるとのことだが、今日中に上がるなら良しとしよう。
取付けと一緒に前輪の不具合の調整も頼むと、ベアリングの破損も有り得るなんて言われて不安になった。
更にSPORTS DEPOの自転車コーナーやノースポートモールの中をうろついて、タリーズで落ち着いていたら19時近くなったので、あさひに向かって歩きだしたところへ上がりの電話連絡が入った。
角度を調整して貰ってから、後から気付いたバックミラーを選んで一緒に会計。
会員割引が効いて、3品とバックミラーを除く工賃込でなんと3000円でおつりが来た。安っ!
前輪の調整もどうやら問題はなかったようだ。

見違える姿となった愛車の乗り心地やいかに!?
うわ~滑らか~~!!
前輪は完全に元通りな上にカゴなし効果なので加速の良さがまるで別もののよう。
そしてバーエンドがまたいい感じ~
加速する時に先端の方を握ると更に前傾の角度となるのでより滑らかに進める。
思わず感嘆の声を漏らしながら早渕川沿いを疾走!

明日は雨も降るみたいだし、こうなったらミラーも今日のうちに付けてしまいたい。
マンションの周りには十分な照明もないので、あざみ野のCandoでドライバーを買い下の丸正の横で作業開始!
先ずはブレーキとバーエンドの角度がイマイチだったのでその調整から。
そして右のグリップ内側のスマホホルダーが邪魔なので外して左のベルの隣に付替え、バックミラーを装着。
試乗してみると、アームが短く自分の身体が邪魔で後方がよく見えないので、バーエンドの先端に付替え。
これならOK!

これら新装備の効果を試したくて、そのまま帰宅せずに今まで通る気がしなかった急坂のある方へ。
ここで実感したのはバーエンドを握ることで今まで以上に踏ん張りが効くということ。
カゴなしの軽量効果とあいまって、息切れ必至と予想していた二つの急坂を難なくクリア!
10月にオープン予定のショッピングモールの様子を覗いてから、もうひと山越えて帰宅した。

マンションの駐輪場で更なる効果を思い知った。
我が家に割当てられたラックが高い方なので、前輪を持ち上げて乗せてなければならないのだが、
カゴが消えた分軽い上に、この時バーエンドを持つとめっちゃ乗せ易いではないか。
今までハンドルを持って上げる時に、つい一緒にシフトを回してしまうことがあったのもこれなら大丈夫!

たった3000円の投資でこれだけの効果があるとは・・・

翌日は娘にを車で送って行く予定と、半分雨の予報もあったが、
どうしても明るい状態でこの改造の成果を見たかったので、まだ雲が薄かった午前中に出掛けた。

いつもの五郎池の近くの森で現状のプレトレ君を撮影
DSCF2865.jpg
DSCF2866.jpg
さながらクワガタかバッファローかって感じで牡の乗り物感が出て逞しいかぎりだ。

9時半にもなりゃカワセミ君もお留守のようなので、この際CRをかっ飛ばしてみるか!
ということで鶴見川に出て一気にサイクルロードを下る。
バーエンドを握ればやや前傾になり漕ぐ足にも力がみなぎる。
バックミラーの存在も暫く忘れていたが、この細いCRでこそ視界の確認が一番し易くなる。
広角ミラーなので中心を後続方向に合わせても、自分の身体が丸ごと映る。
腿のピストン運動が見えると頑張ってる感がよく判り、更に気合も入るというものだ。
終始20~30Km/hのペースで快調過ぎて誰も追いつけないかと悦に入っていたら、CRの終点手前でロードバイクに抜かれた。
しかしそいつは、そのちょっと先のダートに続く工事中の所で引き返して行った。
ハハハ!ロードバイクじゃダートは無理ってか!?
こちとら38cだからへっちゃらよ~!と20km/h以上を保ってダートも通過し、道幅と路面状態の良い下流域へ突入し!
ここでペースが最高潮となると、別にファンじゃないが脳内にB'zの彷徨える青い弾丸がリピート。
早渕川合流地点を直角に折れてからも快調そのもので、新北川橋の赤信号まで一気に駆け抜けた。
足止めのついでにMacに寄ってソフトクリームとアイスコーヒーで口内フロート状態に。
窓際の席で愛車を眺めて満足感に浸っていると雨がパラついてきたので、再出発し自宅を目指した。

そのまま一気に家までぶっ飛ばす筈だったが、横目にこんなものが見えて思わず叫んでしまった。
DSCF2867.jpg
じぇじぇじぇじぇ~~~!

と言ったか言わないか、とにかく走りながら大声を出したことには違いない。
絶対嘘だろ~?! これまで俺の認識が間違ってたのか?? 渕じゃなかったのかよぉ!

少し進んで別の表示で間違っていなかったことを確認してから引き返してこの写真を撮影。
まさか国交省が立てた看板じゃないよな?
だとしたら文字通り超1級の大間違いだぜ!!

余計な足止めを食らった為センター北辺りから雨足が強まってきた。
あざみ野を越えた辺りで一層大粒になり、今日一番の弾丸状態で我が家に駆け込みましたとさ。

35kmの走りの平均速度は20.1Km/h
雨は余計だったが楽しかった。
早く本格的ロングツーリングに出たい!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント