06月 « 2017年07月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 08月

梅見&桜見<曽我梅林~松田山ハーブガーデン>

2017年 02月25日 16:46 (土)

今年に入ってからなんやかや細々走りに行けてるのは、週末に好天が続いているお陰だろう。
土曜出勤とかがあると殊更翌日は乗って気分をリフレッシュせずにはおれなくなるが、この日曜も申し分ない晴天の予報が立ったので、これはそれなりの景色のご馳走を戴かねばと思いを巡らせ、今の季節だからこそという観点から二つのポイントが浮かんだ。
いずれも輪行利用ならすぐの場所だが、それでは自転車の楽しみがなさすぎるので早出して往路は自走を大いに楽しんでいくことにしよう。

朝5時頃出発し、成瀬~東林間~相武台前~厚木という西方面定番の自走ルートを夜明けを迎えながら爽やかに進む。
ちょっとうんざりもする座間近辺の県道51号でも快調に足が回ったように思われたのは追い風のせいだろうか。
ところが相模川を越える時に時間を確認すると、絶好調だった頃に自宅からこの厚木や高田橋などどこから渡っても相模川までちょうど1時間という認識からすると完全に遅れているのはやはり退化しているということだろうか。

厚木市内を抜けて小田厚沿いに出て今度こそうんざり気味になる直線をひたすら進んでいると、右手に有り難い霊峰のお姿が現れたので、見通しの良さそうな場所で小田厚の下を潜って撮影!
DSCF3331.jpg 
これだけ雲もなく晴れ渡っていれば、これから目的とする場所でもしっかり姿を現していてくれることだろう。
いつもこのルートだと定番の平塚PAはスルーして裏道から金目川を渡り県道63号に出ると、すぐにイートイン可能なファミマがあったのでここで恩田町以来の補給をとる。

仕切り直して国道1号へ抜けてGoogleナビを作動して従いながら二宮で右に折れ、暫く進んで左折すると、前に通った分りやすいルートではない初めての道だった。
なかなかの上り坂と新鮮な里山とプチクライムな景色を楽しんでいたら、交差点にあった普通見掛けないようなタテ目なグレーチングに前輪が嵌まりかけてヒヤッとした。
ちょっとリチオン2の赤い塗装が剥げた程度で済んでほっとしながら見覚えのある峠道に出ると、すぐにトンネルが現れ田島峠に到着。
DSCF3337.jpg 
以前も撮ったのと同じアングルで撮影してからトンネルを抜け、同じように右に分岐するとここでも迫力ある霊峰が前方に鎮座していたのでカメラを構える。
DSCF3338.jpg 
そしてすぐ先に現れるこの案内板の上り坂へ。
DSCF3346.jpg 
この坂けっこうキツかったような気がしたけど前回登れてるしな....
っておいおい!こりゃいきなり斜度20%くらいありそうだしなかなか終わらないぞ!
瞬間衝撃度とその持続感は百草園や子の権現にも匹敵するのでは...
ともあれ無事乗りきって見晴台到着!DSCF3350.jpg
相変わらず路地裏の児童公園的な風情とさっきの路上に勝てない中途半端な景観。
本当なら2度目に来るべき所ではないのだが、ここへ来れば梅林の何処へ行くべきかが見極められるのでは、と期待していたのだが、その役でさえ少しも果たしてくれなかった。
ともかく人が集まってそうな所まで降りていこう。
平地の梅林の中の道に沢山の車が入っきて、所々に縦列で駐車している。
売店なんかが近くにあるらしいが、目的は写真で、それもある条件を満たす構図が必要。
梅林はかなり広範囲にありそうだが、少し回ってみたところ、恐らくこの平地では何処も電線や家屋が邪魔でだめだろうと気付き、通り過ぎてきた斜面の方へ行ってみる。
暫くぐるぐる小道をさまよってようやく目的を果たせそうなエリアを発見!
DSCF3380.jpg 
そう、梅の木と富士のコラボ写真を撮りたかったのだ。
でもこんな構図は実際観光協会やらネット上にいくらでもありそうなので、やはり自転車乗りとしてはもうひと味加えないと意味がない。
その3品コラボのポイントとアングルをかなりの時間をかけて絞り出し、写した画像を更にトリミングや採光調整してインスタに上げたのがこれ!
IMG_7075.jpg 
肝心なバイクがイマイチ目立たないが、全体の絵面が気に入ったのでこれで良しとしよう。

一応梅まつりという風情も少しは味わおうと売店などで賑わう中心部へ行ってみた。
普通の出店のほかに中心には食堂もあったが、何より目を惹いたのはその隣のこの小屋。
DSCF3383.jpg 
おっと失礼!今よく見たら御殿と書いてある。
ここでお餅を売っているらしく、ご覧のようなけっこうな行列が出来ている。
しかも大好きなからみ餅まであるとなっちゃ餅好きとしてはこれは見逃せない。
並んでひと皿200円で戴き、あまりの旨さにもう一度行列に並び直してしまった。
DSCF3386.jpg DSCF3387.jpg
なにしろ脇のベンチで食べてる最中、小屋の中からペッタンペッタン音と振動が伝わってきたのだ。
実際窓口で注文すると、その瞬間におろし、餡にきなこが入ったバットにその場で新しく餅が切り入れられてそれを掬ってトレイに出してくれるので、手渡されたときはまだ餅から湯気も出ているくらい正真正銘のつきたてだった。
せっかくなので二皿目は隣の食堂からお茶を貰って餡子にして勿論旨かったが、本当ならからみ餅だけで3皿いっても良かったなあ~

写真さえ撮れればあとはどうでもいいと思っていたが、花より団子とは良く言ったものだ。
すっかり上機嫌になってその辺をふらふら写して回った。
DSCF3392.jpg 
DSCF3430.jpg 
しだれ梅なんかもあったり...

何故か1本河津桜があると思ったら、そこへメジロちゃん達が飛んできて啄み始めたり。
DSCF3462.jpg 

かくして色んな意味で満足感の高かった曽我梅林をあとにして、もうひとつの早春の花園へと向かう。

県道72号の交差点で信号が変わって目の前の若いあんちゃんのママチャリを追い越して、暫く梅絡みで走ってなかったのもあり速度上げめで進み、国道255に合流すると、背後になんとなく自転車っぽい音が迫るのが判った。
まさか!?
30km/hは下らないペースだった筈なのにママチャリでか…
と思ったところで赤信号に止められた。
ここで絡んでくるような輩でなきゃいいが…
背後は静かなまま信号が青へと変わる。
同じようにスタートダッシュで抜き返すつもりか?
普通にダンシングからスタートしさっきと同じくらいのペースで巡航する。
さすがにママチャリでは一瞬は追いつけても、横に車も多いのに越すのは無理だろう。
と思って暫くペースをキープしているとさっきと同じ音が迫ってきた。

ええっ!!

なんと、自分と同じくらいの速度ですぐ後ろに付いていた自動車を右から追い抜いてそのまま抜き去って行こうとしているではないか!
呆気にとられながらそのママチャリを見直しても、プレトレみたいなリアディレイラーなんてないどころか、チェーン全体がすっぽりくるまれてるヤツだ。
その先の交差点で左に曲がって行ってしまったが、軽く動揺して本来なら自分もその辺で曲がるべきだったのに、行き過ぎて自転車通行止めの標識がある所にぶつかり、階段を担いで降りる羽目になってしまった。

気を取り直して松田の市街地に出て、去年娘と実母と来たときの記憶をたよりに曲がる路地を探していると、沢山の人が入っていく道があったのでそこから抜けて246を潜り、徒歩客が登って行く入り口を通り越し、車道の登り口を見つけて右折。
片側一車線はある十分な幅の道だがいきなりなかなかの斜度で、振り返るとこんな景色。
DSCF3460.jpg 
その先から全部で3つあるヘアピンはかなり急なので、二つ目の手前で降りてきたバスが対向車線の外側めいっぱいまではみ出ながらカーブしてきた。
次の3つめのカーブで係の人によって自転車は止められるので、そこからほんの少しだけ徒歩客に混じってハーブガーデンの施設のあるてっぺんまで上がる。
沢山の河津桜をめでるには下から徒歩で登る途中が一番だが、去年それは味わっているので必要ない。ただ去年足りなかった構図だけ探して写せればいい。
DSCF3451.jpg 
菜の花も去年のほうがボリュームあった気がするが、それはともかく2月にこのコラボってのはやはり素晴らしい。
そしてこっちはまさに去年見られなかったコラボ。
DSCF3463.jpg 
ひこうき雲にハングライダー。
ハングライダーは遥か上空にかなり沢山舞っていた。

でも一番撮りたかった構図は結局自転車を降りてすぐの斜面からのこの景観。
IMG_7076.jpg 
この場所に自転車を持ち込んで合わせた画像も何枚か残っているが、無理矢理バイクをねじ込むよりむしろ富士と河津桜の間を雄大に流れる酒匂川がしっかり写り込んだこれの方が断然素晴らしいと思い、結局これをインスタへもアップした。

梅と桜が富士山と絡んだ画像が欲しいという二つのミッションをクリアして下界へと降りたが、時間はまだお昼前。
さすがにこのまま帰るには早すぎると思い、適当に小田原方面へ走ってみる。
道幅が広い道を進んでいるとイートイン可能な711だったのでここでランチタイム。
DSCF3464.jpg 
この自転車の駅というノボリとバイクラックには店を出てから気がついた。
コンビニでは珍しいと思って食べたほうとうにはカボチャでなくジャガイモ入りなのがしっくりこなかった代わりに、のんびり写真を見直しながらエクレアでコーヒータイムも。

コンビニは長居してもプレッシャーが少ないので遠慮なく居座ったが、そろそろ出発しよう!
小田原駅への道すがらで撮りたかったのは、登山鉄道の陰でほとんど知名度のない大雄山鉄道。
撮り鉄に美味しい感じのスポットを発見したので軽く数枚撮影。
DSCF3465.jpg DSCF3466.jpgDSCF3467.jpgDSCF3469.jpg
ひと編成を1ヶ所でここまで撮ったところでデジカメの充電が切れたが、恐らくどの車両も変化なさそうだからもういいかと切り上げ、小田原駅方面へと更に進む。

最後にもうひとつだけ撮ってみたかったのが、小田原城とバイクの遠近法崩壊写真。
最近多用しているズームで両者から離れて撮ることで遠くの物がより大きく映るってヤツだが、せいぜい5m程度離れたくらいではあまり効果は望めないだろうか。
DSCF3473.jpg 
一応比較のために正月の夜明け前に写した画像を貼ってみよう。
DSCF2724.jpg 
あらら...
こりゃ全然違うわ~!
やっぱりせっかく大袈裟なズーム付けてるんだから、これからも多用しなくちゃだな。

ってことで本日はこれにて終了ー!!
初めての輪行以来三度めの小田原から小田急で帰りました。

走行距離は93.1kmでまた100未満か....
でも沢山のいい景色を楽しんで、それぞれ期待した感じに近い写真も残せたので今回もいい旅だった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント