04月 « 2017年05月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 06月

1年超振り!都内フォトセッション

2017年 03月04日 07:22 (土)

W花見の先週末より3日後の水曜の朝のこと。
目覚めた瞬間喉の痛みとダルさで風邪だと自覚。
重い身体を引き摺って外回り中心の仕事が続き、その夜には悪寒も走ったので発熱も。
市販の薬と得意のビタミンC多量摂取、熱い風呂に長めにと早い就寝を心がけ翌日、翌々日も多忙に動き回ったが、金曜日の途中で身体が軽くなったのに気づいた。
多少咳などあるが、上記の作戦が良かったのか日頃自転車で培った体力によってか、ほぼ直ったような気がしたのは実際にはちょっと甘かった。
前回正月にも同じような展開でそのまま気管支炎へと移行し、更に1週間以上咳痰に悩まされたが、休日出勤の土曜にやはり同様の症状へ。
激務のストレス解消のためにも好天予報の日曜はライドに行きたいが、体力的にはほぼ問題なくても呼吸器疾患では山登りは不可能だ。
年明けからなんだかんだ軽めのコースばかりチョイスしてきたので、もうネタもなかなか浮かばない。
起伏なく行ける方向で最近ないのは都心方面ぐらいしかないので、写真ネタ稼ぎでもしにいくしかあるまい。

遅い出発の上飯抜きで出たので鷺沼McdでBFをいただき、野川台経由で中原街道へ。
実は今日都心を抜けるのは避けるべき日だったのは承知していた。
東京マラソンが15号線の品川付近で折り返して丸の内ゴールというのも調べてあった。
賢明な措置として山手通りあたりから15号を越え海岸通りの方へ行くべきなのも判ってはいながら、信号のつながり良く五反田で横切ってしまった勢いでそのまま八ッ山橋の方へ向かっていまった。
せっかくのビッグイベントだからとりあえずぶち当たってどんな様子か見てから迂回すりゃいいだろう。
品川駅前まで来たら、係員がこの先は自転車は押して歩くしかできませんと言う。
海側へ抜ける場所までまだまだだったので、高輪側へ登って聖坂へ抜け勤め先の近所を通って田町駅西口に出たはいいが国道の向こうへ渡るには地下道くらいしか策がないので、そのまま日比谷通りの歩道を沿道の応援を横目に北上してみた。
増上寺の先に東京タワーの隠れスポットがあるのでちょこっと撮ってみようか....
IMG_7094.jpg 
するとすぐ横にこんな所があるのを発見。
DSCF3482.jpg 
千体地蔵尊というらしい。

これ以上沿道でノロノロしていたら時間の無駄なので、御成門付近の狭い歩道橋を担いで渡ることにした。
橋上で止まることは出来ないので押し歩きながらマラソンの様子をパチリ!
DSCF3487.jpg 
昭和通りから晴海通りへ折れ、築地~勝どき、そして問題の地豊洲へと渡る。
普通なら湾岸通りを右折のところをりんかい線の向こうまでそのまま渡ってみたら、線路際の遥か先まで突き抜けてビッグサイトの通りまで出てしまった。
やっちまったと思ったら代わりに貴重な景色を見つけることができた。
DSCF3492.jpg 
ゲートブリッヂを真横から見られる場所なんて、きっとここ以外にはないだろう。
よく見る斜め目線だと重なりあう橋梁の鉄骨たちがジオメトリックな迫力だが、真横のデザインはこれほどシンプルなのだと改めて気づかされる。
画像としては非力だとしても素晴らしい!

コンビニでおにぎりを買って若洲海浜公園へ昼頃ようやく着いた。
そのままCRを奥まで突き抜けて目当てのゲートブリッヂの足元へ。
4度めとなるこの場所へ今回また来た理由はこんな画像を撮りたかったから。
DSCF3510.jpg 
そう、個人的に最近流行りの遠近法崩壊画像。
1番デッカい感じなのはこれでしたが、この場所でのベストショットとしてインスタに上げたのはこちら。
IMG_7096.jpg 
自転車進入禁止なこの橋の上を走ってみたいという想いをバイクのアングルで表現できてるように思えたので。
しかし上の画像と並べると色調のなどをいぢりまくりなのがバレバレですね。
f800exrのお任せモードそのままが上ですが、実際それが肉眼で見えている景観に近いかと言えばそうではなく、どうしても陰になって消える色やボヤける輪郭など足りない部分が出て来ます。
それをより実際のイメージに近づける作業として、iPhoneの写真アプリにある編集機能を使っています。
もっといいカメラやレンズを使ったり、本格的な編集やエフェクトをパソコンで行えば、きっとインスタの猛者のような売り物になりそうな画像にも出来るのでしょうが、今のところこのいつでも携帯可能で、出先ですぐ編集アップが可能なこの機材を出来る限り活用していこうと思ってます。

さて、このショットがここでのベストということには異論はないとしても、橋梁マニアというのが存在するなら、1番萌えるアングルはここではない筈です。
念の為釣り公園となっている橋の向こう側で撮ってもみましたが、ゲートブリッジの造形の素晴らしさが最高に表れるのは、このほぼ真下の位置であることに気付いたのが今回の発見でした。
DSCF3529.jpg 
この軌道の織り成す曲線と橋梁の直線的ジオメトリックな造形は例えるならさながらメカゴジラとでも言えそうな生命感のある迫力だ。
この橋をこうして間近に見ることでいつも走って来たらことの達成感を得られている。

但し今回はせっかく都会に出るからには遠近法崩壊画像をいくつか残したいという思いもあったので、来た道を戻り河口方面へ出られる散歩道を行く途中でもトライしてみた。
IMG_7095.jpg 
ただ単に対岸の葛西臨海公園の観覧車とバイクを撮っただけの画像ですが、一応道を挟んだ崖に少し降りた所が離れる限界だったので、パッと見観覧車の巨大化の効果が感じられません。
しかし、あとから画像を見直してあることに気付いたことで、この画像は真っ先にインスタに上げることとなり、さっきのゲートブリッジを含むこの日上げた4枚の中では最多のいいねを戴けました。(そもそもどれも少ないですが…)

あることとは、観覧車のサイズがちょうどバイクの700cと同じくらいになっていたこと。
更に全体に赤っぽい感じとスポークのような形状まで似たように映っていたので、my spare wheelとコメントしてUPしちゃいました。

そしてこの場所から右岸を少し上ったところにある隠れ撮り鉄スポットも久々なのでちょっとばかり。
DSCF3559.jpg 
有楽町線、千代田線、東武に西武と相互乗り入れによる混在っぷりがお見事!

このあと荒川の右岸に沿って更に上っていきたかったところだが、湾岸通りの先から道が途絶えていたので、明治通りまで出て北上して錦糸町へ。
駅の北側の繁華街からちょこっと入ったこの場所が今回第2の目的地。
DSCF3562.jpg 
このスカイツリーから錦糸町まで一直線の細い路地は、ちょっと前に仕事の用事で歩いていて偶然発見した。
こんな風に足元付近から見えるスカイツリーが町並みのど真ん中にひしめくように生えている景観はかなり珍しいのでは。

この通りで例の遠近法崩壊画像を狙っていろいろ試みたがなかなか効果的なえにならない。
恐らくこれだけ高さのあるものを引っ張り出すには、この場所は近すぎたのではないだろうか。
てっぺんまで入る画像にしようとするからそういうことになるので、ここは敢えてツリー全体にこだわらなければどうだろう。
DSCF3567.jpg 
見切れてなんだか判らないながらも、なんだかけっこう迫力ある絵面かも。

逆に頭だけをフューチャーするならこんなコラボなんかよくありそう。
DSCF3600.jpg 
頭上の梅の木の枝にズームすることで展望室がいくらか引き寄せられたという画像。

とまあ色々トライしながら、結局納得いくような画期的な構図は得られず、最終的には極オーソドックスにバイクがツリーに向け一直線な感じが表れたこの一枚がインスタ行きとなった。
IMG_7097.jpg 
今からそこ行くでー!
って感じがなかなかだったので、これに呼応する形で実際に辿り着いたの図であるこれもUP
IMG_7098.jpg 
Just   arrived !
そうコメントしたこの画像同様この大きな空の木の下を本日のゴールとし、川辺でセブンのチーズバーガー食べたあとバイクをパッキングし、押上から輪行で帰りました。
最も身近な田園都市線での輪行はこれが初めてだったけど、いつもの郊外からと違って混雑する都心部ばかりを通る輪行は、近所迷惑な感じもあってちょっとしっくり来なかった。

以上、走行距離64.6km のポタリングの1日でした。 

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント