FC2ブログ

改元のGW大型連休①平成最後の撮り鉄など<江の島、神奈川区>

ByUcchyT

平成から令和へ代わる年末年始のようなゴールデンウイークに突入した。


一般的には10連休なのだが、毎年5月初めに行う会社の創立記念パーティーが初日の27日に入ったため9連休になった。

いずれにせよ前もって特別に予定を立てずにその日を迎えてしまったが、28日は快晴のサイクリング日和で、翌日から天気が崩れる予報。

前夜は連休突入の解放感からつい夜更かし気味だったので早出も出来ないし、世間は民族大移動が始まって、大概の観光地は混みまくりだろうから車で移動するような場所にも行きたくない。

そんなことを考えながら、とりあえず支度してバイクに跨り走り出す。

朝食をパン屋のテラスでいただきながら再び思案するもこれといった案も浮かばず、考えがまとまらなきゃあそこへ行くしかないでしょ!

ってことでとりあえず江ノ島方面へ。


折角のGWだってのにこんな無計画か感じで走り出すとはな…

なんてちょっと卑屈っぽかったのは最初だけ。

走り慣れたいつものコースで境川沿いまで出れば、この季節に快晴なら気持ち良くない訳がない!

何もなくても兎に角ロードバイクで走り出せばそれが正解!!

そんな趣味を持っていることが単純に嬉しくなる瞬間だ。


走り出したからには何か写真ネタの土産が欲しいが、それについてもノープランだったが、サイクルロードの途中でちょっとしたアイデアが浮かんだ。

前回満開の桜のトンネルを撮影したが、それからひと月も経たない今は新緑のトンネルに代わっていたので、前回と同じアングルで全て撮り直してみよう。

WTZLE8402.jpgMSBOE6664.jpgMVWSE2480.jpgFFZME9295.jpg

前の画像をいちいち確認はせず記憶だけでやってみたが、こうして並べて見るのもなかなかいいものだ。


そして残りのサイクルロードも気持ち良く駆け抜けて、藤沢市街を抜けて江ノ電の鎌倉海岸前駅を越えた先で境川を渡るときに、西の方にあの白い山の頭が見えた。


ええっ!こんな季節にまさか…


焦り気味に海外へ出ていつものウッドデッキへ。

連休なのでいつにも増して人だらけだったが、それでもちゃんとスペースがあるのがこのデッキだ。

前回平日の無人状態でバイクと富士山の写真が撮れてるので、そんなショットは今回は必要ない。

しかし富士山自体は今回の方がクッキリとしているのではなかろうか。

CTBDE8933.jpg

ノープランでここに来たなら、ともかく音楽でも聴きながらデッキでゴロリ!

これに限る。


あ〜気持ちええ〜!


ひとしきりうとうとして起き上がり、あることを思い出した。

そうか!せっかく富士が見えてるなら写したいものがあったじゃないか!


いつも中途半端な感じで終わる江ノ電撮り鉄だが、富士山コラボはまだ経験がない。あわよくばバイクも絡ましたりして…

いやいや、さすがにこんな連休の人だかりでは無理か⁈

大人気の鎌倉高校前は当然の如くC国系の観光客だらけ

LLWCE9789.jpg

前に歴代トップのいいねを集めたここを見下ろす撮影ポイントからは富士山が見えなかったので、

移動して国道134号を走りながらコラボ出来そうな場所を探す。

一つ目に見つけたのはここ。

VZDBE7863.jpg

路肩に置いたバイクと合わせられて悪くはないが、海が殆ど見えないのが惜しい感じ。

しかし道路と線路の間に何の柵もないので、反対方向ではこんな迫力あるフルショットも撮れる。

OJHIE0615.jpg

更に先へ進むと、似たような分岐の道がさっき以上のアングルだった。

但し、絶好の撮影ポイントに先客がいたので、それより背後から狙うしかない。

ところがそこにある住宅の塀と江ノ電のガードレールとの間がすこぶる狭い。

塀に貼りつくようにしていても、車がノロノロと確認しながらでやっとこさ通り抜ける感じ。

家の入口の部分に収まれればなんとかなるが、それは許されないようだ。

住人の足の悪いらしい老女が杖をつきながら何度も現れて、色々注意していくので、塀の前はやはり駄目だと諦め、先客さんに断って狭いスペースにご一緒させて貰った。

そして江ノ電が通過する度に撮影を試みる。

LULDE4921.jpg

先客さんはいつまで粘られるのかと思ったら、なるほどのこの車両を写された直後に姿を消した。

OBET6857.jpg

う~む!やっぱり300系だと風格が断然違ってくるので、これが今回のベストとしか考えれれない。

でもようやく独占できるようになったので、バイクを置いてみよう。

QSLTE9420.jpg

まあこんな感じでイマイチだが、車もしょっちゅう通るしバイクを置いたまま粘るのは誰かしらの迷惑になりそうなので、これくらいでやめにした。

今回の江ノ電と富士山画像の代表はやはりさっきの300系の写真で決まりだろう。


朝食のパン屋でついでに買ったメンチカツサンドを稲村ガ崎公園の芝生でのんびり食べたあとは真っ直ぐ引き返しました。


空気が霞みがちのこんな春に首都圏を代表する人気リゾート地で富士山が見えて、人だらけの中貴重な写真も撮ることが出来た。

何もこんな混むのが明らかな日に江ノ島じゃなくても…という気もしてはいたが、実際自転車だし、店などに入る必要もないようにしたので渋滞や人混みが影響するようなこともなかった。 


やっぱりサイクリングって最高!


