10月 « 2017年11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 12月

チャーリーズ房総ポタ<久里浜~金谷~南房総>

2017年 06月21日 21:09 (水)

大学時代の音楽サークルのOBを基に毎年バンド合宿を目的として集まる仲間たちの中での自転車布教活動により現状5人ほどをチャリ部員として勝手に認識しているが、その中のN氏は去年購入に立ち会ってロードバイク所有となり、今年の3月に同様に購入に立ち会ったI氏が新たにクロスからロードへ昇格。
この30数年来の同期でもある二人と自分を含めた3人にいつの間にかチャーリーズというおっさんには似つかわしくないSNSチャット上のグループ名が付けられていた。

このチャーリーズの第一回イベントだった三浦半島ライドは、ブログにも載せたとおりNの落とし物というハプニングにより途中リタイヤとなり、第二回のお寺のジャズライブ鑑賞&湘南サイクリングという企画は雨によって只のライブ鑑賞のみとなってしまった。
つまりチャーリーズ企画は常に企画倒れになる宿命というレッテルを貼るとするなら、まさにこの第三回企画が失敗したときだろう。


3人の予定がなかなか折り合わずかなり前から予定を織り込んでいた6月第一土曜日の一週前の予報によると雨の確率が大きかったが、今回は日が近づくにつれ降水確率が減り、晴れマークの比率が徐々に多くを占めるようになり、最終的に15~20度程度で風もほぼなく湿度も低めの快晴というこれ以上望むべくもない絶好のサイクリング日和にまで化けた。

今回は房総を走ろうという主旨だが、ロードにまだ乗り慣れないI氏が走行距離を50km程度までにという実に不甲斐ない要求をしてきたので、N氏が提案した館山集合で南房を一周するプランぐらいしかコースの組みようもなかったので、二人は現地まで車載すると言ったが、当然走り足りない私は極力自走するプランにした。

前夜は仕事のあと夜10時過ぎまで都内でバンドのリハがあったので、終えて速攻帰宅しても日付が変わる寸前。
すぐさま備品の準備とバイクをメンテして内緒で玄関に入れ、入浴して床に就いたのは0時半過ぎだが、なかなか寝付けないままじっとしていたら3時半の目覚ましに起こされたので、いくらかは睡眠できたようだ。

4時少し前に出発し、通常バイクでは避ける港北NTの目抜通りをかっ飛ばして新横方面へ。
ショートカットの農地が広がる丘の上で夜が明けた。
DSCF4867.jpg 
六角橋~関内そして16号線でどんどん南下。
軽く追い風のようで調子よく足は回る。
普段ならひと休みする富岡あたりのコンビニもスルーし、金沢区から横須賀のトンネル銀座も一気に通過。
ヴェルニー公園も横目で通過し、いつもなら左へ折れる海岸通には行かずに16号をそのまま進み134号で久里浜へ。
港まで52km以上なのでいろんな事態に備え3時間かかるものと想定して睡眠時間を削って早出したが、ノンストップで調子よく来たら2時間半もかからずに目的地が見えてきた。
もう少し早ければ始発のフェリーにも間に合わすことが出来ただろうが、そこを目指すのは流石に無理があった。
海岸線に突き当たったときがその始発船がまさに出港する瞬間だったので、慌ててブレーキをかけて路側にある砂にスリップしかけながらバイクを停めて、貴重なバイク越しの東京湾フェリーの写真を何度も角度や立ち位置を変えて撮影。
IMG_7868.jpg 
フェリーがより近く見えるように対向斜線の歩道まで離れて写していたら、前をお揃いジャージのローディー軍団が横切った。
撮り終えてすぐに戻ってその隊列を追っていき、追い付いたところの交差点から乗り場らしきが見えたので左折して向かうと、その軍団もひとつ先の道から曲がってフェーリー乗り場へやって来た。
皆身軽な装備だったので、三崎へでもトレーニングに行くかと思いきや同じ渡航を目論んでいたらしい。
自転車では初めての渡航なので勝手も判らないまま、バイク自転車と書かれた看板の所の手摺に先にいたロードの隣に結束して切符を買いに行って戻ると、軍団がそれに続いて並んでいたので、どうやらここが乗船待機の場所で、よく考えもせずに並んだがしっかり自転車の2台目のポジションを正しくキープできていたようだ。
DSCF4877.jpg 
缶コーヒー1本飲んで数十分ほど待つと、係のおじさんによって誘導が始まった。車を入れて暫くすほるまで手前で一時待機し、自転車は2階へと方針が決まっていよいよ船内へ。
さてどんな状態で固定されるか…
答えは予想をはるかに超えた簡単な仕組みだった。
DSCF4879.jpg 
なんと、太めにクッションが巻かれた手摺にハンドルを掛けるだけ!
これなら非常に簡単な上に揺れへの対応も問題ない。
ドロップハンドル以外はどうなるか気になるが、今回はそのサンプルがいないようだ。
どうやらロードバイクで渡航がここでは当たり前のことのようだ。
そして船は出港する。
DSCF4881.jpg 
東京湾フェリー自体は20年ほど前に一度家族を伴い乗っているので、船室や航路については改めて感心することもないので、1番後ろの席に座りさっきSNSに上げた写真へのコメントにレスなどしていると、あっと言う間に房総半島が近づいてきた。
DSCF4885.jpg 
航海時間はかなり正確にダイヤ通りのようなので、出航40分後の8時ちょうど上陸に合わせてバイクに戻った。

乗船と同じ順でスロープへ通され、下る途中から漕ぎ出してバイクでは1番に上陸し、そのまま真っ直ぐ館山へ向かって走り出す。
ここから集合場所までは約25キロなので、9時に着くにはままんま25km/hの平均時速で走らねばらならいのでアップダウンなどあればかなりキビしい。
海岸沿いの内房なぎさラインの景色も楽しむ余裕はなさそうだ。
とはいいながら早速こんな景観が現れれば放ってはおけない。

夏場は神奈川からでもまともに見えることは稀だというのに、東京湾、三浦半島そして相模湾越しの富士山がこんなに綺麗に映るなんて…
IMG_7908.jpg 
思わぬ収穫で少しの足止めがあったが、この間に追い越して行ったローディーが皆無だったということは反対方向なのだろうか。
そう言えばインスタの写真に誰かから「湾イチですか?」と質問が来たが、それなのかも知れない。
プレトレ時代にはそんなこともやってみたいと思ったこともあったが、最近はちっとも思わない。
市原から浦安にかけての湾岸道路なんて自転車で走るのは苦痛しかないだろう。
もし今から湾イチをどうしてもというのなら、綿密な裏ルートをしっかり繋いでからでないと無理だ。

今はそんな記録やハードルへのチャレンジには全く興味がなく、いかに景色や雰囲気を楽しんで走れるか。
さしあたっては、早く仲間と合流して南房の海岸線でグループライドするという目的のために館山へ向けて急ぐだけ。
さほどのアップダウンもなさそうだしあとは一気に走りきるだけだったが、金谷から保田、鋸南町と街場を抜けた頃まずいことに気づいてしまった。

そういや出発前に食べて以来、飲み物しか入れてない!

3時半に起きてすぐ食べてから既に5時間が過ぎようとしてるではないか。
これはきっとハンガーノック寸前に違いない!
次のコンビニで必ず補給しなきゃ!!
ところがそんな時に限ってなかなか現れなかったり。

父の会社の保養所があったか何かで人生初の海水浴をした可能性の強い岩井海岸や富津など見慣れた地名の沿道にはコンビニのコの字もなく、集合場所目前の館山市内になってようやく現れた711でサンドウィッチを詰め込み、更に走って9時を10分ほど回って北条海岸へ到着!

7時20分のフェリーに乗れるのが各自になった瞬間に、車載組の2人に「余裕こいてないで早めに出ろや!」とメッセージを送っておいたにも関わらず、ご丁寧にそれぞれ数分づつ遅れて到着したのには思わず小言が出てしまったが、ともあれ無事3台揃って久々に走り出すことが出来た。

唯一山寄りな感じに見えた千倉までの内房線沿いの道も実際は大した上りなどなく、あっさり海岸線に出て最初に立ち寄ったのは道の駅ちくら。

この時点では空模様はイマイチだったが、解放感いっぱいの海辺の公園で南房の太平洋の風を浴びてテンションアップした一行は初の試みである持参したBluetoothスピーカーによるBGM付きで更に先端を目指す。
磯の断崖がいい感じだったので、最初の集合写真を!
DSCF4895.jpg 
そしてほどなく野島崎灯台が見えてきた。
DSCF4902.jpg 
バイクを降り料金を払って灯台の100段以上の階段を登る。
これが房総最南端の景色だ!
DSCF4903.jpg DSCF4904.jpg
DSCF4905.jpg
さて最果ての岬を見た後は飯を何処で戴くか。
ここで大手旅行会社の管理職であるI氏だからこその情報収集能力なのか、何故か灯台の切符売り場のおばちゃんに和食と洋食のお勧めは何処⁈と質問をぶつけた答えのうち、少々迷いつつも洋食の方をチョイスした。
DSCF4911.jpg 
こんなリゾートとマンションの中のフランス料理店だったので、当然自転車受け入れの設備もなく、こんなジャージ姿でドレスコードに引っかかりはしないかと若干疑心暗鬼気味に入店したが、心配するまでもなく受け入れられた。

ランチメニューは僅かな選択肢で、いずれも1野口を超えるチャリダー基準ではかなり贅沢な部類な中でも無難そうなさんが焼きトマトソースパスタを選んでしまったが、スープや前菜からクオリティが極めて高く、食べ放題のパンをメインの前に結構頂いた上での絶妙な茹で加減のトマトベースの美味しいパスタで、贅沢な味覚の楽しみと同時にサイクリングに欠かせない炭水化物の補給もしっかり出来た。
DSCF4914.jpg 
サイクリストの来店は珍しいようで、来る店員がそれぞれに自転車について質問を投げかけてきたりしたのも楽しいひと時の演出となり、3人ともここでの食事には大満足だった。

そしてここから折返しの南房ビーチクルーズが再開する。
野島崎灯台までは曇り勝ちだった空もすっかり晴れ、リゾート気分も最高潮。
南端の海岸線には沢山の磯が現れたが、ここはとりわけ断層と浸食による造形が素晴らしかったので、急遽記念撮影大会が勃発!
DSCF4917.jpg 
東尋坊とまでは言わないまでも、越前海岸さながらの風景だった。

少し進むと砂浜地帯になり、サイクルロードが設けられているのに気づいて入ってみると…
IMG_7879.jpg 
すぐに湘南のそれとは比較にならない砂に覆われ、というか完全に埋没した砂地となり、3人共バイクを担ぎシクロクロス状態でどうにか脱出。
その後は素直に国道410号をジョージベンソンのブリージンに乗って快走。
蘇鉄やシュロがそこそこに現れ南国気分に拍車がかかる。

次に立ち寄ったのはもうひとつのランドマーク洲崎灯台。
公道にバイクを停め階段を登ると突端の高台に解放感のある展望広場があった。
DSCF4927.jpg 
灯台自体は野島崎より小型で中には入れないが、三浦半島や伊豆七島が見渡せる素晴らしいロケーション。
剣先や城ヶ島の灯台の位置など三浦半島とイメージが近いが、
三浦半島の根元に住むI氏は、三浦より房総の方が明るいとしきりに感心。
あちらはあちらで大好きな自分的には、たまたま今天気がいいからそんな感じがしてるのではとも思ったが、南房全域にわたり車や人が三浦のそれとは比較にならないくらい少なく、サイクリングが快適そのものだったことを考えると、完全にこちらの方が楽園というしかないだろう。
DSCF4934.jpg 
そんな灯台に別れを告げて再開した残り僅かのビーチクルーズは、2つの灯台を巡ったことから岬めぐりのリクエストがあり、youtubeで再生しながら3人でシンガロング♪
次のリクエストを検索しきれないうちにいつの間にか北条海岸まで戻っていた。

ここまで全く消耗する区間もなく、フェリー乗り場までと下船後の自走も体力的には問題なく、出来るならそうしたいところだったが、この日は夕飯担当だったので最悪出来合いを買って誤魔化すにしても19時迄帰宅はもはや無理な時間だ。

ということでここからはI氏の車に同乗することにし、途中の道の駅でお土産を買い、16時台のフェリーに車ごと乗り込んだ。
DSCF4935.jpg 
帰りの船では行きには上がる間も無かった甲板に出て、海風と離れ行く房総半島の景色を惜しみながら久里浜港へ接岸。
港北IC付近のコンビニで落として貰い無事帰宅しましたとさ。

梅雨入り前のカラッとした快晴の中、気心知れた仲間と新鮮な景色満載の南房を船旅も交えてポタリング出来たこのライドは、これまでのどのライドにも増して楽しい思い出として記憶に残りそうだ。






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント