05月 « 2017年06月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 07月

盆トレ<湯河原~大観山~箱根>

2016年 08月12日 21:57 (金)

盆休みの直前にTPTの走り応えのありそうな走行企画が持ち上がった。

相変わらずなまりきった身体のまま当日を迎えるのもいかがなものか。

そのためのウォームアップができるのは明日しかあるまい。

夏期休暇初日を学生時代の仲間と喰っちゃ喋りだけで過ごして帰った深夜にそう思い立って、とりあえず目覚ましを4:30にセットだけして床に就く。


翌朝気がついてスマホを手に取った瞬間アラームが鳴り、それから何処行こうと考えを巡らせながらノロノロ身支度。

そう言えばと脳内ウィッシュリストからひとつのコースを思いだし、これしかないと定まって出発できたときには既に5時を15分回っていた。


コンビニでおにぎり食べて前回と同じ成瀬~東林間コースへ。

もはや西を目指すルートはほかの選択肢が浮かばない。

相武台前から座間~海老名~厚木、そして小田厚側道へ。

高速走行する車達の脇をひた走っていると丁度コンビニから1時間半が経過。

やはり小休憩はここになるのが必然か、と行楽地を目指す家族連れで賑わう平塚PAで軽くオレンジジュースを1杯。

なんとなく好きな剣道63号を快調に走り抜けて国道1号へ。

小田厚の掲示板の予告通りの渋滞は、早川口を左折したとたん始まった。

暫し気を使いながら脇を抜けて相変わらず歩行者、自転車への根府川の配慮ゼロな分岐を右に入って県道740号へ。

海沿いの渋滞が嘘のように自動車の通行が減るうえに、この道は路面状態もすこぶる良い。

どうせいずれ海面近くまで降りるのに..と思いながらじわじわ上っていくので時おり相模湾を遥か下に見下ろしながら気持ち良く進んでいると、突然真鶴駅が現れる。

国道135号に戻って程なく湯河原町に突入。

有料道路と合流するちょっと手前を右に折れる地元車両が多いので、続いていってみる。

適当に太い道を右に行けば温泉街の方だろうと、確認もせずに右折して上り勾配を進んでいくが、一向に街らしい景色にならないので、マップのチェックも兼ねて711に停車。

ありゃま、温泉街はもっと先だった!

朝食から4時間近いのでサンドイッチとコーラで補給してから、ちょっと後戻りしてから曲がり直すと間も無く湯河原駅が現れた。

何度か宿泊したこともある温泉地は、なんとなくそれらしい写真だけ残せればいいだろう、と何度か適当に足を止めて撮ってみた。

DSCF1501.jpg DSCF1504.jpg

 完全なクライムモードになる前に小休止がほしいと思っていたら、不動の滝という看板が見えたので駐輪して階段を登ってみると...

DSCF1507.jpg

 徒歩1分で滝が現れた。

こりゃまたお手軽だが、雰囲気もそこそこいい感じ。

そこからちょっと進むとこんな石碑があった。

DSCF1510.jpg

水量豊かな川の流れと、河原のあちこちから湯気が吹き出る景色は温泉地らしくて実に活気があっていい。


しかしこのままけっこうな高さまで一気に登っちゃって大丈夫なんだろうか。

自走疲れの回復具合に半信半疑なまま分岐点が現れたので右折して椿ラインへ突入!

地図上ではやたら右へ左へ大振りな動きを繰り返して進むようだが、その意味はだんだん見えてきた。

やはり斜度が上がらないコース取りでじわじわカニ歩きしているようだ。

方向転換のヘアピンでも斜度はそれほど上がっていない。

ずっとそんな調子なので、だんだん調子が上がってるような気がしてきた。

標高が500近いところで1台のローディーさんの背中が近づいてきたが、特にペースを変えることはせず追い付いた時点で背後の危険もなかったのでそのまま抜き去った。


それにしても快適な道だ。

安定した道幅で路面も良く、車やオートバイが全くいないとは言わないが、箱根周辺で林道ではないちゃんとしたドライブウェイなのに、走り屋に荒らされた感じが全くしない。

5%程度で安定した斜度がこれほど続く峠道ってのもなかなかないだろう。

この日は曇りだから尚更だがほとんどが日陰なので、灼熱のクライムでもそんなに辛い感じにはならないだろう。

そんな快適なクライミングも700Mを超えるとだんだん 飽きてきたというか疲れてきたというべきか。

そもそも最高で何百位Mまでいけばゴールかも頭に入っていなかったので、もうそろそろだろ?!

と思い始めてからがやたらに長く感じてくる。

気がつくと斜度はさほど変わってないのに速度が上がらない。

そこへきて少しながら10%超えのところも現れてきて、速度が5km/h を切りそうになる瞬間も。

そうこうしていたら1台後から抜かしていったが、もはや追う余力など微塵もない。

やがて800~900と標高計が上がり、ガスって下界はほとんど見えない中を、真綿で絞められた状態のままじわじわ進むとようやくエンジン音が聞こえてこのバス停が現れた。

DSCF1512.jpg

この近辺ではありがちなバス停がてっぺんってヤツ。

反対車線の方がまだ達成感のある絵面か...

DSCF1513.jpg

今日はとにかくこの椿ラインで大観山へ登るのが目的だったので、ここでちゃんと休んでいこう。

ってことで向こうに見えるレストハウスまで上ってみると、そこに一番峠らしい道標があった。

DSCF1515.jpg

ちょうどそこがベンチにもなっていたので、この状態のまま横に腰かけて青い缶のペプシを一気に飲み干す。

標高1000M超えのコーラはやっぱり格別だ!

本来望むべく景色はガスって全くだが、とにかく涼しくて気持ちいい。

実はここで終わりではない椿ラインを更に進んで下っていくと芦ノ湖畔に出る。

身体中の汗も乾かないまま冷えきりながらダウンヒルしてみたら、湖畔の方がだいぶ気温が高かった。

昼になっていたが元箱根周辺は相変わらず人だらけで、観光地然としたレストランでは食べる気にはなれなかったので、下山してしまうことにした。


ここから湯本側へ前回は旧東海道の九折で降りたので、今回は王道の箱根駅伝6区のコースで行ってみよう。

空きっ腹のまま最初の上りをどうにかクリアした先で、前に往路側から見逃したこの標識を発見!

DSCF1516.jpg


あとは見慣れた景色の国道を下っていくだけ。

夕方近くなると 湯本を先頭に大渋滞になるので、とにかく昼のうちに下山したかった。

箱根湯本駅に近づくと流石に少し渋滞もあったが、無事駅前を超えて下界の道に戻り、あとは小田原駅を目指すだけ。

食事場所は駅構内の箱根ベーカリーに決定。

焼きたてのピザがいただけるのと、もうひとつ決めてがあった。

DSCF1518.jpg

それはこのとおり、結束したバイクを目の前に見ながらマルガリータを味わえるからでした。


輪行デヴューした同じ場所でパッキングして小田急に乗って新百合ヶ丘まで。

地元付近はやっぱり普通に暑いと実感しながら16時に無事帰還! 

    

走行距離は約130kmほど

獲得標高は1694m程度


距離も標高もかつてに比べたら大したことはないが、大腿筋に残る仄かな痛みと疲労感は、ここのところなかった感じなので、これが超回復に繋がってくれることを願いたい。

箱根から伊豆方面へは輪行を絡ませれば色々楽しめそうだ。


本日のルートはこんな感じ

<a href="http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=ee3a59137136fbf8f0e8170c34485604" title="湯河原~大観山~芦ノ湖 - ルートラボ - LatLongLab"><img src="http://map.olp.yahooapis.jp/OpenLocalPlatform/V1/static?appid=7tFXKn2xg64uWyHGG7apEBKEN5gU173ZW3bBUjsai53AY3B9hbn46dWALHnMtkoFU8ov&width=240&height=240&scalebar=ul&l=0,0,255,105,4,35.56142,139.52542,35.54194,139.49383,35.53444,139.46672,35.52136,139.44994,35.50811,139.42583,35.49394,139.40192,35.46358,139.38844,35.44058,139.36583,35.41883,139.35364,35.38094,139.32961,35.35650,139.30436,35.33522,139.29325,35.30781,139.27758,35.29275,139.24369,35.27992,139.21125,35.26547,139.18531,35.24689,139.15169,35.21411,139.14175,35.19664,139.13139,35.18533,139.13114,35.16764,139.13603,35.15472,139.12833,35.15644,139.10967,35.14147,139.08892,35.15078,139.06900,35.15753,139.06925,35.15581,139.07800,35.16433,139.06931,35.17275,139.06708,35.18064,139.05872,35.18039,139.04242,35.18461,139.03086,35.20094,139.03083,35.21578,139.03706,35.23100,139.04956,35.23997,139.05383,35.23978,139.06606,35.23475,139.07886,35.23303,139.09650,35.25678,139.15506&pins=35.56142,139.52542,,blue&ping=35.25678,139.15506,,red&mode=map" style="width:240px; height:240px;" width="240" height="240" border="0" /></a>

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お疲れ様です

2016年08月16日 08:59

おつかれさまです!
惜しいっすね!大観山の記念撮影ポイントは実は道路渡ったターンパイク側にあるのですよ!
http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-cf-ac/mini_sakaken/folder/615104/89/19383189/img_16_m?1434984674
この次行ったときは是非そちらで!芦ノ湖もばっちり見えますから!

Re: お疲れ様です

2016年08月20日 18:06

さかけんさん返信遅れてすみません!

> 惜しいっすね!大観山の記念撮影ポイントは実は道路渡ったターンパイク側にあるのですよ!

そうなんでしたか!
いずれにせよこの日はガスってビジブルゼロだったので、そのポイントのためにもこの素晴らしいコースはまた訪れたいと思います。
そのときは是非ご一緒に!
っていうよりプレトレ会でここから箱根へアプローチする企画もいいですね。