08月 « 2017年09月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 10月

西海岸初富士づくし

2017年 01月11日 21:45 (水)

今年の年始休暇は29日~5日の8連休だったが、前記事のとおり1日遅れた休暇の初日から発熱したのをどうにか年内で解熱し、自走60km程度の初日の出ライドを敢行した。
ところが実は風邪は食い止めながらも気管支炎を併発し、三賀日もゲホゲホ( ;`Д´)状態。
家族の用事や仕事のやり忘れを思いだし3日に少し出社した翌日は現場nお仕事始め。
幸い面倒くさい状態からは脱していたので、ひととりの作業指示を伝えて流れ始めれば詰めている必要もなかったので、残るひとつ5日の休暇だけは確保できた。

大事な年始の白昼初ライドは気管支の方も治りきってないので登りで無理は出来ないし、始動も遅かったこともあり海方面へ向かうことにした。
見慣れ過ぎた境川CRも走れる喜びを噛み締めながら通過し、藤沢橋からは江ノ島を目指さず直接鎌倉方面へ。
朝食が足りていなかったのでどこかで取り直したいと思っていたら丁度良い場所にコメダがあった。
IMG_6781.jpg 
珈琲を頼むとトーストが付いてくるモーニングセットを久し振りに頼んだが、茹で卵以外にタマゴペーストか小倉あんが選べるようになっているとは知らなかった。
このこんがりトーストの色を見れば想像がつくとおり絶妙な美味しさだった。

今回最初の目的地としたのはもう何度も訪れているこの場所。
DSCF2819.jpg 
目的はこれまで運悪く一度としてまともにこの景観の中に姿を現さなかった富士を納めた銭湯のタイル絵のような画像を残すことだったのだが、海岸線に出た時点で判ってしまったとおり低い雲が掛かって今回もまたアウト!と諦めかけた。
しかし雲の層もそれほど厚くなく、時間が経てば切れる可能性もあるように思われたので、しばらくこの公園で粘ることにした。
DSCF2823.jpg 
水仙も綺麗に咲き誇り、暖かで長閑な公園で小一時間ほどボケッと待ってみたものの結局完全に雲は切れなかったが、どうにか頭を出して半分以上は現れた状態のところで諦めてタイムアップとした。
IMG_6799.jpg 
まあ半分雲隠れというのもそれはそれで味わいのある絵なのではと思い、この画像をあとでインスタにもUPした。

ついこの前半島を一周したばかりだったので、そこから先は目指さずあとは海岸線をのんびり流そう。
先の目的意識が低いと普段見逃してるような景色も見えてくる。
IMG_6785.jpg 
国道脇のこんなちょっとした場所もなかなかいい感じ。

ランチタイムは小坪漁港あたりでと漠然と向かい、ほとんど開いてない中ちゃんと営業していたこの店に入ってみた。
DSCF2856.jpg 
海鮮からかき揚げなどメニューに迷いながら、結局1000円ちょうどの本日の刺身盛合せ定食みたいのを頼んだ。
IMG_6782.jpg 
画像にエフェクトなど施さないこの写真のとおりに鮮度抜群な4種の刺身に大満足!

その後前回はポイント巡りで慌ただしかったためじっくり見られなかった逗子マリーナをぐるりとひとまわり。
DSCF2862.jpg 
最後に結局この前撮影したモニュメントのそばのこの場所へ。
DSCF2871.jpg 
ここでの一枚が現状自分のインスタ内ではNO.1いいねを獲得しているが、あのときの黄昏気味な絶妙な感じに勝てる画像にはなりそうもない。
ただし、ヤシの木の間に江ノ島と並んでチラッと富士が見えてるのだけは今回の成果と言えるかもしれない。
しかしこの写真を撮る間に強風で2度バイクを倒していまい、後で気づいたら今年おろしたての新ボトルのキャップが欠けてしまっていたのはちと痛かった。

そしてこのあと稲村ヶ崎まで移動してみると、立石では消えそうに思えなかった雲がうまいこと切れていて、ちょっと経つと少しづつ空が茜色に染まり始めた。
DSCF2882.jpg 
夕暮れ近い浜辺をカップルが散歩するなかなか絵画的な画像。
これならこの前撮れなかった江ノ島と富士が茜に染まる瞬間がどうやら見られそうだ。

小一時間待って遂に太陽が水平線近くの雲間に落ちる瞬間がやってきた。
DSCF2902.jpg 
そして落陽と江ノ島、そして富士をひとつに捉えた画像がこちら
DSCF2914.jpg 
これはこれで素晴らしい構図ではあるが、いまいち焦点が散ってしまう感じだったので、この瞬間のベストアングルとしてチョイスしてインスタにUPしたのがこれ!
IMG_6800.jpg 
これが予想以上に好評で、それまで自己最多いいねを獲得していた逗子マリーナの画像を抜いて現在TOPになっている。

そしてちょうどこの5日後にスタートした自転車アニメ「南鎌倉高校女子自転車部」で、当然ながらこの界隈の絵面が沢山出てきた中で、鎌倉へ越してきたばかりの主人公が見とれる風景がまさにこのアングルそのものだった。
IMG_6827.jpg 

かくしてなかなか見れそうで見れない海岸線からの富士をいろいろな景観と共に楽しみ、海辺で迎えた日暮れと共にかなり寒くなってきた。
海岸のファミマで大好物PB担々麺を啜ってから、終始向かい風だらけの境川峠を20km/hすら出すのに苦労しながら帰りました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント