FC2ブログ

ロングライド復活へ!<三浦半島>

ByUcchyT

ロングライドとは何キロ以上のことを言うのだろう。
冷静に考えれば100km超えれば十分にそう呼んで良いと思われるが、以前ガチなサイクリストのブログでは150km以上をそう定義していた。
それを覗いていいた3年ほど前の夏を振り返ると、毎週末早朝に出発し、午前中にひと山越えて午後もうひと山が当たり前で、1日150km超は当たり前。
FBの3年前には「3週連続200km、標高1000m超え!」なんて今や自分とは思えないような
ことを呟いていた。

それからちょっとした環境の変化で乗る時間が極端に減ってからは、ひたすら右肩下がりの傾向へ。
そこへとどめの一撃を赤い車から喰らい、もはやスタートライン以前にまで引き戻された。

そんな不幸があっても再び乗れるだけ儲けもの。
そのくらいの心持ちで、速さだ高さだ激坂だなんていうガツガツした走りとは無縁なフォトジェニック主体なサイクリングを復活以来続けてきた。
でも一方で、あの頃みたいにタフに走れるようになりたいという気持ちもあったので、ヤビツや和田峠にもトライし、復活の兆しは見えてきた。

そこまで戻ったとは言っても、1日の走行距離はせいぜい110km程度。
それは前みたいにどんな場所でもどんな道でも自走で行くのが当たり前とまでは戻れない足枷となる恐怖心が克服できないからもある。
だが、リハビリとしての通院を打ち切った今こそもう一歩踏み込むべきだろう。
先ずは150km超のロングライドを為し遂げよう!

8月最初の週末は、このところずっと懸案だったプロジェクトが土曜日からいよいよ稼働となったため、久々に完全休日出勤の構えで望んだ。
通常現場は8時~17時だが、正午から23時という変則シフトだったので午前様を覚悟していたが、順調に始まったかに見えた作業がある不具合の発覚により頓挫。
結局ことの検証を待つ必要があるため中断し、帰宅したら時間は普段とほぼ同じ。
スッキリしない気分で日曜を迎えることになったが、月曜が始まるまで出来ることがあるわけでもないので、日曜はただ忘れてリフレッシュするしかない。
そんな流れで急遽この日曜にそれを決行することにした。

そうと決まれば行き先の算段。
基準は勿論風向き。
真夏の常の南風が午前中は弱めで、昼頃から強まる予報。
これが意味するのは「朝早く南に向かい、昼前から折り返せ」
南ですぐ思いつく江ノ島方面はネタに詰まればしょっちゅう行ってるから、そうなると神奈川の南の最果てまで行くしかない。

朝4時過ぎに起きて食事を済ませてから出発!
六角橋〜青木橋〜桜木町といつも通りに来て、ちょっとだけ新鮮な横浜市大病院の横の道を抜け中村橋へ。
ここを通ると、最初に三浦イチに行った時にパンクして修理したのを思い出す。

あとは16号線に出てしばらくまっすぐ行くだけだが、磯子〜杉田〜富岡と進んだあたりでコンビニ休憩するのがお決まりのパターンだが、ちょうど30kmを過ぎたあたりで足が最高潮になるとかつては思っていたので、もう少し行ってからにしよう。
金沢文庫〜八景と通過し、次は追浜。
思い出してみると富岡の先で左側にコンビニがあったのは追浜の商店街の並びみたいのしか浮かばない。
もっと寄り易いとこないかな〜
のままトンネル銀座に突入してしまった。

ここまでの16号は道幅に余裕があるのでそう怖くないが、事故のトラウマも残る中、1番心配だったのはこの立て続けに出てくるトンネル群だ。
せめて直前で休んで体力的に余裕をもって臨みたかった。
とにかくトンネル内に入る時は車の切れ間に!
を心掛けて6〜7本を潜り抜けた右側にある田浦のファミマへピットイン。
車の運転でも2時間続けるとカーナビが休みましょうと言うが、ちょうどそのタイミングだ。

暑さ対策グッズ購入などを済ませ再出発。
馬堀で海岸線に出て観音崎から浦賀はカモメ団地へは回らず直接抜ける。
折返し地点への到着時間を考えると、ここらで軽く補給が必要かと考え、久里浜港のローソンで浜風を浴びながら蒸しパンをはひとつ。

野比海岸〜津久井浜〜三浦海岸と続く海岸線は東海岸の山場となる快適クルージングエリアだが、そこそこの向い風により滑るように走ってくれずいつもの快適感がない。
そうは言いながらも、サマーリゾート真っ只中な感じの海岸を横目で見たり、駐車場待ちの車の行列をすり抜けたりする景色の変化はが目を楽しませてくれる。

その先の海岸線から離れるあたりからいよいよ起伏が多くなるエリア。
最初の剱崎へ登る海岸段丘が実はルート上最も斜度が高いことを経験で知っていたが、そこへ差し掛かった瞬間脚が攣りそうな感じになり脚負荷がかけられなくなつた。
全体の獲得標高は大したことなくても往路の最後に絞られていつも結構消耗するからと、ここまで飛ばし過ぎないよう心掛けてきた筈なのに…
三浦半島周回ルートで速度が5km/h近くまで落ちるのは初めてなので、これにはつくづく自分の体力の低下を痛感した。

景観共々変化に富んだ大好きなエリアのクライマックスである宮川公園前の坂もまともに越せるか危ぶまれたが、予想とは違い10km/h程度をキープしたまま上がりきれた。
恐らく安定した勾配と路面の良さのお陰だろう。

てっぺんの宮川公園で休むには日差しがきつ過ぎるし、その先の必ず撮影する宮川湾を渡る橋の上も、撮り尽くした感あるのでスルー。
なにしろ今回は完走が主目的だからと、前半はほとんどカメラを出さずに目的地の城ヶ島まで渡った。

往路のゴールはやっぱりいつものここ。
IMG_E1839.jpg 
この断崖越しに見る青い海と空の解放感は唯一無二。
そしてこの写真を撮影している場所は京急ホテルの食堂の前で、午前中は日陰になるため、心地よい海風を浴びながらコーラを飲るのが至福のひととき。

ああ今日も神奈川の北の果てから南の果てまで走ってきたな〜!

何度来ても薄れることのない多幸感に包まれ、あとは何か食べて南風に乗って帰るだけ。
海鮮ならサイクリストに人気のしぶき亭ほか城ヶ島内で何軒か寄ってきたが、どうも今は何故か海鮮を食べたい感じがしない。
とりあえず橋を渡って何か今の腹に合った店に入ろう。

橋へ上がるループの坂を登りに差し掛かり少し進んだところから脚に異変が!
えっ! 攣る??
さっきは足を緩めて乗り越えたが、今度は同じようにしても治らない。
ま、まじか...
たまらず止まってアキレス腱を伸ばす運動。

ちょっと待って跨がって漕いでみるとなんとか大丈夫だった。
往路70km程度だが、やはり今の身体には堪えているようだ。
ともかくちゃんとしたランチ休憩を取るしかない。
県道26号に出てすぐ見えてきたのはガストだったのでとりあえず入ってしまおう。

シートに腰掛けメニューを眺めるが、なかなかこれというものがない。
どうやら消耗して食欲も感じられなくなっているようだ。
ここは流し込み易そうなオムライスにしよう。
ゆるゆると口に運びながらSNSをチェックしたり、少しうとうとしたり...
やはりこういう休憩はファミレスだからこそ。

小一時間たっぷり休めたと思ったのでお昼頃ようやく腰を上げた。
ウェストコーストの134号は下り主体だし、追い風もあり順調に進んで行く。
定番スポットの立石も富士山見えないだろうからパス!
しかしその先の海岸線を走りながら見えてきた海の色が綺麗なグラデーションだったので、いつも止まらない場所で停まって撮影を!
IMG_E1840.jpg IMG_E1841.jpg
長者ヶ崎の手前の海岸線がこんなに素敵な景観だったとは初めて知った。

そしてこの先はリゾート真っ盛りな地帯が続く。
葉山は道幅が狭く人と車が混んですり抜けるのが大変と判っていながらついつい通ってしまう。
メインの人混みを抜けきったところにある711が見えて、暑さも最高潮なので身体を冷したくなった。
ここはアイスでもいただくとしよう。
選んだのはこれまで殆ど食したことのないクーリッシュのソーダ味。
これが予想外に美味しかった。
というより、味は爽やかで喉ごしが良い上に、この手のアイスだからこその利点を発見!
ジェル状に溶け始めた容器を顔や首などに当てると形がフィットして冷感シップ以上の冷却感。
耐熱性のある容器なのだろうから、冷たすぎることがなくてちょうどいい。
そして中身もかき氷状なので、そのまま腹の中へ流し込むと身体の芯から冷えてくる。
これならナントカ牧場でちょっとお高いジェラートだソフトだなんてのよりお得でずっと冷却効果も高い。

素晴らしい発見に気をよくして残りのルートを走る気力も上がる。
派手な海の家が並び、音楽がうるさい逗子海岸は、暑苦しいだけで爽やかさのかけらもない。
なんて思いながらをすり抜けたカーブの先から、そんなビーチの雰囲気を捉えた1枚を!
IMG_E1842.jpg 
そして由比ヶ浜~稲村ヶ崎~七里ヶ浜といずれも絶好調にリゾート客満載なエリアを抜け、腰越から江ノ電に沿ってようやく海岸線を離れる。
藤沢橋の先から境川CRまで出れば、もうほとんど先の心配はなくなる。
途中鷺舞橋でトイレ休憩し、あとは瀬谷の海軍道路も越えて環状4号へ。
16号手前のイートインのある711で再び同じようにクーリッシュタイムをとって無事帰宅。

途中で脚にくるハプニングもあり、衰えを感じつつもやはり充実感がある170kmほどのロングライドでした。



スポンサーサイト
Share

Comments 4

There are no comments yet.

tc2319  

初コメです

instagramとこのブログいつもこっそり拝見させていただいてます
写真と文章が上手ですね(^^)初めまして
同じように数年前とは明らかに体力低下を痛感する年頃
さらに事故で骨折を期して春は8週間のギプス固定で自転車はおあずけ(T_T)
ってところも似たもの同士だなと勝手に思っておりました
今回書かれてるように半島一周の往路は出来るだけ体力温存したいですよね
なので私の場合少しでもアップダウンと信号を回避するため磯子〜杉田〜富岡〜金沢文庫〜金沢八景は
距離は若干かさみますが湾岸線下のR357と裏道を使って京急田浦のR16に合流してます
相変わらずトンネル銀座は怖いですよね〜恐怖でしかない
R134の海岸線はこの時期渋滞とサンタンオイルと醤油を焦がすニオイが・・(-_-)
辻堂か茅ヶ崎あたりで復路開始なんですが遊行寺の坂と権太坂で削られまくって
いつもフラフラで川崎にたどりついてます
いつかご一緒させていただければなと思っております

2018/08/25 (Sat) 14:25 | EDIT | REPLY |   

UcchyT  

初コメありがとうございます!

tc2319さんはじめまして!

こんな過疎ブログにコメントを下さり本当にありがとうございます。
またInstagram共々フォローして下さっているとは重ね重ね感謝しかありません。

どちらも単なる自己満足の備忘録みたいなものですが、お褒めいただき大変恐縮です。
インスタのフォロワーさんをひととおりチェックしてみましたが、残念ながら同じお名前の方はお見つけられませんでした。

近場にお住まいで、同じような所を回られているようなので、インスタでフォローさせて戴ければ、バイクの特徴を覚えてお見掛けしたら声をかけさせて頂いたりも出来るのではと思います。

逆にご覧のような赤白黒のGIANTのおっさんをもし何処かで見掛けられましたら、是非お気軽にお声かけください。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。 

2018/08/25 (Sat) 23:59 | EDIT | REPLY |   

tc2319  

No title

今日も暑いですね😵
コンビニでガリガリ君🏪休憩中です

>残念ながら同じお名前の方はお見つけられませんでし
えー!インスタは相互フォローしてますよー(°_°)

2018/08/26 (Sun) 06:34 | EDIT | REPLY |   

UcchyT  

Re: No title

いやいや大変失礼致しました!

ちゃんと見つかりましたよ~!
バリバリの高級エアロロードではないですかー!!
かっこいいディープリムも決まってますね~♪
こちらのショボいエンデュラスロードと違い、見掛けたらすぐ判りそうですが、
まず追いつけなさそうな気がします。
😵💦

2018/08/26 (Sun) 16:36 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply