FC2ブログ

秋の近ポタたち

ByUcchyT

10月になり天候は不安で気温差もありながらも走り易い気候になりまた。
なのに公私共に細々予期せぬ展開が多く、まとまって休める感じがない。
合間にチャンスを見つけてとりあえず出発!みたいな展開が多かったので、未開の地や遠くへは行けず、前半のライドは近場のサイクルロードを走るのが殆どでした。

そんなことで写真中心にザクッとご紹介を!

三連休の土曜は遅い出発でとりあえずの江ノ島へ。
安定の境川をとにかく気持ちよく下り、先を急ぐでもないのでサイクリスト憩いの場、鷺舞橋でひと休み。
せっかくなので普段誰も写真を撮らないアングルで橋を撮ってみよう。
IMG_E2464.jpg
斜張橋の倒れ具合が特徴のこの橋。
真横から撮れば倒れっぷりがよく伝わるか⁈
IMG_E2463.jpg
と思いきや、倒れ方が斜めになってるようで、普通の位置から見ても傾き加減が大差なかったり…

そして江ノ島と言えば、缶コーラ買ってお決まりのここへ。
IMG_E2462.jpg
人多いし逆光だけど、却っていつもと違う感じにはなった。

いつものようにデッキで音楽聴いてボケ〜っとしてると、ウエストポーチの中の会社携帯が鳴った。
オフモードでは対峙したくない相手なので無視することにしたが、この中断で続けてここにいる気が失せたので、考えもなくバイクに跨った。
鎌倉か逗子でも行くか⁈
う〜む、
そうだ!今迄バイクで行ったことのない灯台へ行こう。

かつて堤防釣りで訪れたりしたが、バイクでどう入れるのか判らない。
突き当りの駐車場から堤防を見渡すと、灯台と反対方向にスロープが見えた。
こんなあっさり登れるとは知らなかった。
そしてそのまま灯台まで簡単に出られた。
IMG_E2460.jpg
広々ウッドデッキがあって、周りで釣りが出来る灯台なんてなかなか見れない贅沢な風景だと思う。

堤防の上を灯台と反対に行ってみた突き当りはこんな感じ。
IMG_E2461.jpg
いつも鵠沼側から見ているのが表だとしたら、これが江ノ島の裏側ってことだ。
取り立てて特徴のある風景ではないが、磯とテトラ、そして大海原が広がる景色と、表とは大違いで人気のなさが逆にいい。
所々にベンチもあるので、これからとりあえず江ノ島で独りで海を眺めたい時はこっちを目指すことにしよう!

何処よりも多く訪れてる江ノ島で新たな自分の場所を見つけられたので、なんとなく満足感もあり、このあとは海沿いのココスでランチを食べ、あとは真っ直ぐ帰って近所の風呂でのんびりしましたとさ。

€€€€€€€€€€€€€€€€€€€€€€€€€€€€€€€€€€€€

3連休の中日は親の関係で潰れ、最終日は夕方にどうしてもちょこっと会社へ行く用事が出来てしまった。
その前の時間がもったいないので、とりあえず最近まともに走っていない多摩サイへ向かった。
久々に登戸からのアプローチで、あとの仕事のことを考えて、帰りに山越えとならないよう右岸を下流側へ向かった。

多摩サイ右岸のこの辺りは久しぶりだが、やはりすぐに現れるここに寄らねば。
IMG_E2478.jpg
二ヶ領せせらぎ館はサイクリストの大事な立ち寄り場所。
去年ここで写した画像が、曇天のせいで淡い色調の独特なタッチになり、モネあたりの印象派の風景画っぽい仕上がりになった。
その日以来なのだから違う感じの画像にしたかったのに、生憎天気はその日と同じような曇天。
それでも差別化を図るために、アングルをちょっと工夫してみた。
IMG_E2475.jpg
非常に伝わりにくい仕上がりだが、この二ヶ領宿河原堰の向こうに小田急線と、更に向こうの多摩水道橋まで引寄せて収めようという試み。
どうせならカッコいいロマンスカーをと何十分も待ってトライしたが、結局狙い通りに上手く写らず、普通車両がダブルで向かい合うようなこの一枚が採用となった。

その後はそのまま右岸をただ下って行っただけだが、以前と変わったところがいくつかあった。
IMG_E2476.jpg
このように途中で極端に道幅が広がっているところがあるのだ。
やったー!いいぞ‼︎なんて思うとすぐ終わるのだが、この幅がずっと続いてくれたら荒川みたいで良くなるだろう。

多摩サイの目的地は多摩川交流センター。

河川敷のゴルフ場のクラブハウスを兼ねた休憩所で、自販機のほかにちょこっと飲食物を扱う店もある。
なかなかサイクルロード上にこういう施設はないので、こういう時のひと休みには有り難い施設だ。

その後は、ここから下へ降りて鹿島田〜新川崎を経て南加瀬辺りから鶴見川へ。
鶴サイをどんどん登って最終目的地はご近所の寺家ふるさと村。
いつでも来れる場所なのに何故かと言うと、ここでちょっとしたアートフェスが行われいることをインスタのフォロワーさん情報で知ったから。

さらりとひと通り回ってみたところ、ここがメインのギャラリーということらしい。

屋外に展示された作品とバイクのコラボ写真が目的だったが、金属オブジェのこの作品だと絵的に映えないし…

やはりインスタ映え的にもこの作品よりインパクトのあるものはないようだ。
IMG_E2480.jpg
情報源となったフォロワーさん以外にも先にバイクコラボ写真を上げた人がいたので、恐らく見る人がほぼ被って新鮮味がないだろうと思い、インスタには上げないことにした。

そしてここでそろそろ出勤のお時間となり、この日の多摩サイと鶴サイを巡る50kmほどのポタリングは終了となりました。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

さらに翌週末は土曜にライブ鑑賞があった為、日曜のみがサイクリングチャンスとなったが、この日も前日から天気が優れず、朝方まで降っていたため出発は9時頃と遅くなった。

全くプランが決まらぬままとりあえず朝マックしながら考えを決めて向かったのは、前週と同じ登戸からの多摩サイ。
勿論今回は逆方向として、相当久しぶりに多摩水道橋から左岸を上って行った。
目的地を近めに設定したので、とりあえずサイクルロードをのんびり気ままに走ればいいってな感じだったので、これまで何度も通過しながら気にも止めなかった所に気が付いて舗装の切れる河川敷まで降りてみた。
IMG_E2505.jpg
いつも取水口であることを意識せずに上を通り過ぎていた橋を表から見るとこうだったのか!
身近な所にも見方を変えれば絵になるものがまだまだありそうだ。

そして多摩サイをのんびり上り、久々にこの橋を渡った。
IMG_E2506.jpg
四谷橋で右岸へ出たら浅川CRをひたすら。
IMG_E2507.jpg
なんか多いな。
この罪のないサギ集団!

それにしても全線通り抜けるのもいつ以来だろうか。

八王子市街あたりでゼッケンを付けたランナー達が走って来て折返していた。
こんな所で何かの大会でも⁈
選手以外を締め出しているようでもないし一般道に迂回もしたくないので、注意しながら走り抜けることにしたが、南浅川に入ってもランナーが絶えず、陵南公園に入ってもまだコース内のようで、結局ゴールらしきが現れたのはCRの終点のすぐ手前。
しかもさっきから時たまポツポツ降っていた雨がそのあたりで本降りになったので、高尾街道の高架下で少し雨宿り。

ちょっと降りが弱まったので、再び走り出して町田街道へ突入。
高尾からこの道を行くのもプレトレ時代以来かもしれない。
城山湖付近で街道から外れたが、そこから城山湖へ行くには激坂の雨降り林道になるので、そこは避けて暫く迂回し、穴川という交差点を右折していく未踏ルートで湖を目指す。
人家のある谷戸の風景が段々狭まって林間になろうかというところでゲートに阻まれた。

台風の爪痕が直されていないようだ。
やむなく引返したらもう城山湖へ登る気が失せたが、少し進むと小松というところでコスモスまつりをやっていた。
まつりの内容は興味ないが、せっかくなので群生している所で撮影してみた。
IMG_E2508.jpg
この近くにうどん屋があるらしく、看板がちょくちょく立っていたので、それに従って行ってみると、かなり奥まったところにお店があった。
平屋の店舗の横に広い原っぱがあるなかなかのロケーション。
店内にはけっこうお客も入っていた。

なんとなくメインは天ぷら盛り合わせに釜揚げうどんのようだったが、うどんと言えばかけ派なのと、季節限定らしい近所の農家提供のごぼうのかき揚げというのが気になっていたので、かき揚げうどんをこのごぼ天でとお願いしたら、それならかけうどんとごぼ天ですねと言われて出てきたのがコレ!
IMG_E2504.jpg
わっ!ごぼ天でかっ!!

想像以上のものが出てきたのでこれには大いに満足。
つゆの出汁もいい具合でうどんのコシもいい感じ。
これはわざわざこれを目的に来てもいいだろう。

すっかり満たされていよいよ本日お目当ての場所へ向かう。
小倉橋に到着すると、さっきまでの曇天が嘘のように晴れていた。
IMG_E2509.jpg
今まで通りすがりに1枚って感じの場所だったが、なかなか他にないような新旧の橋のシンクロと、水辺と周りの景観を色んな角度から味わいたいというのが今回の主旨。
IMG_E2511.jpg
下を潜りキャンプ場の脇道を登る途中に、橋に関する説明が書かれた展望台があった。

なんでも元々は渡し船で行き来していたこの川の最初の橋がなのだそうだ。
この場所からだと新しい橋抜きで歴史のある小倉橋を堪能出来る。
IMG_E2510.jpg
来る前は目的地としてはちょっと半端かなとも思っていたが、いやいやこれなら十分来た甲斐があるというものだ。

うどん屋さんにも写真や案内が置かれていたが、夏の夜にライトアップされたり灯篭流しのイベントもあるらしいので、一度是非見に来たい。

そんなことを思いながら適当に帰宅方向へ進み、多少迷走しながら鶴見川経由で戻りました。

西日の差す時間に寺家の柿畑の写真を撮影。
IMG_E2516.jpg
IMG_E2517.jpg
IMG_E2515.jpg IMG_E2514.jpg
なんか横目に真っ赤に光る物体が飛び込んできたので、そいつともツーショット!
IMG_E2518.jpg
何やらゴテゴテ付いていて赤いからポンプ車にも見えそうだが、消防管轄ではない民間の重機のようだ。

あとでインスタで問いかけたら、ある方かま狭所用のレッカーだと教えて下さった。

多摩サイから浅川CR、そして相模川の橋を見て鶴見川から戻るという川沿いメインの60kmほどのポタリングだったが、予想以上に楽しめたコースでした。
スポンサーサイト
Share

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply