FC2ブログ

建設中から開業直後、遺構に伝統継承〈鶴見川、豊洲〜佃島〉

ByUcchyT

10月も既に後半戦。
土曜は午前中仕事で、午後ちょろっとチャリ散歩。
とりあえず鶴見川を下っていき、途中で思い立って撮影に踏み込んだのは、建設中の横浜環状北西線の青葉インター。
IMG_E2548.jpg
今までそれ程興味の対象にしなかったアンダーコンストラクションの風景。
考えてみれば、出来かけなればこその貴重な景観だ。

そして完全オフの翌日曜日も北寄りの風で好天な予報だったので、しっかり撮りたいものを収める旅を企画した。

朝4時半頃起きて車にバイクを積み出発!
目的地は遠くないし下道の方が距離が短縮も出来る。
246から環七へと流しながら車内で朝食。
もうひとつ下道でなければならぬ最大の理由である城南島から海底トンネル、そして夜明け直後のゲートブリッジを渡り、橋の袂にある若洲海浜公園駐車場へ入場。
予め24時間利用可能であることは確認済みで、入口で500円投入すればあとは自由というシステムだった。
海釣り公園でもあるので夜釣り対応も可能だし、自分のような行動パターンとしてもこれならとても利用しやすい。

ここを拠点として今回メインとする目的地は遠くないが、なるべく人の少ない早朝に撮りきりたいので、早速走り出すとしよう。
公園から通りに出て北に向かい橋を渡る。
橋の上の歩道で西向きにカメラを構えるオジサンが1人。

ん⁈何が…
わっ!

振り返ると彼方に真白な富士が綺麗に見えている。
IMG_E2589.jpg
そうか北寄りの風晴天ならこういうことか!
こりゃ都会より山を目指すべきだったか…
ともかく撮らねば!
IMG_E2588.jpg
思わぬ所で冬富士の画像をゲットし先を目指す。
そして新木場駅前を通過し、次に足を止めさせた光景はこれ!
IMG_E2587.jpg
月島倉庫の建物らしいが、外観が単調になりがちな倉庫業にあって、このようなビジュアル的な遊び心は素晴らしい。

東雲あたりを適当な裏道から抜けると早くも今回のメインが現れた。

豊洲新市場だ。
IMG_E2572.jpg
仕事でも建設に関わっていて、一度だけ現場を訪れたりもしていたが、それから問題解決の長い過程を経てようやくオープンしたばかり。
地下の汚染水だとか、施設内が築地に比べてどうだとか、ターレの大移動だので中身を取り上げられることは多いが、外観については意外に紹介されていないので、それを撮影することが今回の主目的、

ではここから左回りで見ていくとしよう。
baohさんの情報で、外周にぐるり公園というのがあることを知っていたので、そこへ出てみる。

なるほどなかなかの開放感で眺めのいい公園だ。
IMG_E2567.jpg
そして築地寄りの方から新市場を撮影!
IMG_E2568.jpg
東京湾側に移動してみた。
IMG_E2566.jpg
公園の先端はレインボーブリッジ鑑賞には絶好のポイントとなりそうだ。
IMG_E2565.jpg
これぞ撮影の特等席という感じだが、ちょっと内側に入った築山の上が実はこの公園で1番のバイク撮影スポットではなかろうか。
IMG_E2564.jpg
反転して築山越しに市場を撮って見よう。
IMG_E2563.jpg
そして東側からのショットはこんな感じ。
IMG_E2562.jpg IMG_E2561.jpg
外観の特徴と言ったら、この鋭角的に反り立った外壁が1番だろうが、
いずれにしてもインスタ映えとかいう観点では面白味に欠ける感じだ。
にも関わらず、外周にこのような広々した公園を巡らせたことは大きな魅力で、恐らく近隣の超高層マンションなどの住民を中心に都会の中の憩いの広場として人気が出ることだろう。

反時計回りにぐるり公園の終点まで走ってから上ってみると、そこはららぽーとのすぐ側。
このSCの海側に気になるポイントがあったので行ってみた。
IMG_E2560.jpg
船舶用クレーンが何故ここにと思っていたが、今回見て、ここが石川島播磨の造船所の跡地で、その遺構としてこのドッグの一部が残されたと知った。

更に水辺を進むと全く知らなかった別の遺構を発見!
IMG_E2559.jpg
IMG_E2557.jpg
鉄道橋と表示があったこの橋は、国鉄時代に港湾局用に使われていた路線の晴海橋梁とのこと。
今まですぐ隣の新しい橋を何度も車で行き来しているのに、この存在にすら気づかなかった。
 IMG_E2558.jpg
この隣の橋を渡ると晴海地区。
埠頭の公園にはかつて一度訪れているが、そのときは徒歩だったので再訪してみよう。
先端に向かうと、当時けっこう空いていた土地のみならずそこここに似たような建物を建設している最中だった。
どうやらここら一帯が五輪の選手村になるようだ。
突き当りの公園が始まっていた所の森も切り崩されて工事現場となっている。
埠頭は残っている筈だよね⁈とそちらへ回ると、
IMG_E2595.jpg
ちゃんとあるどころか、豪華客船が入港していた。
船体がデカ過ぎて頭の方が見えないので回ってみると、
すぐ脇は工事中でも公園の名物であるあの噴水は残っていて、
IMG_2851.jpg
その広場の脇に新しいビルでも建ったかのようにコスタネオロマンチカの船首がそびえ立っていた。
IMG_E2593.jpg
豊洲市場へ戻ればこの船の全景が撮れるだろうけど、さすがに後戻りはする気がせず、勝どきの超高層下の711イートインで軽く補給することに。
そしてその後定番の勝どき橋を渡って本土へ。
IMG_E2596.jpg
移転後の築地がどんなか確認に行くと、市場は当然こんな感じのアンダーディストラクション。
IMG_2850.jpg
場外は遜色なく、まだ朝なのに卵焼きパクつく人や海鮮丼とかに群がる人で賑わっていた。

そう言えば本願寺の写真も撮ったことないかもと行ってみたら、こちらも人だらけで、致命的な逆光でもあったので、傍からこの1枚だけ撮って去ることに。
IMG_E2597.jpg
そしてもうひとつだけ気になっていた場所が帰り道方向に。
明石町から渡る橋の袂から潜り抜けると、微妙にタイムスリップ感のある街並みになり、その中に時代を飛び抜けて今尚光続ける建物に目を奪われた。
IMG_E2556.jpg
佃煮屋の元祖とも言われる天安さん。
江戸時代から守られた店構えは色褪せることなく、藍染の幕の脇から垣間見えるガラス戸の中に女将さんらしきが品出しか何かされている様子に、冷やかしはもとより、バイクを不躾に寄せた写真さえ憚られたので、こんな感じになりました。

残念ながら他に同じように営業している店もなかったので、元島の船着場だった跡地の公園へ向かうと、渡る橋がこんな感じでした。
IMG_E2573.jpg IMG_E2574.jpg
佃煮屋さんとは違って江戸の風合いをちょいとまぶした程度の建造物を交えた今風の公園でしたが、都心のオアシスとして地域住民に愛される空間がそこにはありました。

島に残る昔の面影の中を軽く流したあとは、もう画像もいっぱい溜まったことだし帰るとしよう!

まだまだ午前中で時間もあるので、先に地図を見たイメージだけで適当に走ってみたらこんな人道橋があり…
IMG_E2849.jpg
渡った先は辰巳駅。
尚も適当に走ったら、なんとなく海から離れた気がしたので確認してから軌道修正。
ようやく見慣れた新木場駅に戻り、この先店も少なくなるのでゆで太郎に入って早めのランチタイムとした。

あとは車に戻るだけだが、何度も来ていながらこのコンテンドでは初めてなので、海浜公園をひと通り回っていくことに。
IMG_E2553.jpg
天気がいいとこの場所が眩しくてなかなか絵になる。

更にサイクリングコースを走り抜け、お決まりの大好きなあの橋も…

おおっつつ!!!!

スタート時にこの側で写真を撮ったのだから当たり前と言えば当たり前だが、まさか姿を現わすと橋の真下になるとは想像も出来なかった。
IMG_E2552.jpg
今回僅かな時間でかなりの撮れ高だったが、最後の最期にこんなレアなお宝画像が待っていたとは…

やはり生まれ変わり続ける東京は絵になるものばかりで、そこへ絶好の快晴が重なると予期せぬお宝も加わるのだ。

また時々こうして再発見の旅を続けなければとあらためて思った50kmほどのポタリングでした。



スポンサーサイト



Share

Comments 2

There are no comments yet.

baoh  

明るい豊洲ぐるり公園も良いですね~
自走で気軽に行ける距離なら朝、昼、夕方、深夜と楽しめるのになぁ・・と思ってます。
特に真冬、空気澄んでいる時の夕方~夜にかけてが最高の予感がします。
眺めの良さそうな豊洲大橋も開通した事ですし、また近々行こうと思ってます。

2018/11/21 (Wed) 11:56 | EDIT | REPLY |   

UcchyT  

Re: タイトルなし

baohさんコメント感謝です。

> 明るい豊洲ぐるり公園も良いですね~

カメラのスペック上暗いのが苦手なので昼専門ですが、ホントは夜景もっと頑張りたいです。

> 自走で気軽に行ける距離なら朝、昼、夕方、深夜と楽しめるのになぁ・・と思ってます。

最近昔みたいに何処でも自走出来なくなりました。
春に深夜の246が怖かったので、以来深夜の幹線道路は無理です。

> 特に真冬、空気澄んでいる時の夕方~夜にかけてが最高の予感がします。
> 眺めの良さそうな豊洲大橋も開通した事ですし、また近々行こうと思ってます。

やはり都会は絵になる景色が凝縮している上に、これからまだまだ色々出来てくるのでいろいろ見所も増えそうですね!
みんなの都合がなかなか合いませんが、突破ものでも一度都会で集いたいです。

2018/11/21 (Wed) 20:37 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply