FC2ブログ

港三昧<平塚港ポタリング>

ByUcchyT

200画像ゲットの翌日の祝日も好天だった。
勿論走らねば勿体無いが、前日に久々の100km超え+クライミングで十分走っているので軽めで済ませたい。
とは言っても近所では面白くないので車を利用するのが良かろう。
但し3連休最終日なのでメジャーな場所では渋滞に巻き込まれる。
夜更かしして出発も遅れるとなると益々行き場所は難しくなる。

そんなこんなでとりあえず向かうことにしたのは、キューブ号納車直後のお盆休みの頭に車載のテストで出掛けたものの、終始雨降りでバイクを降ろせず仕舞いだった湘南方面。
とりあえずプレトレ時代に寄ったことのある茅ヶ崎の山側にある公園の駐車場を目指して行ってみる。

相変わらず激しい裏道構成で責めてくるGoogleナビに導かれ、1時間少々で到着するも、予想と外れて駐車場がすべて有料だったのでスルーした。

さて、完全にあてが外れて代替え案もない。
とりあえずそのままの流れで適当に進んでどうにか無料の駐車場を発見し停めることが出来た。
DSCF6080.jpg 
詳細は明かさないがこんな場所の近くが本日のライドの出発地点となった。

この並木道を南下して相模川沿いに近づこうとした途中でこんな場所を発見!

IMG_9101.jpg 
「おいおい、それってあのショーワのアイドル達で問題になった鉄道営業法で罰せられるヤツじゃないの??」

「心配しないで下さい!ちゃんと穿いてますよ!!」
じゃなくて、「ちゃんと廃線なので大丈夫ですよ~!」

調べによるとこの線路は昭和59年まで存在した相模線の一部で「西寒川支線」という寒川駅から分岐して僅か1.5kmの西寒川駅までの区間を往復するだけの路線だったらしい。
廃線というのも探せばいろいろな所にあって探求テーマとして面白そうだが、こんなにキレイに残っていて簡単に入れる所も珍しいのでは....

今日のルートは地味になりそうだから写真ネタとして心配だったが、早々にひとネタ確保出来て良かった。
と、このあとの展開を予想も出来ずにこのときはそう思っていた。

そしてここからすぐ近くの相模川沿いに出て、左岸に沿ってしばらく南下し、自走で平塚方面を目指す場合などに最短ルートとして相模川越えで必ず通る湘南銀河大橋の上に土手から回りこんだ。

嬉しいことに車で駐車場を探す間もチラチラ見え隠れしていた富士山が、まだどうにか雲間から少し顔を出してくれていたので、橋とバイクと合わせた画像のベストアングルを求めて試行錯誤。
時折少しだけ車の通行が途切れるタイミングと、歩道の通行人が消えるタイミングなども見計らって何枚か写した中から厳選したのがこの画像。
DSCF6101.jpg 
冬場ならここからかなりしっかりとした富士山も撮れるが、こうやってうっすら小さめにシルエットのように映る姿もなかなか良い。
とりあえずさっきのとこれがあればインスタネタとしてはOKだと言える。

この橋を渡りきってすぐの道を左折して海の方向へと進む。
県道でもない工業地帯のその道は、車道部分は片側1車線だが左右の歩道それぞれにセンターラインが引かれ、そこそこの幅もある海軍道路と同じような造りだった。
DSCF6151.jpg 
歩道部分には表示こそないが、横断歩道になると右側に自転車マークが書かれている。
ほぼ一直線で歩行者が極めて少なく大変走り易い道だが、度々舗装状態が宜しくないのがちょっと惜しい。
でも車ビュンビュンの国道129よりはよっぽどマシだ。

国道1号に突き当たり、一旦右折してから東海道線を潜れる道へ左折し海へ向かう。
競輪場を越えると左に平塚港の案内があったので行ってみると、ちょっとした港町の雰囲気がある場所に出た。
建物の間から港らしきが見えたので出てみると。
IMG_8928.jpg IMG_8929.jpg 
こんな周りを囲われた港に出た。

平塚港というと相模川の河口の海側にある大きな新港のイメージしかなかったが、新があれば当然旧も存在する訳で、別名須賀港とも呼ばれるこちらも現役で活躍してるとのらしい。

囲いの上をたまに自転車が通るのが見えたので、一旦外に出て登り口を探すがなかなか見つからない。
結局右手の相模川の堤防に上ったら、上の道がそのまま港の周りをコの字に迂回するという珍しい作りになっていた。
IMG_8930.jpg 
キレイにペイントされた高い塀に囲われた独特の閉塞感が逆にいい感じで、のんびり竿を出すには良さそうだが、堤防釣りのメインターゲットが回遊魚なので、こんな川の途中にある港ではちょっと期待できなさそうなのが残念だ。

写真右手の囲いの上から川へ出ると、すぐに河原へ降りられるようになっていた。
IMG_8902.jpg 
前方の橋が湘南大橋で、その先に伸びている突堤の向こう側は相模湾。
あの橋の上はたびたび通過しているが、こんな景色は初めて見た。

土手の上を皿に進んでこの橋を潜ると、少し見覚えのある新港の名物とも言える釣船屋が現れた。
DSCF6132.jpg 
三郎の方はよく車にステッカーが貼ってあるので有名だが、治郎って兄さんか?!

更に進むと土手の道は行き止まりとなり平塚新港が現れた。
DSCF6131.jpg 
漠然と目指した場所はここだったが、意外な景色がこのフェンスと反対側にあるのに気づいた。
IMG_8893.jpg 
お~これは凄い!
左にくっきり江ノ島が見えるのは普通なことだが、その右手の先に烏帽子岩があるぞ!!
関東圏外の人でも初期サザンの有名過ぎるヒット曲で必ずや聞き覚えのあるだろう相模湾の名勝二つが、こんな1枚の画像に収まってしまう場所なんて恐らくここぐらいなのでは...

思わぬ景観の拾い物にすっかり気を良くし、もう今日はこのまま帰ってもいいくらいな気分だったので、釣り船屋の裏手へフラフラと迷い混んでメシ処を物色。
すると国道134号の近くにけっこうな行列が。
なるほど、これは前にプレトレ会で来たときランチタイムの候補のひとつだった平塚漁港の食堂ってヤツだな。
時間に余裕はあるがこれに並ぶのはちょっとな..
するとすぐ先の角にこんなお店が。
DSCF6128.jpg 
生しらすなんて書いてあるが、そんな季節だったっけ?!
入ってみると、定番の生しらす丼やほかの刺身定食などもあったが、どうせならこれにしてみよう!
DSCF6129.jpg 
しらす三昧定食。
さすがにメインが小物の集団だけに絵面の迫力こそないが、
普通に大好きな釜揚げに、山椒の効いた佃煮が激ウマ~!
2種だけでもお代わり出来そうなくらいメシが進む進むー!
そこをなんとか抑えて貴重な生シラスもしっかり味わいました。

そして本日の目玉の江ノ島+烏帽子岩画像をInstagramに上げて身も心も大満足で店を出て再び土手の上へ。
目の前の橋の上が気になったのでちょっくら登って撮影をば。
IMG_8901.jpg 
いつも海側を通るときは景色が気になるが、帰りに山側を通るときはスルーしがち。
だが実はこちらの景観が意外に素晴らしかった。
青い空と青い川に挟まれた緑のゴルフ場に赤い橋と新湘南バイパスの白いアーチが良いアクセント。
そして直線的な欄干と外灯の連続感が織り成すなかなか絵的な風景だ。

再度土手に戻りさっきチラッとだけ登ってみた須賀港の囲いにもなっている上の道をそのままぐるりと走り抜ける。
ここまででどれだけ絵になる風景があったことか。
このままずっと相模川右岸の土手を走り続けて帰れれば最高なのだが、それが少なくとも国道1号の先では寸断されることは知っている。
とりあえずこの区間で行けるとこまで行ってみよう。

どうやら次に現れた橋の前が行き止まりだったようだ。
先へ進むには引き返すしかないところだが、そこに並ぶいくつかの三脚を見てここまで来た理由が出来てしまった。
側の手摺にバイクを立て掛けてカメラを出そうとしているところへ早速鉄橋を渡る轟音が...
DSCF6141.jpg 
こんな風に偶然に撮り鉄もできるなんて今日はどこまで運がいいのか。
別のが来るのも待ってみようか。
すると全く想像もしないものが意表を突いて現れた。

うへ~!なんだアレっ!!
ヒヨドリくらいのサイズだけどどうやら違う感じだぞ。

IMG_8949.jpg 
後の調べで以前ナイトライド帰りの湯河原のコンビニでもたまたま見掛けて写してはいたイソヒヨドリの雌ってだけでも十分珍しいが、
それが並んでいた三脚の中の無人だったひとつに乗ってるなんてどうにも珍し過ぎる!

「ほれっ撮れるもんなら撮ってみろ!」
なんて言っているようにしか見えない絶妙な首の角度だ。

そんなところへまた轟音が近づいてきた。
おっこれはコラボ写真のチャンス!
しかしどこに照準を合わせたもんだか...
IMG_8950.jpg 
結果的にどっちつかずで虻蜂取らずな写真になってしまった。
恐らく正解は「イソヒヨさんにピントを合わせて通過する電車のスピード感を出す」
だったに違いない。

そうこうしていると三度轟音が。
DSCF6147.jpg 
EF66だ。

更に間も無く再び轟音が近づくと...
IMG_8958.jpg 
出ました真打ちスーパービュー踊り子号。
ちなみにこれが251系で、昨日藤野で撮ったのが215系。
どちらも2階建ての特急っていうところにもちょっとした運命みたいなものを感じてしまう。

そんなこんなで、ごく短時間のうちにフルメンバーに近い鉄橋撮り鉄が出来たばかりか、狙ってもそうそうあり得ない珍し過ぎる撮り鳥まで成し遂げてしまいましたとさ。

このあと少し引き返して土手を降り、裏道から東海道線の細い踏み切りを渡り、来たときと同じようにゴージャスな歩道から湘南銀河大橋へ出て車へ戻り小一時間のドライブで帰宅!

結局インスタへは、湘南大橋の上、上流側からの湘南大橋、平塚漁港(須賀港)の束、湘南銀河大橋、イソヒヨドリ束、踊り子号の順でひとつづつおよそ1週間に渡りアップ。

中で最もいいねを集めたのはイチオシの烏帽子岩ではなく、意外にも上流側から湘南大橋で、
それまで半年に渡り王座に君臨していた稲村ヶ崎付近の「海へ続く街角」と名付けた画像(現状139いいね)を軽く飛び越えて168を獲得!
続いて踊り子、銀河、ヒヨドリ、須賀港、湘南大橋上と来て最後が江ノ島+烏帽子岩という予想外の順位になったが、これら全てが110を越えているというのは実に嬉しいことだ。

なんの期待もせず気まぐれで行った観光地と呼ぶには地味過ぎる平塚界隈だったが、好天に恵まれたこともあって、予想を遥かに超えた充実感のポタリングだった。


スポンサーサイト
Share

Comments 2

There are no comments yet.

フルカワヒロミ  

うらやましいです!

西日本の最果てで単身赴任中の私は,ここのところ単身赴任先にいる間,ずっと台風の影響を受けていて,1か月以上,乗れていません。完全に鉄分不足(クロモリなもんで。)です。昨日も雨のため,ネカフェでマンガを読んで過ごしていました。
プレトレ関係できっちりブログを更新されているUcchyTさんのブログを見るたびに青空に嫉妬しつつ,日本ってやっぱり広いなぁと思っているフルカワでした。
とはいね,秋装備で走れないうちに冬装備になってしまうのではないかと戦々恐々としています。
冬になる前にパナモリで山に走りに行きたいなぁ・・・

2017/10/30 (Mon) 22:44 | EDIT | REPLY |   

UcchyT  

Re: うらやましいです!

フルカワさんお久しゅうございます。
過疎ブログへコメントありがとうございます。

> 西日本の最果てで単身赴任中の私は,ここのところ単身赴任先にいる間,ずっと台風の影響を受けていて,1か月以上,乗れていません。

1か月以上となると相当なストレスかとお察し致します。

> プレトレ関係できっちりブログを更新されているUcchyTさんのブログを見るたびに青空に嫉妬しつつ,

物忘れが酷くなる前に楽しい記録を残したいという単なる親父の絵日記ですが、お陰様でなんとか続いております。
でも全くきっちりということはなく、実はこの記事も今となっては珍しく関東の週末にもお天道様があった10月9日のものです。
こちらもそれ以来3週連続雨か台風で、その間一度だけ夜中に近所を回った程度なのです。

> とはいね,秋装備で走れないうちに冬装備になってしまうのではないかと戦々恐々としています。
> 冬になる前にパナモリで山に走りに行きたいなぁ・・・

おっしゃるとおりです。
今年は1番走り易い季節を根こそぎ切り取られて、次に乗れるときには冬支度も必要でしょうね。
前記事にも書きましたが、こんな調子ではただでさえ体力が衰退の一途なのに拍車が掛かるばかりですが、なんとか山を楽しめるくらいの体力は維持したいもんですよね!

2017/10/31 (Tue) 09:04 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply