03月 « 2017年04月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 05月

2015年走り納めは何処へ<皇居~若洲~お台場>

2015年 12月31日 20:14 (木)

東京一の絶景を見てからの9日間は、それ以前の日々とは別の意味で過酷だった。
ひと晩だけで終える筈の夜勤工事が大変難航し、結果三夜にかける形になる中に毎年恒例のバンドのライブも入るという慌ただしさ。
会社の仕事納めの打ち上げをひとり離脱して、最後の決着をつけるべく都心の真ん中の現場に向かい、どうにかそこで無事完工させることが出来たのが29日の朝のこと。
それから24時間経ってようやく通常サイクルの一日に戻った30日を、2015年走り納めの日とすることにした。

行き先としては、和田峠を山登り納めとして綺麗に締められたので、海側で考えるべきかと思ったが、湘南方面方面は年明けのプランに入る可能性が大だ。
そこで思ったのが今年中にどこか走り残しているとしたら…
奥多摩や丹沢方面よりも圧倒的に近いにもかかわらず、ロード購入後に殆ど踏み入れていない所。

そうそれは都心部!

出発したのは9時過ぎ。
都内に入れば坂らしい坂はないので、そういう意味でのクライマックスはご近所ということになる。
空き腹のままたまプラーザ〜鷺沼へと抜けるプチ激坂を3つ4つ越える。
鷺沼駅までくればあとは落ち着くので、ここで朝飯としよう。
IMG_4261.jpg
マックのモーニングも久し振りだ。

腹ごしらえが済めばあとは難しくコースを考えたりせず、焦らずわかり易い道を行けばいい。
都内はきっと空いているだろう。

しかし実際その予想は的はずれだったようで、まず二子橋手前から激混みだった。
なるほど、二子玉は買い物真っ盛りって訳だ。
首都高と2段攻撃で排気音と排ガス攻撃の246は極力避けたいところだが、往路だけは我慢しよう。
道玄坂から渋谷駅前の交差点を通過して青山を抜け三宅坂へ。
見慣れた景色、車で何度も通っている道なので、TCRで走れば呆気ないもの。
とりあえず最初の目的地はここだ。
DSCF9999.jpg

皇居前であり背後を向けば…
DSCF9994.jpg
奥に見えるのはあの東京駅!

10月のはじめからつい先日までこのすぐ近くの現場で休日出勤や昼夜通しの工事に苦しめられてきた。
クリスマスの夜にはライトアップの人混みで夜勤に遅刻しそうになった。
日曜にはパレスサイクリングのコースだから道路が使えなかったり、夜勤明けに疲れきって車で早朝帰宅しようという所をガチ走りするロードの群れの身勝手な走りに当たったりすると、普段は車の運転中でも自転車の味方でも、さすがに邪魔臭くなってしまう。
それより本来俺はあっち側の人間であるべきなのに…

そんな思いから、このままサイクリスト達を指を咥えて見てるだけで終わって良いのか⁇
という心残りが今回この東京の中心部へと向かわせた一番の理由なのだ。
そんな訳で今日はここを起点として、まずは皇居の周りをひと回りしよう。

そうそう、ほかにもこんな今回の目的があったっけ。
IMG_4266.jpg

じや〜〜ん、自撮り棒ーーー!!

こないだ娘とゲーセン行った時に300円でゲトしちゃいました。
別にそんなに自撮りしたかったワケではないのだが、たまには景色の中にバイクだけではなく自分が写り込んでもいいんじゃないのってことで…
しかし実際やってみると、この程度の長さでは自分の上半身だけでバイクがほとんど写らないというのはちょっと誤算だった。

ともかく一周したので次なる目的地を目指そう。
銀座の交差点あたりでも自撮りしようかと思ったが、この日は一応平日扱いなのでホコ天ではないし、それでいて凄い人混みだし車も多い!
とりあえずちょっと通り過ぎたここだけ撮っておこう。
IMG_4269.jpg
ところでそこの歌舞伎座の前のおじさん!
あご紐外れちゃってますぜ〜
それじゃあ現場なら不安前行動だって厳重注意もんだよ!!

そして勝鬨橋は素通りしても、この晴海大橋ではどうしても撮らねばいられない。
DSCF0002.jpg

さあ、あとは本日一番楽しみな折り返し地点平日へ向かうだけ。
その場所でのんびり昼飯の予定なので、途中東雲のローソンでカツサンドとあんぱんを買って更に東へ突き進む。
新木場駅の先を右折し暫く行けば目的地の公園が見えてくる。
中はけっこう広く見所も多いが、リュックの中のカツサンドはレンジでチンして貰っていたので、とにかくあの場所へ行ってランチタイムだ!
IMG_4273.jpg
このゲイトブリッジの足元の芝生にとにかく来たかった。
大好きな景色の前でバイクを横倒しにして寝転びたい。
そんな願望をひとつの画像に収めるとしたらこういうことになる
なかなか上手く撮れたのですぐにSNSへアップしたが、よく見ると自撮り棒がしっかり写り込んでる。

DSCF0008.jpg
東の空は曇りがちだが、アクアラインや房総半島も見えるこの場所でランチを終えて、先日届いたアリソンクラウスの歌声を聴きながらゴロリとひと寝入り。

それからあらためて若洲海浜公園をひと回り。
ゲイトブリッジの向こう側は釣り公園になっていて、対岸に見えるのはお台場の裏側。
DSCF0015.jpg
そしてこちら側から見る逆光のゲイトブリッジもまた一興。
DSCF0018.jpg
メカニックな感じがより強調されてこりゃカッコイイ〜〜!

こんな景観があれば、それだけで最終目的地とするに十分だが、この公園の魅力はそれだけではない。
公園全体にこんな気持ちのいいサイクルコースがあり、
DSCF0024.jpg
入口寄りの丘の上にこんないい感じのデッキもあって、
DSCF0022.jpg
ここから対岸のディズニーランドや葛西臨海公園が見え、運河を挟んだ隣には頻繁に離着陸するするさまが見られる東京ヘリポートもある。

自宅から40kmちょっとという距離のこんな都内随一の海の景観とサイクリングを楽しめる場所なので、ロード購入から暫く山や田舎な場所ばかりに目が向いて忘れかけていたが、ここへは時々訪れるべきとあらためて確信。

そんなこんなで1時間半ほどの時間が過ぎ、14時を回ったのでいよいよ折り返しへ。
東雲まで戻ってから晴海へは回らず、実は自転車では未踏の地だったお台場へ向かう。
と言っても臨海公園をうろついて写真を撮るだけなんですが…

この公園って海側に向かってなかなか勾配がついてるのだが、それぞれの場所へ繋がるスロープが必ずあるのが有難い。
いわゆるバリアフリーってヤツなのだろう。
おいおい!だからってそんなとこまで…
DSCF0025.jpg
(注)良い子は絶対真似しないでね!

まあそれはともかく、ここではお台場らしい画像がいくつか残せさえすれば良い。
海辺なら広範囲で見られたレインボーブリッジはこの構図かな…
DSCF0036.jpg
対して陸側の象徴といえば…
DSCF0033.jpg
やっぱフジテレビですかね。
そう言えばもうひとつ重要な象徴があったっけ。
ええと、確かこの辺に…
ありゃ〜!上のデッキに上がらないと正面から見えないのかぁ。

ん〜そうか!ここであれを使えばいい!!
IMG_4274.jpg
自撮り棒、けっこう使いこなしちゃってるかも…
実はバイクのハンドルは無理矢理持ち上げて構図に入れてたり。

かくしてそれなりに画像も揃ったようなので、これでにて帰路につくとしよう!
ふらっくさんみたいにレインボーブリッジを押して歩くのは気が進まないので、晴海大橋まで戻り勝鬨橋築地となぞり、そこから別れて新橋方面へ。
帰路はちょっとルートを変えたいのと同時に田町の辺りで寄りたい場所があった。
DSCF0037.jpg
この界隈にはいくつもファミマがあるのだが、この店は一番売場面積が広く、外のスペースに椅子とテーブルが沢山置かれてる。
朝の通勤時にはほとんどここで昼の弁当やコーヒーを買うのだが、会社から近いので平日の普通の時間にここで休むのは気が引ける。
だからこんなときにこそというのと、実はもうひとつこの場所には別の思い入れもある。
この店の前を45年ほど前、通学路として毎日行き来していたのだが、当時太陽銀行だったこのビルの上の方は公団の集合住宅になっていて、クラスメイトの五十嵐くんが住んでいたので何度か遊びに行ったこともあるのだ。

そんなホーム感があるコンビニでシュークリームと肉まんのコーヒータイムを過ごしてから再度帰路に向かう。
札の辻から慶大前を経て五反田へ。あとは中原街道をひたすら。
246に比べるとやはり中原街道は格段に走り易い。
適度なアップダウンやカーブもあるので飽きずに都内を抜けられる。
野川交差点から野川台のプチクライムも走り甲斐があって良い。
246を渡って鷺沼方面へ往路と同じご近所峠を抜けて無事帰宅。
風もほとんどなく、寒過ぎない快適なサイクリングで2015年を締めることが出来た。

走行距離:98.08km
平均時速:21.8km/h
獲得標高:519m

本日のルートはこんな感じ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント