09月 « 2017年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 11月

Kindle Fire② <着せ替え篇>

2016年 08月07日 14:31 (日)

タブレットという新しいおもちゃを手に入れて数週間。
日々携帯して遊んでいるのは勿論ですが、ここへ来て続けざまに周辺グッズが増えました。

まずは前回の記事のとき到着を待っていたやつ。
IMG_5749.jpg IMG_5751.jpg
このかなりお得な専用スタンドケースが中国から船に乗ってのんびり東シナ海を漂っている間に、もっととんでもない値段がついているのにちゃんと使えれば素晴らしく便利なものを発見してしまったのです。

そいつがこれ!
IMG_5767.jpg
 こうして側だけ見る限りでは前者より生地もステッチも質感が安っぽい感じなだけ。
確かに購入時の値段で前者は1280円+送料(8月7日現在では上がってる!)なのに対して、これはなんとたったの500円(送料無料)なので無理もないでしょう。
そんなただの安物だったらわざわざあとから買い足す必要ないが、あえて注文した理由は使い道を見れば明らかなのです。

まずは前者のタブレットカバーはどのように使えるかというと..
IMG_5748.jpg
通常の横向きでは3段階の溝があって、角度の調整が出来て便利。

ここまでは当たり前ですが、これの最大の利点はこちら..
IMG_5746.jpg
 そう、中央のリングで360度回転して縦置きが出来るのです。
ちょっと残念なのは構造上ひとつの溝だけバランスの関係で自立できない状態になってしまうため、横置きのように直立に近くするのが無理なこと。
少しでも直立に近づける方法としては文字通りの裏技で、写真のように裏表を変えて使うとほんの少しだけ角度が上がります。

他の縦横に使えるカバーは、蓋の一辺を斜めに折って立てる方法が一般的ですが、この回転式はかなり珍しくて画期的。それでいて値段はそれらの半額以下で、実際に現物を手にしてみたらピッタリ装着で嵩張らず質感も良くて大いに気に入りました。

一方後者の方はというと、実はこれただのカバーではないのです。
中身はなんと...
IMG_5769.jpg
そう、キーボードだったんです~~~!

まさかこんな値段(8月7日現在更に値下げ!)で 本当に使い物になるのか半信半疑でしたが、プラグを差し込んだだけで問題なく作動してくれました。
若干鍵盤全体がフラットじゃないような気もしますが、PCより少し小さめなキーボードながら打感もしっかりしていて、ちゃんと文字入力が出来て大感激!
口コミにあるように、本体の長辺側だけをを挟み込んで押さえる構造なので、縦にしたときにすっぽ抜けてしまうのですが、仕組まれたかのように前記事で車載用に買ったコード押さえのフックが二つ余っていたので、これを上下斜めに一個づつ付けることで無償解決!

かくしてほぼ同時に2着の着せ替えおべべを得た我がFire君なのですが、普段の通勤の伴としては鍵盤付きをチョイスし、幸運なことに3本乗り継ぎの真ん中は始発~終点なため100%座って通勤も可能なので、膝の上でブログの記事も書きまくれるし、帰りの寄り道のコーヒーショップで更新なんてのも今までみたいにスマホでちまちまやらなくて済みます。
ごくたまにカバンやリュックにキチキチに自宅のノートPCを詰め込んで、コンセント付きのテーブルを死守して書きまくりなんてこともしてましたが、これならいつも使ってるウエストポーチにでも入れられる。

実際今、某タリーズで周りのテーブルに並んだ皆さんの高級ノートPC達と比べて見ても、ずっとコンパクトでさりげなく、まさかこの端末と液晶カバーと鍵盤付きケースの合計がたった5000円ちょっとだなんてとても信じられません。

もうひとつのスタンドケースの方も、車載の際は装着したままでも使用出来るし、嵩張らず扱いが多少荒くても安心なので、沢山文字入力することがなさそうなちょっとしたお出掛けには重宝しそうなので、日々着せ替えながら末永く使い倒していこうと思います。


スポンサーサイト

ロード購入疑惑について

2015年 03月02日 06:56 (月)

晴れれば日中の気温が10~20度くらいにもなる今日この頃、
自転車関係の皆さんの動きもにわかに活気を帯びてきているようです。
そんな中、一部巷でロード買うんじゃやいかとの噂がありますが、
(まあ自からひとのレスとかで匂わせたりしてるだけなんですが…)
この際そんな疑惑を晴らしてやろうではありませんか!

そうなんです

ロード購入決定しました!!

一昨年のサイクルモードで初めて試乗して以来、遠くない将来手に入れるしかないと心に決め、そこからはや一年半近い時間を経ました。
その間に娘が自転車好きに転じて、合格祝いにビアンキを購入することとなり、
それが諸般の事情によって時期早尚な8月に納車となり、ロード購入の資金が早々流出!
直後にチームプレトレ(以下TPT)に参加となり、いきなりヤビツ越えをビアンキCIELOで経験。やっぱギアの枚数多いのっていいな~と痛感!
その後何度かのTPTでのチーム走行の中で、魔改造プレトレやロードの人、それに若さで立ち向かう猛者などと同じメンバーとして、現状のマイプレトレの中途半端な改造では足を引っ張るばかりだろうと実感。
これに対応するにはフロント多段化やホイル交換など魔改造の領域に足を踏み入れるかはたまた・・
ということで、パーツにお金と手間をかけるぐらいなら、その分ロード購入計画を早めようということに。

娘に投資したため資金は残ってなかったが、勤め先が幸い活況を迎えている建設業界の中にあるため、
この年度末にも決算による臨時収入(いわゆるKS)があることも最近になって確実に見えてきた。
そこで4月納車を目標に決め、サイクリング日和だった2月末の土曜にShopへと向かったのであります。
折しも前日に娘の第一志望である県立校の合格発表があり見事に念願が叶ったところ。
家計は家人に任せっきりとは言っても、これで学費の負担も軽くなりひと安心。
本来なら合格おめでとう!と娘にバイクを買い与えるべきタイミングで自分のバイク購入だなんて・・・
そう考えると、たまたまサイズとモデルの関係から早まり過ぎたビアンキ納車も結果的にラッキーだった。

まあ、そんな成り行きの話はどうでもいいからどこのどんなロードを買うんだい??

そんな声が聞こえてきそうですが、まだ納車までは1か月はかかりそう。
なので、ここは走るんですかのbaohさんに習って、今のところは想像にお任せしようかと。
どこかのコメントに書き込んだ内容から殆ど察しがついているかもですが、一応選考の基準だけ上げておきますと…

⚫︎基本吊るしのお手軽なアルミエントリーロードで良かったのですが、一応下位のエントリークラスながらそれなりに一般的なコンポジットが組まれたもので、割安であること。
⚫︎今迄よりはメンテも頑張るとしても、ちょっとトラブルなどあればすぐにショップのお世話になる気満々なので、行きやすい場所にアフターのしっかりした店があること。
⚫︎最後に簡単な消去法のヒント
娘がお揃いには難色を示していること。

そんな基準に合うタマが目当てのショップで4月上旬に納車可能だったので、即決で予約してしまいました。
保管環境や必要な各種グッズなど準備して、桜の便りが届く頃にはいつでも受け入れ可能な状態にしておかねば!

Bluetooth対応スピーカー

2014年 09月29日 15:22 (月)

このところ仕事やバンド関係で土日をつぶしながら、行く先々で軽やかにバイクを転がすサイクリスト達を横目に見ながら
「羨ましいな~こんな日はあんた達が正解だよ」
と心の中でつぶやいていたのでありました。

ほとんどプライベート日記状態だった当ブログですが、近頃お蔭様でお立ち寄りいただく方も増えてまいりました。
サイクリングネタは途絶えてもやはり何かしらUPしとかないと。
ということでここでは最近お気に入りのグッズの紹介をば。

充電スタンドのないiphone使用者として、前身の3S時代から愛用していたのがこのいわゆる充電ドックスピーカー
IMG_2744s.jpg
これが軽くて見た目以上に持ち運びし易く、就寝時枕元で目覚ましとスリープタイマーで音楽かけたり、たまにキッチンで料理する時にレシピ見ながら音楽という感じでかなり重宝してました。
iphone5に代替わりし、ジャックが変わっても小さいコネクタをかまして問題なく使えていたのですが、
つい先ごろのある日突然電源プッツリのまま電池入れてみても何しても無反応になってしまいました。

近所のYAMADAに見に行ったところ、何故か同機種の売れ残りに3000円などと在庫処分価格がついたのはありましたが、思っていたような新型ジャック対応のちょっと進化しつつもお手頃価格みたいな物はありませんでした。
今更旧規格のを買い直すのもなぁ~と思いながら並びの商品を眺めていたら、何故ないのか理由が見えてきました。
なるほど、もはやスピーカーはBluetoothで飛ばして音を出すのが主流だからってことか。
しかしそれならちょっと前にBluetooth対応のミニコンポを買ったばかりなので必要はない。
やっぱりポンッと乗せて充電できるのがいいのに・・・
と、一旦は諦めて帰ろうかと思いましたが、ちょっと気になる謳い文句を見つけて思い留まりました。
「何っ?防水機能??」
無線で飛ばすワケだからiphone自体は風呂の外に置いておけるってことか。これは面白いかも。
しかもこの球体がユニークだし、だから360度音が広がるとか書いてあるぞ。
急に興味が出てきたので、その場で自分のiphoneとコネクトして鳴らしてみたところ、これが5Wというスペック以上のなかなかの音量が出る。
もちろん重低音という感じではないが、高音から低音までしっかりとクリアな音像が広がって、前にドックスピーカーよりもいい音なんじゃないの?!
ってことでその場で衝動買いのごとくこの黒い方のを買って帰りました。
IMG_2643s.jpg
結局充電スタンドとしての機能は全く満たさない訳ですが、これがあまりにいろいろ使えるので、もはや充電は普通にケーブルで繋げばいいじゃん!ってことになりました。

それからというもの、この野球ボールほどの音球が面白くてならず、風呂やキッチンに枕元と持ち歩いて楽しんで、その見た目からは想像もつかない高音質を楽しんでいました。
しかし、買った直後に知った2台でステレオ再生可能というのが気になっていたので、暫くして追加購入を決めました。
早速YAMADAでお姉さん店員に密林価格を見せたところ、一度引っ込んだのでお偉いさん登場かと思いきや、戻るや否や下回る金額を出してきたので即買いです。

2台目も同じ黒にしたかったけど在庫がないらしく、左右の使い分けも考えて白で良しとしましたが結果正解でした。
電源を入れる度に左右の設定をするのですが、諸条件あって繋がりの相性が発生するので、親機はこれと迷わずに判別できるのがいいです。
そしてステレオでの使用感にはもう大満足です。
通常のスピーカーとは違う立体的な音の広がりと、コードレスで小型なのでどこへでも置けるとい利便性がさらに活きます。
置く向きや距離などを考えなくていいので、いろんな方向や高さの所にちょこんと置いて独特のステレオの広がりを楽しんでます。
中でも極上なのは入浴中。
その一番の理由は最大音量を心置きなく楽しめること。
常に同居人がいるので、部屋ではなかなか大音量には出来ませんが、浴室は扉に通風口こそあってもその先に脱衣所の扉もあるのと、それ以外は全く密閉空間になるユニットバスなので漏れも少なくて苦情がきません。
シャワー中でもちゃんと聞こえる音量にして、洗い終わった後はバスタブの縁に置き直してゆったりお湯に浸かりながら大音量をすぐ耳元で満喫!
スピーカー自体にもボリュームや再生ストップ、曲の送りのスイッチも付いてるので、普段はカラスに近いのに長湯になること必至です。
お休みの時もネットラジオでメローJAZZにアダージョやアンビエントなどを耳の真横でダイレクトに鳴らしたり、2台を遠く離して箪笥の上からシャワー状に降り注いだりして癒されまくってます。

電源は充電のみですが、約12時間保つのでこんな感じで毎日使っても1週間に1度程度の充電で大丈夫。
なのでちょっとした外出なら電源の心配も要らないので、いずれサイクリングのお供にして、周りを気にせず音を出せるような大自然などの環境で思い切り鳴らしてみたいなどと考えています。
さて、それを何処で実行しようかな・・・

それにしてもこれだったら断然最初から2つセットで割安にして売るべきだとも思いますが、1個づつなら1万円をかなり切る金額なので、私のようにとりあえず1個で様子を見て気に入ったら買い足していく方が楽しみも残って良いのではないでしょうか。