そんなことを思いながら、帰宅後近所のスーパー銭湯で汗を流した連休初日でした。


************************************************************


休暇2日目からは曇天と雨予報が続いていた。

我が連休の2日目の空は見るからにどんよりで、いつ泣き出しても不思議はない感じだったので、走りに行く気にはなれなかった。

だからと言って家に籠ってしまうと、その翌日と翌々日は雨予報なので3日間引き籠り状態になってしまう。

連休中1日は充てる予定だった映画鑑賞を本来なら映画の日でもある翌日の令和元日にするのが望ましかったが、観たかったビルエバンスのほぼ単館上映の映画は数日前に予約を試みるも満席だったので、平成最後の日30日に行くことにしていたので、もっとアクティブなことをやっておきたい。


そこで思いついたのは前日の江ノ電に引き続きとなる撮り鉄だった。

これまで撮り鉄の対象としては、房総のローカル線、江ノ電のほか近場では小田急かJRがほとんど。

割と近場で写真映えするあの私鉄をまともに撮りに行ったことってなかったなあ。

ということで、そんな赤い電車が大量に撮影出来そうな場所を地図で見つけて車で向かうことにした。


その場所は神奈川新町駅付近で、新町検車区が隣接するので短時間で沢山の車両が撮影できるだろうから、近くのコインパに停めてサクッと写して帰ってこよう。

東神奈川でJRを潜り抜けて京急の線路際を入っていくと、だんだん道が入り組んできて、駐車場が見つからないうちに新町の駅と検車区の間に出てしまった。

駅そばの駐車場は高そうだからちょっと離れようかと思ったら、すぐ横の公園の傍に何台か路駐していたので、短時間だしとその列に加わって撮影開始!

AKZAE0874.jpg

駅と並ぶ引き込み線には全て1000系ばかりだが、一番右が入浴中というのがなかなか貴重かもしれない。

踏切を挟んでこの反対側が車庫の奥側になり、こちらにも沢山の車両が並ぶ。

RFNDE7494.jpg

しかしこちらも同じ1000系がズラリ。

変化が見られたのはこの右奥に広がったエリア。

EIRZE3603.jpg

1500系に挟まれてようやく赤くない電車、都営浅草線5300系がいた!

でも期待してたのは京急のレアな青や黄色のだったのでちょっと残念。。。と思いきや、

ちょっと角度を変えたら更に奥まった一角にこんなのが見えた。

KIWKE1680.jpg

これって京急のドクターイエロー??

このアングル以外には見えず、最大の望遠でこれが限界だったが、調べてみると資材運搬用の車両で、デト11・12というらしい。

ともかく貴重な車両を撮影出来てよかった。


なんて京急撮り鉄であっち向きこっち向きしている最中に、JRが頻繁に通過するのが横目に見えて気になっていた。

すぐ先に跨線橋があったので登ってみると、京浜東北線と横浜線、東海道線に横須賀線がガンガンに入り乱れて走り抜けていった。

これらを全てとなると多すぎるが、中には特急もかなりの頻度で混じっていたので、せっかくだからそれだけでも収めて帰ろう。

そう決めてから時刻表を確認すると、12時台に4本もの特急が両方向から通過するようだ。

最初の1本まで数十分あったので、駅前のスーパーでおにぎりを買って車で食べてからベストアングルを探した。

最初に来る下りでは、ずっと先の子安駅付近がカーブしているので、めいっぱいズームを効かせてここを通過するタイミングを狙おう。


そして最初に横須賀線の下り成田エクスプレスがやって来た!

LIKAE1841.jpg

続けて直線部でも

SWYSE8676.jpg

編成が短いのでコンパクトに全貌が収まってカッコイイぞ!!


続いて同じく下り方向の東海道線に顔を出したのは、、、

UOJAE3996.jpg

旧タイプの修善寺行き踊り子号

EBSME0471.jpg

ハマ線との絡みも一発!

そして最後に上りのスーパービュー踊り子号も

WHAOE6115.jpg

ちょっとボケ気味だが、東神奈川の方へ大きくカーブして全車両が収まった。


以上で平成最後の撮り鉄は終了!!

京急とJRを短時間で撮りまくれる絶好のロケーションなので、また時々撮りに来よう。


スポンサーサイト



Share

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply