07月 « 2017年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

夏合宿in山中湖2013

2013年 07月16日 21:10 (火)

このブログではこれまでほぼチャリの話題しか書いてませんが、チャリ歴はまだたったの3ヶ月ちょっとに対し、
バンド活動歴はもう35年くらいになるのです。
今では細々ではありますが、ちゃんと続けてるので、たまにはその話題も。

さて、夏合宿なんつうと青春な感じですが、おっさんおばさんの集まりです。
大学の音楽サークルOB達が2000年に世代を越えて大集結した時に、現役時代に何より楽しかったのは夏合宿だったけどまたやってみる⁈
みたいな感じで翌年より始まって以来早13年目!
まあよく続いているもんだが、今や皆年に一度これがやりたいが為に頑張ってるくらいに重要なイベントなのです。

最初の頃はやる曲だけ決めて現地合わせって感じだったのが、
最近では直前までに何度もスタジオに集まってリハをした上で乗り込むのが当たり前。
ここ暫く自分のバンドとK氏と現役時代からやってたバンドの二つに絞ってましたが、
今回は後輩のプログレコピーバンドのメンバーが1人来れないからと頼まれたので、けっこう事前の準備も大変で、
更に仕事の方も締切業務のピークに当たったため、前夜もギリギリまで残業だったので、荷物の準備しか出来なかった。

当日は同行者が朝9時に羽田到着だったので8時前に出発!
ほぼジャストに空港入りの筈が、パーキングが満車でロビーまで迎えに行けずに、逆に来てもらって無事合流。
富士山世界遺産登録が決まっての山開き後初の週末ということで、朝からTVは富士山特集一色だった。
横浜町田から東名に乗ると大和トンネルまで渋滞。
その後は流れたが、御殿場インターで渋滞とあったので、いつも通り大井松田で下道へ。
国道も山北町あたりで少し混んだが、明神峠のルートは相変わらずガラガラ。
但し今回やたらと自転車乗りが多かったのは、時間帯のせいもあったのだろうか。
同じようなスタイルのロードバイカーが峠の登りで悪戦苦闘し、時には大きく蛇行したりして危険だった。
登った分下りは楽しかろうが、こんな峠越えとかしたいとはまだとても思えない。

一方車は渋滞さえなければ快適そのもので、あっという間に頂上を越えて眼下に世界遺産の霊峰と山中湖の2ショットが現れた。
DSCF1733.jpg
毎年山中湖を訪れるようになって、しばらくはは一般的な御殿場から須走を通るルートだったが、
5~6年前から渋滞回避でここを通るようになって以来、この景色のために行きはこっちしかあり得なくなった。
天候次第ではちゃんと見えないこともあるだろうが、今日はバッチリで雲の笠まで掛っている。

時刻はまだ11時半くらいなので、恐らく他の仲間より早かろうとFacebookにここまで来たぞー!の写真をUP
すると音楽系の集まりであると知らせていない会社の同僚から、まさかチャリじゃないよねとコメントが。
確かにいつかはこの景色にマイチャリの勇姿が写り込むようになれたら素晴しいだろな。

宿のチェックインは14時でまだ2時間以上あるので、ここからそう遠くない忍野八海へ行くことにした。
過去2~3度は訪れているが、イマイチ全体像がつかめていない場所だが、ナビをそば屋に合わせて進んだ。
駐車場は混んではいたが待たずに入れられて、先ずは名水で打った蕎麦をいただいた。
IMG_1716.jpg
場の雰囲気込みで楽しむべきもので、味に関しては特筆するほどではないが、蕎麦湯まで堪能したので満足!

八海の中のいくつかが集まった一番メインの所はそこのすぐ裏だった。
ちょうど前の週のNHK特集で、富士山の水についてやっていたので、あの霊峰に染み入った水が幾何かの歳月を経てこうして湧き出ているのか、と一層の感慨をもってめでることができた。
DSCF1756.jpg
DSCF1758.jpg
色とりどりの魚は当然錦鯉と思いきや、よく見ると全部鱒なのにびっくり!
こんな水色のなんて初めてだ。
DSCF1753.jpg
見慣れたカルガモも水がいいと元気が違うように見える。
DSCF1763.jpg
おみやげに湧水をペットボトルに入れてお土産も出来て小一時間のほどよい観光が終了し、宿へと向かいました。

チェックインで寝床を確保しホールに機材をセットすると、ほとんどくつろぐ間もなくリハがスタート。
3バンド続けて終わる頃にはパーティーの準備が始まり6時半頃にいよいよ乾杯~♪

最初の出番はいきなり2番目に横田の宮殿!
IMG_1623.jpg
ハートオブザサンライズのイントロに続きラウンドアバウトでこの合宿では暫く振りのリードヴォーカル
喉の調子が危ぶまれたが、出番も早かったのでどうにか歌いきれそうか・・と油断してたら
大事な中間部のメロトロンの音色を切り替え忘れて台無し
オルガンソロで気を取り直してから最後の歌まではけっこういい感じだっただけにあの一点が悔やまれる。

次の出番は中休みを挟んでちょっとしてからRudies
IMG_1711.jpg
今回K氏は気合で4曲の新曲を用意し、事前に都内のスタジオで3回のリハを実施。
アレンジにはいろいろ意見を出して、回を追う毎に楽曲の完成度も上がっていった。
ピアノがメインの2曲目ポルセリンムーンもかなりカッコよく仕上がったんではないでしょうか。

最後の出番はケツから3番目くらいで日付が回る時間となった私のバンドNizans
IMG_1764.jpg
久々過ぎるオリジナル曲となるテーマで始まり、今回は切れ間なくつないで演奏時間が長めなのを誤魔化す戦法!
しかし2曲目ラウンドミッドナイトへオルガンのイントロで繋ぐコードを見失ってあららら・・
やっぱりバラードで場の熱気が冷めたようになるのはいたしかたなしって感じで、
続く歌謡曲2曲は愛かしら恋かしらで2管がダンサーに変わったところで持ち直し、
最後にタテノリインストで無事終了!

コンデジで動画撮影をすべく、3脚まで借りたにも関わらず、毎回モードを変えて挑んでもすぐに切れていて
結局ひとつも使えるバンド動画は残せませんでした。

予定のバンド全ての演奏が終わってようやく中締めになったのが1時45分頃。
機材の片づけをしていたら2部のジャムが始まったので適当に加わり、
途中でドラマーが抜けたので久々に叩いてみたら、そのまま延々と思いつくままの往年のロック大会となる。
ビートルズは知らない曲はほぼないが叩き甲斐ないし、だからってパープルとかってオヤジにはキツ過ぎ、
なんて感じでもう限界と自ら音を上げて打ち切った頃には3時を回っていました。

部屋に帰ると皆さん昔話で大盛り上がりの真っ最中!
シャワーを浴びてからしばらく座に加わって暫し談笑。
人数が引けだした4時半頃床に就くが、まだ数名話が止まらないので「外でやって」とお帰り願う。
こちらは朝練が控えているのだ。

3時間ほどで目覚めると外は快晴!
起き掛けに冷やしておいた忍野八海の湧水をゴクリ!!
やはり高原の朝の気持ちよさは格別だ。
コンビニまで車を飛ばして朝飯を買う。

コンビニ裏からの眺めでさえこんなだもんな・・
IMG_1726.jpg
腹ごしらえが済むと、荷物を全て車に積み込んでからスタジオ入り。
今回で3度目となる朝練は、オルガンではなく生ピアノを使ったアコースティックセット
これに関しては事前のリハなしで臨むので、軽くコードをさらってくる程度のぶつけ本番。
やりながら構成を決めていって、形ができて大体2~3回でOKテイクが残せれば次へ。
2曲目からドラマーが加わったので演奏が引き締まってかなりいい感じ。
中でも気に入ってるのはこのテイク

アントニオの歌

予定の3曲を終えても若干時間があったので、去年夜にやった真夜中のボサノバを加えたところでちょうど時間に。

皆さん最後のお楽しみ昼のカレーをお代りまでして、記念撮影して今年も無事終了!

事前の観光に2部のジャムまで楽しんで、今年はちょっとやりすぎに近かったかも。
次回は荷物を全部宅配してチャリで乗り込むか・・・

やっぱそりゃ無理でしょ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント