03月 « 2017年04月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 05月

梅雨時にありがちな縮小企画①<単なる赤レンガ撮影会>

2016年 07月24日 09:32 (日)

今年の梅雨は始まりが早かった分長く感じるが、実際には降らない日も多く週末走れるチャンスがしばしばあった。


海の日連休の中日は走る計画の前にやらねばならないことが優先された。

それは前の記事に関連するのだが、Fireタブレットの保護シートをポチったあとに送り先の間違えに気付いてしまったから。

金曜日に発送のメールが届き、土曜の夕方に届かないので調べてみたら、前に一度使ったことがあった転勤前の職場宛になっていた。

そのままにしておけば連休明けにそっちへ届いて、ほかの配送物がある時に一緒に送って貰えばいいが、何日も手元に来ないことも含めてどうもよろしくない。

かと言って配送先の変更は出来ても金がかかるから、現実的なのは配達店まで取りに行くという方法で、勿論これに交通費をかけるのも勿体無いので、ここで自転車が活きてくるというものだ。


宅配便の通例として電話で配達を止めて引き取る手続きは伝票番号さえあれば難しくないが、今回は日本郵便だったのでちょっと勝手が違った。

まず発送の翌日には配達店にまだ着いておらず、翌々日の朝ようやくネット上で確認出来てその旨を電話すると、配達先の変更は発送元しか行えないという原則で押してくる。

そこを何とかお願いすると、暫く待たされたあとにようやく、配達先が会社なのでその会社名と住所と私の名前が全て揃った名刺と身分証明書があれば特別に対応しますとなった。

こんなやりとりがあってようやく横浜の日本大通りにある郵便局へ向かってTCR号いざ出動!


横浜中心部へは三崎方面へ向かう時の通過点としては度々通るが、目指すのはいつ以来だろう。

早渕川からセンター南~小机~六角橋の最短ルートで抜けてみなとみらいへ。

ここからは最短ではなく海寄りを行ってみよう。

パシフィコ横浜、コスモワールドそして赤レンガ倉庫・・・

一旦通り過ぎそうになってふと後ろ髪を引かれる。

そう言えばTCRでこの辺って来てないかも。

赤レンガと黒赤のバイクって似合いそう。

ってことでここから撮影会モードに突入!

DSCF1203.jpg DSCF1206.jpg

やっぱりバイクのカラーリングとよくマッチする~!
と停め方や向きを変えたりしながら何枚も・・

DSCF1212.jpg DSCF1213.jpg

どれもなかなかですが、一番気に入ったのがこの一枚。

DSCF1214.jpg

赤、黒、白のバランスとコントラストがいい感じ。

同じ横浜でも一番山側に住む愛車と、ハマの象徴である赤レンガ倉庫が必然のように馴染む。


なかなか良さげな画像が残せた。

と入口付近だけで撮影を終えて、機嫌よく先へ向かおうとしたら、ラーメンのイベント中の広場越しに更に見逃せないものを発見!

DSCF1218.jpg

ちょうど豪華客船ダイアモンドプリンセスが停泊中でした。

手前の桟橋の遊覧船とTCRとのスリーショット。

滅多に見られないこんなものまでいるなんて、これは暫く離れがたいな。


本当は荷物だけ受け取ったら2年振りの八景島まで走り、海岸でのんびり昼飯でも喰って、帰りは普段通ることのない港南区や保土ケ谷区やらのプチ山脈区間でも巡っていこうというプランでしたが、これで先へ進む気が完全に失せました。

ということで更にうろついて象の鼻パークへ回ると、ここからもよく見えました。

DSCF1223.jpg

なかなかこのアングルで客船を見るのも珍しいのでは。

ズームで寄るとこの迫力!

DSCF1225.jpg


こりゃランチもこれを見ながらしかないでしょ。

ということで、このあと荷物を受け取り、伊勢佐木町のパン屋でパンを買ってまた戻りました。

DSCF1221.jpg

このベンチで食事していると、曇っていても日差しが暑かったので、右奥の屋根のあるベンチで暫しマッタリタイム~


これが快晴なら写真の映りは鮮やかだったろうけど、暑さでとても長居はできなかったろう。

実はこの日の夜は花火大会だったので、このままここで上がるまで待ちたいくらいだった。

きっと客船の人々は特等席から最高の夜景と共に楽しむんだろうな~。

そんなことを思いながら船を眺めていたら帰りたくなり、ほぼ来た道そのままを折り返したという単なる撮影会に終わっただけの一日でありました。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント