09月 « 2017年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 11月

多摩川界隈ゆるポタ男子会

2015年 11月29日 22:54 (日)

11月最後の週末に多摩川流域周辺にお住まいの方々4名で近場をポタリングに行きました。
今回の提唱者はハジメさん。
ほかにryoheiさんとふぁっつさんというメンバーです。
実はもう1人予定のメンバーだったリクシさんは前日の連絡で体調不良の為不参加。
唯一グループ走行経験があった人だったのはリクシさんだけだったので残念でした。

朝8時に矢野口のローソンに集合。
ふぁっつさんが出遅れて現地合流との連絡が入ったので、残る3人でのスタートとなりました。
先ずは是政橋方向ですが、川崎街道ではなく南武線と多摩川の間の道は初めて走りました。
すると先日も悩みの種だったレッグカバーが左足のみずり落ちはじめ、直せど直せどすぐズルズル〜
信号のたびに引っ張り上げるのを後ろから見ていたりょうへいさんもきっと落ち着かなかったのではないでしょうか。
結局府中街道を暫く走ったところで問題点がやっと明らかに。
品質表示のタグがちょうど引っ張り上げる位置にあり、上げた時に滑り止めのゴムとの間に挟まっていたので、そこから簡単にツルンとめくれて落ちていたのでした。
これに気づいてようやく落ち着いて走れるようになったところで恋ヶ窪を過ぎ、路肩が狭く渋滞する所に近づいたので、先導に回ってこの前奥武蔵に向かったように玉川上水沿いに進んで、工事中の道から真っ直ぐ多摩湖に向かう道を案内しました。

少々待つと遅刻に慌てて飛び出し、朝は1桁の気温だったにもかかわらず半袖ジャージにショートのレーパンという完全夏仕様のふぁっつさんも駆け付け、快晴の多摩湖堤防上に4台のロードバイクが揃いました。
DSCF9802.jpg
左からりょうへいさんのTreck、ハジメさんのCannondale、私のGiant、そしてふぁっつさんのTreck
偶然にも全員赤、黒、白を基調としたカラーリングで揃いました。

時間に余裕はありませんでしたが、気持ち良い晴れっぷりなので周回コースをひと回りすることに。
堤防を越えたところで富士山がキレイに見えたので、丘の上にバイクを上げて記念撮影!
DSCF9804.jpg
無理矢理縦並びにしたバイクと終わりかけの紅葉、多摩湖の向こうに富士山という成果はともかく欲張りな1枚なのでした。

そして左回りに周回コースを回り、その後次の目的地に向かって多摩湖自転車道を進みます。
DSCF9816.jpg
この道はロードで走るのは初めてですが、やはり歩行者やママチャリが多く、車止めも頻繁に現れて飛ばせ無いので、20km/h程度のゆるポタに適しています。

小平駅から野川までのコースは先導して走り易い裏道を案内しましたが、避けようと思っていた川沿いのダートを少し通ることになってしまいました。
野川公園から先はハジメさんに先導を戻して調布基地へ向かいます。
そしてここへ来れば必ず登るあの丘の上へバイクを押していき…
DSCF9824.jpg
こんな感じでバイクを倒して思い思いに撮影タイム
DSCF9821.jpg
ふぁっつさん、こんなアングルで一体どんな写真が撮れたのでしょう⁈
DSCF9820.jpg
でも実際に飛行機が飛び立つのを見れたのは駆け付け早々のこれだけでした。
DSCF9818.jpg
それでも日当り良好、風もなくて気持ちのいい丘の上の居心地良さにまったりと時間が過ぎ、予定の時間を大分押したので、予定のプロペラカフェは前を通過のみにして深大寺へ。
相変わらず賑やかな門前の店々を見物して、とりあえず空腹の一時しのぎに揚げ蕎麦団子を頂きました。
DSCF9829.jpg
なんか1本足りない気がするのは気のせいでしょう。
まさかひとりガッついて先に食べちゃっただなんて…

あっ、そりゃ私でした〜(^_^;)

そして何度か訪れてるのによく見たことのなかったここも見学〜
DSCF9832.jpg
偶然かどうか判りませんが、この数日後に水木しげる先生がご逝去されました。

謹んでご冥福をお祈りいたします。

このあと一向は野川に沿ってひたすら下っていき、
多摩川に合流する二子玉川から橋を渡って対岸の二子新地へ。
本日最後の目的地はここ。
DSCF9841.jpg
豚子新地と書いてぶたこふれんちと読むのでしょうか⁈
岡本太郎の母親でもある小説家岡本かの子の像が目の前にある場所にありました。

店内を覗くと屋台のようなカウンター席があるだけでしたが、少し待つと車道50%あるかというくらい急な階段から2階へ通されました。
そこには大少3つほどのテーブルがあり、我々4人が大きいテーブルに着くとほぼ貸切状態に。
セルフでお茶や水をついで待っていると料理が運ばれてきました。
DSCF9844.jpg
大盛りにしたらお茶碗にてんこ盛りのご飯と、なめこ汁が添えられているので実質和食のロースカツ定食みたいですが、キャベツのほかに温野菜とサラダも添えられているあたりにビストロ感も。
しかし何と言っても他と違うのは、普通の縦切りを更に横に切り分けられてひと口大になっていること。
推奨する食べ方は、切り口に7種類もある塩を乗せてひと口づつ味わうというもの。
あっさりめの油でカラッと揚がっているのと試食品程度のカットなのもあり、産地など微妙に変化のある塩の違いを楽しみながら、バクバクと食べ進むうちにすぐ無くなってしまいました。

美味しい食事と会話を楽しんだあと多摩サイに出て、下流方向のりょうへいさんとお別れし、平瀬川の合流地点で更に上流にお住まいのふぁっつさんとハジメさんとお別れし帰宅しましたが。

ハジメさん楽しい企画をありがとうございました。

本日の走行距離:だいたい80kmくらい
平均速度:おおかた20km/hってとこ

で、ルートはこんな感じ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント